« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」って?

1月31日、今夜は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」だそうだ。

月が地球に接近した際に大きく見えるのは「スーパームーン

1カ月の間に2回満月になる現象を「ブルームーン」(「青く見える月」だとばっかり思っていました)

それに加えて今夜は皆既月食。月の表面が赤っぽく見えるので「ブラッドムーン

ということで「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれるそうだ。

2018_1_31_1帰りがけに武蔵野線のガード越しに見えた満月の月。

雲がかかって、タツノオトシゴみたいに見えますが・・・

2018_1_31_2曇るので見られないと思っていた月食がわが家の庭からも見えました。

9時前で、まだ欠け始めたばかりの月をパチリ!

あまりきれいには撮れていませんが、左下が欠けているのが分かりますよね・・・

9時51分になると「皆既月食」となるそうですが、それまでは起きていられないので。

おやすみなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

梅1.5輪 1.5輪ほどの 暖かさ・・・

2018_1_19_1おすぎが勤める職場の前庭に梅の木がある。

白梅、紅梅、それぞれ1本ずつ。

2018_1_19_2その紅梅に1輪の花と0.5輪の蕾がついていた。

大寒を前にした寒さの中で咲き始めた。

「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」(うめいちりん いちりんほどのあたたかさ)

とは、芭蕉の弟子の服部嵐雪(はっとりらんせつ)という人が詠んだ句だそうだ。

いまの時期にぴったりの句である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

断捨離と言いつつも・・・

休み中に片付けたいと思っていたことがなかなか進まず残り2日!

が、午前中にリサイクルの回収車が回ってきた。

連れ合いが外に出て確認すると無料で引き取ってくれるとのことで、乗れない自転車を1台引き取ってもらった。

それが引き金になり、午後から懸案の本の処分をすることになった。

「処分」と言っても捨てるわけではない。

暮れに母校から「大学報」が届き、それは読まなかったのだが、一緒に「古本募金」の案内が入っていて、それは取っておいた。

百科事典や雑誌、ISBNがないものはダメなのだが、それ以外は5冊から無料で引き取りに来てくれ、売り上げが大学生の奨学金に役立つと言う。

そういうことであれば、気持ち的に「処分」することに罪悪感が湧かずに済む。

パトリシア・コーンウェルやジョナサン・ケラーマンらのシリーズになっている推理小説。

10年以上前に、松本清張や横溝正史らの推理小説は処分したのだが、「きっと読むことがあるから」ととっておいたものだ。

が、結局その後は一度もページを開いていない。

それ以外にも諸々の単行本が本棚に詰まっていた。

連れ合いと二人でほこりを払いながら、捨てるもの・残すものを選り分けた。

買った時のことを考えると「処分」するのは忍びないと言う気持ちも湧くのだが、結局読むことはないのだ。

ダンボール箱3つに130冊ほどを詰め込んだ。

インターネットで引き取りの申し込みをし、取りに来てもらえることになった。

・・・・・・・・・・・・・

一つが片付くと、もう一つやり残しがあることを思い出した。

必要のないPCソフトのCDやケーブル、使えなくなった歩数計やデジタルカメラ(いくつも)・・・

それに一時(と言っても7~8年)、おすぎがのめり込んだウォーキング大会の参加者メダルやバッジの類い。

ビニール袋から出し、不燃ごみに選り分けた。

同じようなバッジがいくつも出てくる。

このまま捨てるのも惜しいような気がして、とりあえず並べて写真を撮っておこうと思い直した。

2018_1_72007頃から2014年までの7~8年に歩いたいろんな大会のバッジが並んだ。

白いカモメのバッジは「港よこはまツーデーマーチ」

足あとのバッジは「かち歩き大会」

「飯能新緑ツーデーマーチ」や「武蔵野十里」「きらり川口ツーデーマーチ」

そのほかにも「水ウォーク」やら「東京国際スリーデーマーチ」(→ウォーキングフェスタ)「日本スリーデーマーチ」・・・

よくもこんなに歩いたものだ・・・

70個ほどはある。

ということは毎年10回ぐらいは大会に出ていたと言うことだ。

などと感慨にふけっていたら、連れ合いから「取っとけば」のひと言。

結局、布に留めて取っておくことになった。

2014年に通信教育を始めてから、レポート書きやスクーリングに時間を取られ、ウォーキングのペースが落ちている。

通勤で朝夕歩くのと四国遍路以外は長い距離を歩くことは無くなっているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・

もう一つ「断つ」「捨てる」「離す」ものがあることに気が付いた。

この休みの間についたお腹周りのぜい肉!

こっちはちょっと手強いかも知れない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

寒い日は部屋の中で本を読み・・・

暮れからお正月にかけて(今日もそうですが・・・)

寒い日が続いていますね~。

この間はワンコの散歩以外はほとんど外出もせず、家の中でファンヒーターのお世話になりながら、ぬくぬくと本を読んで過ごしています。

おかげで体が重く感じているとおり、また3キロばかり太ってしまったのではないでしょうか・・・。

年末年始の連休も残すところあと2日。

休み明けには、「1日2万歩・間食なし」の生活がまた始まるので、少しずつ戻って行くとは思いますが。

この間に読んだ本は社会福祉のものが中心です。

テレビの箱根駅伝を観ながら、ラジオを聴きながらの「ながら読書」でしたが・・・。

2018_1_6_2・津田耕一『福祉現場で必ず役立つ利用者支援の考え方』(電気書院)

・高城一馬『よくわかる生活保護』(文芸社)

・吉永純『よくわかる生活保護ガイドブック Q&A生活保護手帳の読み方・使い方』(明石書店)

2018_1_6_4・吉永純+衛藤晃『よくわかる生活保護ガイドブック Q&A生活保護 ケースワーク支援の基本』(明石書店)

・三浦展『格差固定~下流社会10年後調査から見える実態~』(光文社)

新年早々、あまり明るい話題になるような本ではありませんね。

ホントはテキストを読んで、締め切りの迫っているレポートを書かなければ行けないのですが、どうも読書に逃げてしまっています・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

2018_ことしは戌年ワンだふる!

2018_1_1おすぎ家のワンコ・ふーたろーで~すっ!

オス5歳、人間でいうと40歳というところかな?。

仕事は寝ること食べること

時々吠えて女主人に叱られること

でも、皆を散歩に連れて行ったり、そこそこの「癒し犬」をやっているのですワン!

2018_1_1_2今年は戌年・ワンだふる!

中堅(忠犬?)として我が家を支えていきますよ~

日の出の時間に合わせておすぎさんと初散歩。

快晴の空に初日の出の図。

(以上、少し酔ってるおすぎが代筆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前置きはこれくらいにして

数少ない読者の皆様、お正月を如何お過ごしでしょうか?

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月休みが終わると1月もすぐ半ばとなりますねぇ。

2月は日数が少なく、3月は年度末でバタバタと忙しくなり、すぐに4月・2018年度を迎えます。

おすぎは2018年度をもって退職するつもり。

ということは、来年3月末でお仕事終了!となります。

今年はそのための準備の年(仕事もプライベートも)という訳です。

業務を如何に混乱なくスムーズに引き継ぐか・・・

昨年から始めた社会福祉の勉強をどう継続していくのか(いかないのか?)

退職後の生活をどうするのか・・・

新たな仕事をするのか or 年金生活に甘んじるのか・・・

今年中に考え準備しておかなければならないことが次から次へと浮かんできます。

今は考えられないことも出てくることでしょう・・・。

が、とりあえず今日は1月1日。

お酒を飲み、ゆったりとした気持ちで一日を過ごしたいと思います。

皆さんにとって2018年が素敵な1年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »