« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月26日 (日)

2013_第11回飯能ツーデーマーチの名栗コース30キロを歩く

2013_5_26_14時半にセットした携帯のアラーム(バイブ)が鳴っていると連れ合いにつつかれた。

たいがい鳴るとすぐに気が付くのだが、昨夜は「35歳の高校生」を最後まで見てしまったので、布団に入るのが10時過ぎになってしまい睡眠時間が足りなかったようだ。

今日は飯能新緑ツーデーマーチの2日目。

2013_5_26_2昨日は仕事になってしまったので、今日のみの参加だ。

30キロの名栗コースを歩くことにしていた。

去年は武蔵野線の始発・2番電車にも乗り遅れバタバタしてしまったので、2013_5_26_3
今回は何とか始発に間に合うようにと早目にアラームをセットしておいたのだ。

簡単に朝食を済ませ、出かける準備をしていると、ゲージの中でワンコが2013_5_26_4
ゴソゴソと動いている。

散歩の催促をされているのは分かっているが、時間がない。

2013_5_26_5ちょっとかわいそうだったが、目を合わせないようにして、リュックを背負い出発した。

武蔵野線の始発で新秋津まで。

2013_5_26_6そこから15分ほどの待ち時間で西武線に乗り、終点の飯能には6時15分到着。

昨日も参加してすでにゼッケンをリュックに着けている皆さんに交じって東飯能駅を越え、会場の飯能市役所の駐車場へ。

2013_5_26_7受付を済ませ記念品やゼッケンの入った袋をもらい、名栗行きのバスが待つ会場へ。

思いのほか人が並んでいない。

2013_5_26_8500円で乗車券を購入しバスに向かう。

「あと3名」と言う声が係の人から聞こえてきた。

開いている座席数が3名分ということだったようだ。

2013_5_26_9バスは相席だったけれど無事に座れた。

名栗コースは今回で5回目の参加だが、バスに座れたのはこれが初めてだ。

2013_5_26_10今までは座るために列に並んで時間をつぶしてしまうのは嫌だったので、立ったままで乗車できるバスに乗っていたのだ。

武蔵野線の始発に乗れた甲斐があったというものだ。

2013_5_26_116時40分間際に数人の立ち乗車の方が乗り込み、出発。

45分ちょうどでバスの終点に到着。

ここから少し歩き橋を渡ったところにある名栗地区行政センターに到着。

2013_5_26_12出発式が最後を迎えるところで、檄を飛ばす段になっていた。

が、とりあえずはトイレを済ませ、ゼッケンを記入してリュックに着けた。

2013_5_26_137時半が出発時間だったようで、中学生に見送られながら先頭の皆さんが会場を出て行った。

少し遅れたものの、35分にはスタート印を押してもらい出発。

ひと歩き歩き、ひと登りすると高台にある直売所やませみに到着。

2013_5_26_14昨年同様、朝日新聞の方に写真を撮ってもらう。

名栗川(入間川)を右に左に見ながら進んでいく。

新緑と川の流れがとてもきれい。

2013_5_26_15交差点や横断歩道では飯能消防団の方々が誘導を担当していてくれる。

9時20分に原市場行政センターに到着。

ここで美味しいこんにゃくときゅうりの浅漬けをいただく。

2013_5_26_16少し山道に入ったり、再び川沿いを歩いたりしているうちに17キロのチェックポイントに到着。

スタンプをもらい、中学生のハイタッチで元気をもらう。

2013_5_26_17自由の森学園に向かう坂道の途中で20キロコースの皆さんと合流。

生徒たちの激励を受けながら、休憩せずに学園前を通過。

しばらく上り坂が続く。

2013_5_26_1811時20分に南高麗地区行政センターにと到着。

小休止し、麦茶と飴をいただく。

花を眺めながら歩き、あさひ山展望台に。

2013_5_26_19この時間には雲が取れ、日差しも強くなって大分見晴らしがよくなっていた。

リュックから例の「兵器」を取り出し、バナナを美味しく食べる。

2013_5_26_20残り4キロ。

飯能河原で、5キロ・10キロの皆さんに合流。

小さい子どもたちの姿が多くなると同時に、ペースがガクンと落ちる。

2013_5_26_2112時52分、無事にゴールに到着。

正味31.9キロのコースを5時間20分のウォーク。

距離は昨年より1.8キロ長くなっているが、時間は短縮10分ほど

2013_5_26_23短縮された。

たぶん、昨年まであった赤根ケ峠越えがなくなったのが大きいのだろう。

中学生のハイタッチで迎えられ、ゴール印と完歩賞をもらう。

2013_5_26_262013_5_26_27朝日新聞のコーナーに向い、30キロのコーナーで朝撮ってもらった写真をさがす。

味噌汁をいただき、舞台を眺めながらおにぎりをいただいた。

2013_5_26_282013_5_26_29ビールはなし。

小学生たちが次から次へとダンスを披露している。

ダンスが必修になったことと関係があるのだろうか・・・。

2013_5_26_302013_5_26_312時からは尾崎亜美のステージがあるようだが、それまで待ってはいられない。

名栗まんじゅうを買って飯能駅に向かった。

2013_5_26_32今日の時計は先日の東京ウォーキングフェスタでもらった記念品の時計。

うっとうしくなく、結構いい感じ。

※「名栗ルートバス運行表」を載せておきます。

【関連記事】

青空のもと新緑の中を30キロ(2012_第10回飯能新緑ツーデーマーチ)(2012/5/19)

2010飯能新緑ツーデーマーチ(初日・新緑の中を30キロ)(2010/5/22)

緑の中を30キロ!(飯能新緑ツーデーマーチ)(2008/5/17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

7連休7日目(体調を整えてっと思っていたが…)

7連休も最終日。

翌日からの仕事のことも考えゆったりと過ごすことにした。

午前中はSDカードに入りっぱなしになっていた家族写真のデータをパソコンに取り込んだ。

2013_5_6_l昼過ぎには連れ合いからデートに誘われ、大学生の息子付きでいっしょに十条に出かけた。

2013_5_6_1連れ合いが週1回通っている「お絵かき教室」の発表会?で描いた絵を喫茶店に飾ってもらっているとのこと。

生徒さんがそれぞれ2枚ずつ、先生も数枚出展していた。

2013_5_6_2きちんとした額に納まっているせいか、連れ合いの絵もなかなかのものに見える。

写真で撮ると外からの光が反射してしまい、いまひとつに見えますが…。

喫茶店なのでアメリカンコーヒーと手作りチーズケーキのセットをいただいた。

2013_5_6_3久しぶりにきちんとしたところで飲むコーヒーは美味しかった。

手作りチーズケーキもなかなか美味しかった。

セットで680円。

・・・・・・・・・・・・・

夕食を食べ始めたが、いまひとつ食が進まない。

熱を測ってみたが36.0度。

お風呂に入って早目に床についた。

が、これからが大変だった。

お腹が痛いようにも感じるが下痢と言うわけでもない。

身体がだるいようにも感じるが動けないわけではない。

何度も寝返りを打ち、うつらうつらするとまぶたの裏にパソコンの画面が次々と開き始める…。

筋の通らない夢ともつかない映像が浮かんで来たり。

声こそあげなかったものの、うなされている感じだった。

連れ合いも心配してくれ、水枕を用意してくれたり声をかけてくれたり…。

結局、あまり寝た気がしないまま、7連休明けの出勤日を迎えてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・

下痢も始まり、頭も痛くなってきたが、連休明けに続けて休むわけにもいかず出勤。

火曜日、水曜日とつらさを押し隠しながらやりすごし、やっと週末を迎えることができた。

というわけで、7連休7日目の更新は5日遅れで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

7連休6日目(今日はゆっくりと…)

連休も終盤を迎えた。

プールも考えたが、昨日の疲れも残っており、今日は「休養日」と決め込んだ。

ワンコの散歩をさせて少しゆっくりしたが、まだ9時だ。

気温上がってきて気持ちの良い朝。

何もしないわけにもいかず、連休前に連れ合いからプレッシャーをかけられていた庭木の剪定をすることにした。

脚立を立て、花梨の枝をノコギリで落とし、金木犀を植木ばさみでつまむ。

落とした枝を短く切り、ごみ袋に詰め込んだ。

お茶を一杯飲んだ後は車の掃除に取りかかった。

今月中には車検があるので外回りの掃除はお任せすることにし、車内のみ掃除機をかけてぬれタオルで汚れを落とした。

「休養日」のはずが、結局働いてしまった。

子どもたち(と言ってもみんな大きいのだが)も出かけてしまい、連れ合いと二人。

午前中の働きのご褒美?も兼ねて、お昼は寿司屋さんへ(もちろん回るやつ)、ということになった。

11時半前にはお店に入ったのだが、すでにテーブルは満席状態。

二人だったのでカウンター席でOK。

ほとんど待たずに案内された。

回ってくるお寿司は、さび抜きが多いような気がした。

今日が「こどもの日」と言うこともあってだろうか…。

お腹いっぱい美味しくいただいた後は、そのまま映画館へ。

こちらも連れ合いから誘われていたもの。

「藁の楯」を観ることに。

二人で2,000円というのはホントにありがたい。

チケットの購入時には「大分混雑していますので…」と言われたが、実際のところは3分の1も埋まっていなかったようだ。

客層もおすぎたちと同じ「夫婦50割」の方々が多いようだった。

・・・・・

「藁の楯」、面白かったです。

連れ合いは、大沢たかおがセクシーでかっこよかったとのこと。

おすぎはと言えば、あまり大きな声では言わないけれど、松嶋菜々子が凛々しくてかっこよかったです。

何もそこまで…と思ってしまいましたが…。

詳しくは「映画『藁の楯 わらのたて』公式サイト」をご覧ください。

・・・・・

7連休も残すところあと1日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

7連休5日目(2013_第18回ウオーキングフェスタ東京の2日目を歩く)

2013_5_4_1今日は「第18回ウオーキングフェスタ東京」の2日目。

出発に間に合えばいいやという気持ちもあり、家を出るのがゆっくりになってしまった。

2013_5_4_2会場の小金井公園に到着したのは既に8時を回っており、30キロコースの皆さんが準備体操をしているところだった。

受付のテントもがらがらで、ならばずにスムーズに受付を終えた。

2013_5_4_3ゼッケンにいつもの名前とメッセージを書き入れ、安全ピンでリュックに着けた。

今日は「花水木ルート」の30キロコース。

2013_5_4_4列の最後尾近くに並び、8:23にスタート。

広い小金井公園の中を抜け、東口から出て歩道橋を渡り、玉川上水の遊歩道に入る。

2013_5_4_71時間ほど歩き、三鷹駅の手前で中央線の下をくぐり南口へ。

以前は成蹊大のケヤキ並木を通るコースがあったが、今回はなし。

駅前の通りを南下し、30分ほどで深大寺の森に入る。

2013_5_4_8深大寺の土産物屋さんは既に開いていて、お客さんでにぎわっていた。

人だかりの多い一角があったので、何事かとカメラの先を見ると、木の上にキタローがいました。

2013_5_4_9せっかくなので、1枚パチリ。

10時から開いているおそばやさんもありましたが、今回は食べずに素通り。

2013_5_4_10深大寺を抜け、10分ほど歩くと野川に出る。

細い川沿いに、気持ちのいい緑が広がっていて、とても歩きやすいコース。

2013_5_4_11川を眺めたり、咲き誇っているツツジを眺めたりしながら歩いていくと、たくさんの鯉のぼりが泳いでいる広場が・・・。

明日はこどもの日。

2013_5_4_13都立武蔵野公園の緑が広がります。

川の反対側にはバーベキュー広場か、たくさんの人たちでにぎわっています。

2013_5_4_14野川を離れ、小金井から国分寺に入る。

東経大の下を通り、お鷹の道に入る。

きれいな湧き水が流れ、細い遊歩道の道。

2013_5_4_15ホタルの季節には光の乱舞が見られるのだろうか?

「史跡の駅おたカフェ」というところで、食事やお茶ができるようだが、ここも素通り。

2013_5_4_16武蔵国分寺の門の脇を抜け、国分尼寺跡を通って、国立方面に向かう。

工事中の国立駅の下をくぐり北口に出る。

ここから上り坂を恋ヶ窪に向かう。

2013_5_4_18恋ヶ窪はおすぎが若かりし頃住んでいた場所。

30年以上も前のことで、ずいぶん変わってしまっていましたが、当時のアパートは、まだ残っていました。

2013_5_4_19チェックポイントでスタンプを押してもらい、パックのジュースを一本もらう。

国分寺方面に向かい、西武多摩湖線にぶつかったところで左折。線路沿いにしばらく行くと玉川上水に出る。

2013_5_4_20ここまでくればゴールも間近。

茜屋橋で10・20キロコースと合流し、小金井公園へ。

13:55無事にゴールに到着。

2013_5_4_21歩き始めてから5時間30分。

ゴール印と完歩賞を受け取る。

ウォーキングシューズを買いたいと思い、テントを回ってみたが、思ったほ2013_5_4_22ど安いものが出ていなくて断念。

飯能ツーデーの申し込みテントを見つけ、参加登録をした。

生ビールにもちょっとひかれたが、今日はアルコールなしで帰路へ。

【関連記事】

2012_ウォーキングフェスタ東京を歩く(9連休初日)(2012/4/28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

7連休4日目・家族で歩く玉川上水~野火止用水(「平和」は我が家から…178)

元々のおすぎの予定は、今日(5/3)と明日(5/4)は「ウオーキングフェスタ東京」を歩くつもりで事前申し込みをしていた。

が、連れ合いから「私も10キロだったら歩きたい」と言われ、それなら当日申込みをして10キロをいっしょに歩こうかと思っていた。

そうこうするうちに、娘も歩けるということになり、できれば美味しいご飯が食べられるところがいいということになった。

さらに息子二人もいっしょに歩けるという…。

2年前になるが、ウオーキングフェスタ東京が東日本大震災の影響で中止になったとき、家族5人で歩いたことがあった。

その時にはスタート・ゴール会場の小金井公園から玉川上水を通って吉祥寺まで歩き、えんで美味しくご飯をいただいた。

おすぎとしては今回も同じコースでもいいかと思ったのだが、いまひとつ積極的な賛同が得られず、別のコースをさがすことになった。

ウオーキングフェスタの10キロコースに参加するのも一案だったが、小金井公園に戻ってくるコースでは食事をする場所をさがすのも難しいし、多くの参加者といっしょにゾロゾロと歩くのも…。

結局、新緑の中を10キロ程度歩けるコースと、ご飯を食べた後は電車に乗って帰れるという条件でさがしたのが、今回のコースだった。

「8時には家を出るよ」と言っておいたのが奏功し、何とか8時前にはみんな起きだしてきた。

バタバタと準備し、武蔵野線に乗って新小平まで移動。

2013_5_3_19時ちょっと前に歩き始めた。

駅から15分ほど歩くとお風呂屋さんが見えてくる。

つぶれちゃってるのかな?とも思ったが、しょうぶ湯のポスターが貼ってあ2013_5_3_2
るのでまだやっているようだ。

この前を通り過ぎるとすぐに玉川上水が見えてくる。

と同時に、ゾロゾロとゼッケンをつけた老々男女の皆さんも見えてきた。

2013_5_3_3ウオーキングフェスタのコースになっていることは分かっていたが、てっきり逆回りだと思っていた。

皆さんの邪魔にならないように橋を渡り、上水の反対側の遊歩道を立川方面に歩き始めた。

2013_5_3_4空気はひんやりしているが、青空で日差しもあり絶好のウォーキング日和だ。

緑がキラキラと陽光に輝いていて、吸う空気もなんだか美味しく感じる。

2013_5_3_5写真を撮ったり、笑い転げたり(転がったりはしませんが…)しながら、のんびりと歩く。

玉川上水を歩き始めて1時間ちょっと。

2013_5_3_6少し疲れが出てきたところで野火止用水との分岐に到着。

一息ついた後、鋭角のくの字に曲がりUターンするように、西武線と野火止用水沿いに進んでいく。

2013_5_3_720分ほどで東大和市駅に到着。

姉ちゃんに疲れが見え始める。

「膝の後ろが痛い」とのこと。

2013_5_3_8「もう少し、もう少し」と言いながら進んでいく。

11時40分、本日の「目的地」、八坂駅近くのイタリアンレストラン・コリネッタに到着。

2013_5_3_10ネットで探した評判のよさそうなお店だ。

12時で予約を入れていたので、予定より20分早いゴールだ。

歩き始めて2時間40分。

2013_5_3_910.6キロを完歩!

パスタランチととりあえずグラスビールを注文。

さらにグラスワインも…。

2013_5_3_11サラダもパンもパスタもデザートも美味しくいただきました。

みんなも美味しい、美味しいと食べてくれてホントに良かったです。

西武多摩湖線方面で美味しいお店を探す際にはぜひお勧めします。

帰りは八坂駅から西武線で青梅街道へ。

そこからちょっと歩いてスタートの新小平駅に到着。

ほぼ4時間のコースでした。

家族5人で歩くのはこれがたぶん最後になるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

7連休3日目(ワンコのドッグランデビュー)

今日も気温は低かったが、まずまずのお出かけ日和。

連れ合いがワンコをドッグランに連れていきたいというので、所沢の航空公園に行ってみることにした。

平日ではあるけれど、明日からの連休を前にして輸送の車が多いのか浦所が混んでいた。

が幸い、航空公園の駐車場にはすんなり入ることができた。

ドッグランは小型犬と大型犬のエリアに分かれていた。

「中型犬」があればピッタリだっと思うのだが、大小どちらかといえば大型犬エリアだ。

二重の金網ドアを押し開けて中に入る。

大きな白い犬が近づいて来た。

優しそうな眼をした真っ白い大きな犬だ。

身を縮めつつ後ずさりするうちのワンコ。

鼻を近づけられ、匂いをかがれる。

お尻に回られると少し嫌がる。

リードをつけたまま少しエリア内を歩いた後、リードを外してみる。

少し走り始めたが、小さなワンコに付きまとわれ悲鳴をあげる。

どうも小さな犬が苦手なようだ。

自分の体は大きくなっているのだから、堂々としていればいいと思うのだが…。

2013_5_2_1ワンコの群れからは離れ、連れ合いの近くで塀沿いに行ったり来たりして過ごす。

10分ほどでドッグランデビューは終了。

2013_5_2_2広い航空公園の中をお散歩して回る。

新緑がまぶしいほどに輝いている。

この時期の緑が一番きれいなのだと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

7連休2日目(メーデーで旧交を温める)

心配された雨も上がって、気温は少し低いながらもまずまずのメーデー日和。

9時に家を出て代々木公園のメーデー会場に向った。

休日と重なると混雑する原宿駅も、「メーデーやってるの?」と心配になるほどスムーズに出られた。

会場が近づくにつれ、いろいろなビラ配りをしている方々が増えたが、今回はメーデーのプログラムのみいただき、会場に向かった。

職場の集合場所に立ち寄り、到着したことをアピールしてメーデー会場に入った。

ちょうど文化行事が始まったところだったが、昨日からの雨で会場に敷き詰めてあったブルーシートには水たまりができていて、ぞうきんがけをしている人たちの姿が目に付いた。

上部団体ののぼり旗が見えたので、あいさつに行ったら、ここでもぞうきんがけをし、ごみ袋にしぼった泥水を貯めていた。

一番前の方がぽっかり空いていたので、他の方と一緒に立ち見で文化行事の舞台を眺めていた。

2013_5_1_1
各団体の歌声が続いたが、おすぎが一番心ひかれたのは日航争議団(JAL不当解雇撤回裁判原告団)の「あの空へ帰ろう」(YouTube)だ。

11時に式典が始まったが、会場外の職場の集合場所に移動。

お弁当をいただく。

食べてる間に懐かしい顔が見え始める。

退職した方や他の職場の方々、年1回メーデーで顔を合わせる方々だ。

年1回、お互いの無事を確かめあうのがメーデーだ。

2013_5_1_2式典も終盤に差しかかったようなので、再び会場内に入る。

メーデー宣言に拍手を送り、最後の団結ガンバローでこぶしを突き上げた。

12j時半過ぎにメーデーのデモが動き始める。

合流した同業他団体の方ともあいさつを交わす。

シュプレヒコールもそこそこに、1年ぶりにあった皆さんとのおしゃべりを楽しんでいるうちに、終点の明治公園に到着。

職場の仲間と写真を撮った後、交流会場に移動し、にぎやかに交流を楽しんだ。

「また来年ね!」「元気でね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »