« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(後半) | トップページ | 連れ合いの誕生日に結婚指輪をプレゼント(「平和」は我が家から…183) »

2013年9月 9日 (月)

雨続きの第14回日光ツーデーウオーク_2013

第14回日光ツーデーウオークに参加してきました。

「徳島から帰ってきたばかりで、またお出かけ?」

と言われそうでためらいもあったが、気持ちよく送り出していただき、早朝の武蔵野線に乗った。

ツーデーとも歩くのは久しぶりだ。

南越谷で東武線に乗り換え、南栗橋、新栃木と乗り継いで8時10分に東武日光に到着。

2013_9_7_1バスを待っている人の方が多かったが、おすぎはいつものように歩いて会場の日光総合会館に向った。

会場に到着したときには、すでに開会式が始まっていた。

2013_9_7_2受付を済ませ、ゼッケンに名前を記入して準備体操に合流。

が、今日は時間がたっぷりあるので、いっしょに体操する日光仮面の後ろの方でゆっくりしていた。

2013_9_7_39時。

日光市役所お囃子愛好会の皆さんの笛や太鼓に送られて出発。

1日目の今日のコースは「稲荷川・世界遺産コース」の20キロ。

2013_9_7_4会場を出るとすぐに地下道に入り、前の道路を横断して反対側に出る。

二社一寺の前を通って、稲荷川沿いに出、砂防堰堤に向って上っていく。

開山堂で、子ども歴史探検隊の小学生がクイズ形式で案内をしてくれてい2013_9_7_5
2013_9_7_6るのを聞く。

雨は降ったりやんだりで、傘を広げたり閉じたりしながら歩く。

2013_9_7_72013_9_7_82013_9_7_9歩き始めてから2時間。

11時に第2砂防堰堤のチェックポイントに到着。

2013_9_7_102013_9_7_11雨が降り続いているせいか、堰堤を越えて流れる水量が
多いようだ。

ここからは下り。

2013_9_7_12上りとは少しルートを変えて、運試しの鳥居や白糸の滝を通って下る。

2013_9_7_132013_9_7_142013_9_7_17再び二社一寺の参道を通り、清滝神社に向かう。

清滝神社のチェックポイントを過ぎ、やしおの湯を抜け、憾満が淵に出る。

2013_9_7_182013_9_7_19水量豊かな大谷川の流れと、ずらーっと並んだお地蔵様の姿が何とも言えない。

大正時代に造られたという簡易水道・石升の道を抜けて、ゴールの総合会館に向かう。

2013_9_7_202時少し前に、日光仮面のお迎えでゴール!

完歩賞をもらい、マップに押された抽選番号を確認。

日光杉箸をいただく。

2013_9_7_21具だくさんのとん汁をいただき、雨を避けてテントの下で遅い昼食。

15時の宿のチェックインの時間まで二社一寺を三度まわり、タイ焼きとカレーパンをつまんで宿に向った。

<2日目>

2013_9_8_1ゆっくり朝ごはんを食べ、8時過ぎに会場に向かう。

すでに出発式が始まっていたので、列の後ろの方に並ぶ。

体操をし、9時にスタート。

2013_9_8_2今日のコースは大谷川・杉並木コース。

主催者の挨拶では「山にガスがかかっていると雨はあがる」とのこと。

確かにガスはかかっているが、やむ気配はなし…。

2013_9_8_4昨日と同じように二社一寺をかすめて神橋の近くに出て、大谷川の右岸を今市に向って進んで行く。

だいや川公園を抜け、杉並木に入る。

2013_9_8_52013_9_8_6何度通っても、高く太い杉並木に圧倒される。

大谷橋を渡ってUターン。

大谷川の左岸に出て、川沿いの遊歩道をさかのぼる。

2013_9_8_7ゴールにだいぶ近づいたところでコースが川辺にとられていたが、これはいただけなかった。

雨でぬかるんだ中を歩かされるのは辛い。

2013_9_8_8雨が強くなった1時ちょうどにゴール。

完歩賞と具だくさんのとん汁をいただき昼食。

駅に向かう途中で顔を洗って着替え、2時少し前の電車に乗った。

去年はすし詰めの電車だったが、今年は天気のせいか参加者が少なかったようで座ることができた。

【関連記事】

2012_第13回日光ツーデーウオーク「日光杉並木」コースを歩く(2012/9/1)

|

« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(後半) | トップページ | 連れ合いの誕生日に結婚指輪をプレゼント(「平和」は我が家から…183) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨続きの第14回日光ツーデーウオーク_2013:

« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(後半) | トップページ | 連れ合いの誕生日に結婚指輪をプレゼント(「平和」は我が家から…183) »