« 「寒波来たりなば春遠からじ」 | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)⑦ »

2014年1月11日 (土)

お酒とお汁粉とお新香と(鏡開き)

ここ数日、夕飯時にはお酒をいただいている。

2014_1_11_5ビールのことが多いのだが、やはりこの寒さでは燗酒の方が美味しくいただける。

おちょこはこれ!

2014_1_11_6かっぱが「すみません」と頭を書いているような奴だ。

と、お汁粉が出てきた。

今日は鏡開き!

2014_1_11_7そして、お新香だ。

お汁粉の甘さには、お新香の塩っぽさがとても合う。

連れ合いが漬けたものだが、今年はとても美味しく漬かっている。

お酒とお汁粉とお新香・・・

幸せな気持ちでいただく。

|

« 「寒波来たりなば春遠からじ」 | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お酒とお汁粉とお新香と(鏡開き):

« 「寒波来たりなば春遠からじ」 | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)⑦ »