« 初歩きで喜多院まで | トップページ | お酒とお汁粉とお新香と(鏡開き) »

2014年1月11日 (土)

「寒波来たりなば春遠からじ」

この冬一番の寒波が訪れている。

北海道ではマイナス20度を下回るところもあったようで、日本海側では雪が降り続いている。

今日から3連休の方も多いのだろうが、おすぎは出勤の土曜日となった。

2014_1_11_1朝、ちょっと遠回りをして小金井公園を歩いてみた。

たてもの園横のL字型の池にはびっしりとしっかりした氷が全面に張っていた。

いつもは泳いでいる鴨も今朝はいなかった。

写真を撮ろうと手袋を外すと手が痛いほど冷たくなった。

この冬一番の寒さを実感!

2014_1_11_2が、もしやと思い訪れた梅林には、梅が一輪咲いていた。

「古城の春に似て」という札の下がった木。

蕾がふくらみ、白い花びらがほころびそうな枝もあった。

2014_1_11_3去年の梅の咲き出しはもう少し遅かったと記憶している。

ここ数年、1月半ばの出勤土曜日の午後は、職場から自宅まで歩いて帰ることにしている。

帰宅難民訓練といったところだ。

来週金曜日(1/17)には阪神淡路大震災から19年目の記念日を迎える。

というわけで、午前中の仕事を終わり、12時過ぎに職場を出て歩き始めた。

気温は低く寒かったが、ほぼ北に向って歩くので、お日様が背中をポカポカと温めてくれる。

途中のセブンイレブンでトイレ休憩し、肉まんを購入。

お行儀は悪いのだが、歩きながら美味しくいただいた。

お腹が温まる。

2014_1_11_4ふっと足元を見ると、道端に咲いている一輪のタンポポを発見!

心が温まる。

寒さの中にも、春は確実にやってきているのを実感した一日となった。

|

« 初歩きで喜多院まで | トップページ | お酒とお汁粉とお新香と(鏡開き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「寒波来たりなば春遠からじ」:

« 初歩きで喜多院まで | トップページ | お酒とお汁粉とお新香と(鏡開き) »