« 忘年会シーズンですね~ | トップページ | Merry Christmas! イブ礼拝に行ってきました!! »

2017年12月22日 (金)

学童保育の「OB会」

先日、学童保育の「OB会」があった。

と言っても、おすぎが卒所してOBになっているということではなく、子どもたちがお世話になり卒所してOBになっているところだ。

と同時に、父母会に参加していたおすぎも「OB父母」ということになる。

この学童保育は、45年前に父母会運営で始まったところだ。

保育園を卒園する子どもたちが小学校に入学するとき、その放課後をどうするか・・・

困った母親たちが中心になり、「学童保育をつくる会」を組織する。

市に働きかけると同時に、自分たちで場所をさがし、指導員をさがし、そして自らが運営する学童保育所が始まった。

集めた保育料だけでは、安い給与であっても指導員に払うには足りず、廃品回収をし、バザー(それも何十万と稼がなければという)を開催し、お金をかき集めながら必死で運営してきたのだ。

親と指導員はいわば運命共同体だった。

20年ほど前に、父母会運営から市(委託を受けた社会福祉協議会)が運営する形態に代わり、運営は安定し指導員の給与の心配はなくなった。(とは言っても安いのは安い!)

「金の切れ目が縁の切れ目」ではないのだが、金の心配をしなくてよくなると父母会活動はだんだん弱くなっていく。

でもここの父母会活動はその後もなんとか持ちこたえて続いている。

大規模とか指導員が足りないとか、子どもの保育に関しての課題が多く、それを一緒に解決していこうという力がまだあるようだ。

おすぎも学童保育には長いこと関わってきた。

今のところに引っ越してきたのが25年前。

娘が小学校2年生、一番下の息子は0歳だった。

その息子をおんぶしてバザーのお手伝いをしているのを見初められ? ズルズルと学童保育の世界に引きずり込まれた。

3人の子どもたちが在籍している間に父母会の会長をやり、市の連絡協議会の役員も長いことやっていた。

子どもたちが学童保育を終えてもしばらく関わってきた。

いまも完全に「足を洗った」とは言い難いのだが・・・。

2017_12_21「元気なうちに、元気な頃を 思いっきり語り合いましょう!」

と呼びかけられた今回のOB会。

集まったメンバーは、それこそ40年前に父母として関わっていた方から、15年ぐらい前に卒所して赤ちゃんを抱いてきたOBまで。

年齢にすると0歳から80歳を超えた方までの40数人が集まった。

今は自分の孫が学童でお世話になっているというOB父母もいれば、自分の子どもが通っているという卒所OBもいる。

卒所して、市内の別の学童で指導員をしている方もいる。

みんなを結びつけているのは、ベテラン指導員!

長いこと勤務していただいて、本当にありがたい。

学童保育が無くなることはないだろうが、こんな40年間にもわたるOB会が開けるような学童保育は数えるほどしかないだろう。

子どもや孫たち、ひ孫たち?の放課後が少しでも安全で楽しいものになるように、「OB」として陰ながらでも応援していきたいと思っている。

|

« 忘年会シーズンですね~ | トップページ | Merry Christmas! イブ礼拝に行ってきました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127518/66189248

この記事へのトラックバック一覧です: 学童保育の「OB会」:

« 忘年会シーズンですね~ | トップページ | Merry Christmas! イブ礼拝に行ってきました!! »