« きのう3輪、きょう3分咲き!(2013小金井公園の主役交代・梅から桜へ) | トップページ | あっという間に4月も下旬!(「平和」は我が家から…176) »

2013年3月29日 (金)

25年間動き続けた腕時計が止まりました。

2013_3_2925年間動き続けてくれた腕時計が、ここにきて止まってしまった。

シチズンのクラブ・ラメールという時計。

おそらく25年前の誕生日に連れ合いが贈ってくれたものだ。

「電池切れかな?」と思い、仕事帰りに時計屋さんに持ち込んだものの、裏蓋を開け、しばらく調べてくれた後、「電池はありますね・・・」

「もう防水がダメになっていて、緑青がこんなに出ていて、これが機械に落ちるんでしょうね」

とのことだった。

6年ほど前にも一度止まったことがあり、その時持ち込んだ時計屋さんでは「もうダメですね」と、ダメ出しされていた。

が、その時は、2~3日経って気が付くと、何と動き始めていたのだ。

床に落として、秒針が外れてしまったこともあった。

いずれにしても四半世紀も動き続けた腕時計だ。

仕事をしている間のあと数年動き続けてくれないものかと思っていると、

「オーバーホールすれば動くようになるかも知れませんが。うちでやらせてもらえば1万2千円ぐらい。メーカーに出すと2万円近くかかるかも知れません」とのことだった。

とりあえず、修理はお願いせずに帰ってきた。

連れ合いに伝えると

「新しいの買おうよ。もう十分動いてくれたもの」となった。

腕時計にも「当たり」「外れ」があると思うが、この腕時計は「大当たり!」だった。

同じものがあればと思って探してみたが、すでにクラブ・ラメールという時計は販売されていない。

※「20年近く」と思っていたが、実際には何年使っていたのか分からなかった。

古いアルバムをめくってみると1989年の1月の写真には、若き日のおすぎの写真に、この腕時計が写っていた。1988年の誕生日かクリスマスプレゼントだったのかも知れない。

|

« きのう3輪、きょう3分咲き!(2013小金井公園の主役交代・梅から桜へ) | トップページ | あっという間に4月も下旬!(「平和」は我が家から…176) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25年間動き続けた腕時計が止まりました。:

« きのう3輪、きょう3分咲き!(2013小金井公園の主役交代・梅から桜へ) | トップページ | あっという間に4月も下旬!(「平和」は我が家から…176) »