« 勝手に伊予のくに一国参りウオーク(その1)43明石寺 | トップページ | 勝手に「伊予のくに一国参りウォーク」(第1回・まとめ) »

2015年11月 3日 (火)

勝手に「土佐のくに一国参りウォーク」(第4回・最終)まとめ

結局、1年ぶりとなってしまった四国行き。

去年とほぼ同じ時期に高知に向かうことになった。

10月7日(水)の高知行きの夜行バスで新宿を20:35に出発。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<第1日目>(2015/10/8)

夜行バスに慣れたとはいえ、なかなか思うようには寝られない・・・。

うとうとしながら4時過ぎになり、もうこれ以上は寝ていられないと思い、iPodで音楽を聴き始めた。

2015_10_17時25分に高知駅前に到着。

駅前に並び立つ坂本竜馬らの銅像をパチリ!

今回もまたウィリー・ウィンキーでモーニングをゆっくりいただき、8:20発の2015_10_2
特急しまんと1号中村行きに乗車した。

10時過ぎに終点の中村駅に到着。

トイレを使わせていただき、身支度を整える。

駅付近にはお遍路さんの姿は見られなかった。

ここから向かうのは、前回の区切りの最後、大岐の浜小浜。

20キロちょっとのウォークだ。

大岐の浜に向かわずに、そのまま次の札所・延光寺に向かうことも考えたが、前回もお世話になった民宿の美味しいご飯と、何とも言えない美しい夜明けと、ちょっと倍賞千恵子的な雰囲気のある女将さんに会いたくて、前回も歩いたルートを重ねることにしたのだ。

2015_10_3が、今回は時間的に余裕があったので、四万十大橋ではなく、ちょっと遠回りをして上流の渡川大橋で四万十川を渡ることにした。

去年、四万十川を渡ったのは台風前日。

灰色の空の下だったので今一つ「清流」という実感がしなかったが、今回は晴天の下できれいな大河を眺めながら渡ることができた。

川を渡り終わり、そのまま右岸を進もうと思ったが、車の通行が多い。

少し先に、四万十川に沿うように流れる中筋川が見えてきたのでそれも渡った。

こちらは車はほとんど通っておらず、ゆったりと歩くことができる。

と、「お遍路さん、お遍路さん!」と後ろで声がした。

「お遍路さん=自分のこと」というのがピンとこず、少し間を外して後ろを振り返った。

自転車を降りて押し始めた方がした。

「歩き遍路ですか?」「そうです」

「どちらからですか?」「埼玉です」

「あっ、私も浦和なんですよ」「えっ、私は××です」

2015_10_4同じ県ということで、親しみがわく。

その方は浦和で自営業をされているが、年に何回か空き家になっている高知の実家に風を通すためにやってくるとのこと。

2015_10_5高知に来るたびに自転車であちこち回られているようだ。

別れ際に、「これ、お接待です」とみかんを2つ差し出された。

ありがたくいただいた。

2015_10_6中筋川はやがて四万十川と合流する。

河口が近いので、流れを感じさせないようにゆったり流れている。

小さな中州?も美しい。

2015_10_7昼の時間になり、行動食を食べようかどうか迷っているところで、「うどん」の幟が見えてきた。

「田吾作」と看板が出ている。

2015_10_8揚げたての野菜のかき揚げが別盛りになっている天ぷらうどんを美味しくいただいた。

しばらく歩くと右手に「大」の形の分かる山が見えてくる。

京都の大文字焼きを模したものとのこと。

2015_10_9さらに30分ほど歩くと、今大師堂が見えてくる。

弘法大師と不動尊、王還喜伝坊の3体をお祀りしているとのこと。

この辺りは去年も歩いた道だが、台風の影響で大雨が降り出す前にと必2015_10_10
死で歩いていたので、見逃していたところだ。

伊豆田トンネルに入る。1620メートルの長いトンネル。

段差のある歩道はついているが、トラックなどが脇を通過するときには結2015_10_11
構風圧がかかる。

ちょうど真ん中の案内板をパチリ!(去年も同じ写真を撮ったような気がする・・・)

2015_10_122015_10_13真念庵の案内板に差しかかる。

真念庵に行くには国道を少し外れるが、明日延光寺に向かうときには、真念庵のルートを通らないかもしれない。

2015_10_142015_10_15細い道を登り、真念庵に向かう。

小さなお堂と四国88寺の本尊の石仏が並んでいる。

加江川の右岸・左岸のどちらを歩こうか迷いながら右岸を2015_10_16
2015_10_17選択。

きれいに咲いたコスモス畑を発見!

去年、歩きを終えて中村駅行きのバスに乗った「クマチ」と
いうバス停に到着。

2015_10_18大岐路の浜はもうすぐだ。

16:15民宿大岐の浜に到着。

1年ぶりに女将さんと再会。

去年は台風で1日足止めされたことや長崎の方と一緒に足摺岬の金剛福寺まで往復したことなどを話す。

今夜のお客さんは自分を含めて歩き遍路3人とのこと。

お風呂に入り、洗濯機を使わせてもらう。

去年は乾燥機が故障中だったが、新しく全自動の洗濯・乾燥機が入っていて、それを使わせてもらう。

6時半から夕食。

一緒に食卓を囲んだのは、福岡からの79歳の区切り遍路の方と三重からのたぶん60代?の区切り遍路の方。

土佐清水さばの刺身をはじめ、どれも美味しくいただいた。

日の出の話になり、女将さんが「日の出もいいけど、夜明け前がもっときれい」とスマホの写真を見せてもらう。

<第2日目>(2015/10/9)

朝5時を過ぎ、隣からも物音が聞こえ始めたので起きだす。

外はまだ真っ暗だ。

東京に比べると日の出が30分近く遅いようだ。

5時半になったので、カメラを持って外に出た。

ちょうど女将さんも外に出ていて、「ほら、三日月と金星がすぐ近くに見えるでしょ」と上空を指差した。

後で分かったのだが、この日は月と金星の大接近だったようだ。

2015_10_19小浜に降り、夜明け前の写真を撮り始めた。

確かに三日月のすぐ上に金星が乗っかっている。

少しずつ色を変えていく夜明けの空と海を眺める。

2015_10_20なかなか日が昇ってこないので、いったん宿に戻る。

と、その間に日が昇ったようで、次に見たときにはお日様が完全に昇った後・・・。

6時半から3人で朝食をいただく。

これで十分という朝ご飯にプラスして、目玉焼きやサラダの乗ったプレートが追加。

「これでお昼は食べられなくても大丈夫でしょう」

と言いながらも、接待でお昼用のおにぎりをいただく。

2人を見送った後、7時過ぎに出発。

女将さんは国道まで降りてきてくれ、こちらの姿が見えなくなるところまで、ずーっと見送ってくれた。

----------------------------------------

2015_10_21と、ここまでは「前置き」で、これ以降が去年の区切りからのスタートになる。

国道321号を中村駅方面に向かう。

2015_10_22しばらく歩き、これ以降は太平洋の海が見えなくなるかなというところで写真を撮る。

左方面・三原の道路標識が見えてきた。

2015_10_23道路の左側に石柱の道しるべがあった。

これから向かうのは第39番札所・延光寺。

高知県最後の札所だ。

2015_10_242015_10_25女将さんのアドバイスもあり、下ノ加江・三原経由で向かうことにしている。

五味一号橋を渡る。

2015_10_262015_10_27ここから延光寺まで29キロとある。

下ノ加江川を左手に見ながら、林道を少しずつ登っていく感じだ。

2015_10_282015_10_29少し退屈し始めたので、iPodで般若心経を聞きながら、覚えているところを一緒に唱え始める。

もう何十回と唱えているが、なかなか全部は覚えきれない。

2015_10_302015_10_31天満宮はお祭りのようで幟がはためいていたが、それだけだった。

地図で見る限りは、三原村には農家民宿があり、特産物の展示販売所があり、どぶろくがどうの…と書かれている2015_10_32
2015_10_33が、実際のところは・・・。

トイレも天満宮以外は道路から引っ込んだところにあり、休憩所もちょっと…という感じだった。

2015_10_342015_10_35何か食べられるようなところもない。

「三原自然公園」の看板もさびしい…。

宿毛市に入る。

2015_10_362015_10_37梅の木トンネルを抜けるとダムが見えてくる。

次の黒川トンネルを抜けると道は下り始める。

トンネルを抜けたところで休憩場所があり、そこで女将さん2015_10_38
2015_10_39から頂いたお昼のおにぎりをかみしめるように食べた。

2時少し前に平田駅に到着。

去年、延光寺を打ち終えたら、ここから電車に乗って帰ろう2015_10_40
2015_10_41と思っていた駅だ。

14:23第39番札所・延光寺に到着。

背中に梵鐘を乗せた赤亀が迎えてくれる。

2015_10_422015_10_43本堂、大師堂で灯明・線香をあげ、札を納め、おさい銭をあげて般若心経を唱える。

今回の最初の札所であり、高知最後の札所ということで、おさい銭はちょっと多め。

2015_10_442015_10_45ここまで35キロほどを歩いているので、かなりバテてはいるものの、宿はもう少し先。

次の愛媛最初の札所、観自在寺方面に向かう。

2015_10_46国道56号沿いを歩いていく。

東宿毛駅のそばを通過し、16:30ちょうどに今日の宿、ホテルアバン宿毛に到着。

想像していたよりもずっと立派なホテルでビックリ!(どんなホテルを想像していたんだと突っ込まれそうですが…)

素泊まり3600円に700円の朝食を追加。

2015_10_47洗濯機と乾燥機は外にあるが、フロントに声をかけると洗剤も含めて無料で使わせてもらえる。

今回は洗濯・乾燥機を使わせてもらい、その間に夕食をとった。

敷地内にとんかつ屋さんがあり、宿泊者1割引きで美味しくいただいた。

------------------------------------

この後は「伊予のくに一国参りウォーク」に続きます。

|

« 勝手に伊予のくに一国参りウオーク(その1)43明石寺 | トップページ | 勝手に「伊予のくに一国参りウォーク」(第1回・まとめ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に「土佐のくに一国参りウォーク」(第4回・最終)まとめ:

« 勝手に伊予のくに一国参りウオーク(その1)43明石寺 | トップページ | 勝手に「伊予のくに一国参りウォーク」(第1回・まとめ) »