« 友人・金ちゃんの死 | トップページ | 超久しぶりに風邪でダウン! »

2018年2月23日 (金)

トーハク「仁和寺と御室派のみほとけ」を観てきました!

久しぶりに東京国立博物館に行ってきました。

今日は午後から都内出張があり、職場に行ってからとも思ったのですが

東京の西のはずれの職場まで出勤し、そこから都心に出るのは何とも時間がもったいない。

出勤しても1時間半ぐらいしか職場にいられないし・・・

という訳で、午前中は半日休暇を取ることに。

少し前に調べてあった東京国立博物館で開催中の「仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―」展を観に行くことに。

チケット売り場で学生証を呈示して学割(大学生:1,200円)で購入。

一般の方は1,600円(当日券)なので、ちょっと学生のありがたさを感じましたね。

が、お目当ての特別展が開催されている平成館前にはすでに行列!

開館時間に合せていったのに朝から何でこんなに・・・と思ったのですが、時間が自由になる方が多いようですねぇ。

おすぎ自身もあと1年もすれば、曜日に関わらず時間は自由に取れるようになるはず・・・。

少し時間がかかりましたが無事入場。

音声ガイド(520円)を借りて展示室へ。

2018_2_23今回の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」の見どころとしてHPに写真があげられている仏像はつぎのとおり。

国宝 阿弥陀如来坐像 平安時代・仁和4年(888) 京都・仁和寺蔵
国宝 千手観音菩薩坐像 奈良時代・8世紀 大阪・葛井寺(ふじいでら)蔵
国宝 薬師如来坐像 円勢・長円作 平安時代・康和5年(1103)京都・仁和寺蔵
国宝 十一面観音菩薩立像 平安時代・8~9世紀 大阪・道明寺蔵

このほかにも重要文化財の仏像や諸々があげられている。

2018_2_23_1写真はコースの終盤に設けられた「写真コーナー」

そこには仁和寺の観音堂の群像が展示されていて、フラッシュを使わなければ撮影可とのこと。

2018_2_23_21時間半ほどで回り終わり、もう少しゆっくり見たいという気持ちもあったのですが、混雑と午後からの仕事のこともあり、博物館を後にしました。

阿弥陀如来像や千手観音像の前で手を合わせると、何か少し落ち着いた気持になれますね・・・。

|

« 友人・金ちゃんの死 | トップページ | 超久しぶりに風邪でダウン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127518/66427331

この記事へのトラックバック一覧です: トーハク「仁和寺と御室派のみほとけ」を観てきました!:

« 友人・金ちゃんの死 | トップページ | 超久しぶりに風邪でダウン! »