« 寒い日は部屋の中で本を読み・・・ | トップページ | 梅1.5輪 1.5輪ほどの 暖かさ・・・ »

2018年1月 7日 (日)

断捨離と言いつつも・・・

休み中に片付けたいと思っていたことがなかなか進まず残り2日!

が、午前中にリサイクルの回収車が回ってきた。

連れ合いが外に出て確認すると無料で引き取ってくれるとのことで、乗れない自転車を1台引き取ってもらった。

それが引き金になり、午後から懸案の本の処分をすることになった。

「処分」と言っても捨てるわけではない。

暮れに母校から「大学報」が届き、それは読まなかったのだが、一緒に「古本募金」の案内が入っていて、それは取っておいた。

百科事典や雑誌、ISBNがないものはダメなのだが、それ以外は5冊から無料で引き取りに来てくれ、売り上げが大学生の奨学金に役立つと言う。

そういうことであれば、気持ち的に「処分」することに罪悪感が湧かずに済む。

パトリシア・コーンウェルやジョナサン・ケラーマンらのシリーズになっている推理小説。

10年以上前に、松本清張や横溝正史らの推理小説は処分したのだが、「きっと読むことがあるから」ととっておいたものだ。

が、結局その後は一度もページを開いていない。

それ以外にも諸々の単行本が本棚に詰まっていた。

連れ合いと二人でほこりを払いながら、捨てるもの・残すものを選り分けた。

買った時のことを考えると「処分」するのは忍びないと言う気持ちも湧くのだが、結局読むことはないのだ。

ダンボール箱3つに130冊ほどを詰め込んだ。

インターネットで引き取りの申し込みをし、取りに来てもらえることになった。

・・・・・・・・・・・・・

一つが片付くと、もう一つやり残しがあることを思い出した。

必要のないPCソフトのCDやケーブル、使えなくなった歩数計やデジタルカメラ(いくつも)・・・

それに一時(と言っても7~8年)、おすぎがのめり込んだウォーキング大会の参加者メダルやバッジの類い。

ビニール袋から出し、不燃ごみに選り分けた。

同じようなバッジがいくつも出てくる。

このまま捨てるのも惜しいような気がして、とりあえず並べて写真を撮っておこうと思い直した。

2018_1_72007頃から2014年までの7~8年に歩いたいろんな大会のバッジが並んだ。

白いカモメのバッジは「港よこはまツーデーマーチ」

足あとのバッジは「かち歩き大会」

「飯能新緑ツーデーマーチ」や「武蔵野十里」「きらり川口ツーデーマーチ」

そのほかにも「水ウォーク」やら「東京国際スリーデーマーチ」(→ウォーキングフェスタ)「日本スリーデーマーチ」・・・

よくもこんなに歩いたものだ・・・

70個ほどはある。

ということは毎年10回ぐらいは大会に出ていたと言うことだ。

などと感慨にふけっていたら、連れ合いから「取っとけば」のひと言。

結局、布に留めて取っておくことになった。

2014年に通信教育を始めてから、レポート書きやスクーリングに時間を取られ、ウォーキングのペースが落ちている。

通勤で朝夕歩くのと四国遍路以外は長い距離を歩くことは無くなっているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・

もう一つ「断つ」「捨てる」「離す」ものがあることに気が付いた。

この休みの間についたお腹周りのぜい肉!

こっちはちょっと手強いかも知れない・・・。

|

« 寒い日は部屋の中で本を読み・・・ | トップページ | 梅1.5輪 1.5輪ほどの 暖かさ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127518/66252707

この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離と言いつつも・・・:

« 寒い日は部屋の中で本を読み・・・ | トップページ | 梅1.5輪 1.5輪ほどの 暖かさ・・・ »