« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(前半) | トップページ | イモトじゃないけど、私はどこにいるでしょうか?(「平和」は我が家から…179) »

2013年6月21日 (金)

同期の死

先日、職場の同期が亡くなった。

まさに突然の訃報だった。

おすぎは高卒、その同期は大卒だったので年齢は5つほど違う。

新人研修の施設めぐりの時に、バスの隣の席に座った方だ。

高卒男子はおすぎのみで、あとの男性は大卒ばかりだった。

少し控えめにしていたおすぎの隣で、さらに控えめに話しかけてくれたのがその方だった。

あれから40年近く経ち、大卒の同期はみんな60歳を超えた。

役職定年の62歳を機に、あるいはそれ以前に辞めていく者も多い。

1月末に、その同期の方からメールをもらっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私もとうとう今年で職位定年を迎えてしまいましたが、辞めるか継
続するか色々と考えた結果、継続することを選択しました。

人それぞれの人生観やポリシーで考え方は異なるのでしょうが、私
は健康が許す限りは社会の第一線で働けることは、職位に関係なく
幸せなことだと考えています。

おすぎさんも似たような考えでしょうか、あるいは多少ニュアンスは
異なりますか。

おすぎさんにはまだ先の話かと思いますが、どういう予定なのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どういう予定かと聞かれて、結局どう答えたらよいのか、というよりは、そのことについてはあまり真剣に考えたことがなかったので、そのメールには直ぐに返信することができなかった。

少し自分なりに今後の人生を考えて、それから返信しようと思っていたのだ。

このメールのことはずーっと引きずっていて、4月30日の記事「4月にやり残したことを考える」でも書いていた。

「メールの返事はもう少し先に延ばすことにして、じっくりと行く末を考えてみたい」と。

が、それが今回の突然の訃報。

返信すべき相手が逝ってしまったのだ。

メールの返事を打たなかったことをとても後悔している。

「迷っている」という返事でもよかったのだ。

「今年1年かけて、じっくり考えてみたい」でもよかったのだ。

先日巡った徳島のお寺で、その同期のことを思いつつ線香をあげ、般若心経を唱えた。

合掌。

|

« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(前半) | トップページ | イモトじゃないけど、私はどこにいるでしょうか?(「平和」は我が家から…179) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同期の死:

« 勝手に「あわのくに一国参りウオーク」(前半) | トップページ | イモトじゃないけど、私はどこにいるでしょうか?(「平和」は我が家から…179) »