« ゆ・う・う・つ | トップページ | おすぎが選ぶ我が家の十大(重大)ニュース2012(「平和」は我が家から…173) »

2012年12月28日 (金)

結婚30周年記念で秩父へ(「平和」は我が家から…172)

世間様よりはちょっと早目の冬休みに突入。

連れ合いと一緒に秩父を訪ねました。

もともとは結婚30周年の記念に奈良に行こうかと考えていたのですが、10月、11月とも忙しく、というよりはそれぞれが出かけてしまったりして、結局この押し詰まった時期での決行となったわけです。

朝はゆっくりと出かけ、関越を使って花園インターから秩父へ。

12時前には秩父に到着。

お昼はどこで食べようかと迷いつつ、ガイドブックに載っていた林家たい平師匠のお兄さんがやっているうどん屋さんに行ってみた。

昼時でもっと混んでいるかと思ったが、空いていた…が、うどんが出てくるまでに結構時間がかかった。

2012_12_27_1食べた後は奥秩父の三峰神社に向った。

何日か前に降った雪が道路端に残っていた。

駐車場に車を停め、神社までの坂道を登っていくと、山門付近は凍りつい2012_12_27_2
た雪がびっしり。

樹齢800年という御神木に触れ、気をもらう。

売店で甘酒と味噌おでんをいただく。

店の方は親子3代で手打ちそばの発送準備をしていたところだった。

年越しそばになるのだろう。

2012_12_27_34時半に目的地の新木鉱泉に到着。

気持ちよく迎えていただいた。

大浴場も貸切風呂も食事も部屋も満足満足。

2012_12_28_1翌28日も美味しい朝食をいただき出発。

車の窓には霜の結晶?がきれいにはりついている。

2日目の行程は考えていなかったが、これもガイドブックに従い、半日コー2012_12_28_2
スの札所めぐりをすることになった。

道の駅ちちぶに車を停め、5か所のお寺を巡った。

今宮神社にある樹齢1000年のけやきの木には圧倒された。

2012_12_28_3どこの寺社もお正月の準備をしていた。

12時には道の駅に戻り、食堂で味噌カツ丼をいただく。

帰りは高速は使わず飯能を回って帰ることにする。

途中で「子の権現」の看板が気になり、結局行ってみることになった。

林(山)道を5キロ。

幅3~4メートルの道路を登っていく。

最後の2キロほどは退避スペースがほとんど見当たらない。

もし、上から車が下ってきたらどうすればいいのだろう。

退避スペースの近いほうがバックで下るか登るかするのだが…

ガードレールのない狭い崖の道を下がるのは厳しい…。

幸いにも下ってくる車はなく無事に屋根付き駐車場に到着。

2012_12_28_5車を停めて3分ほどで子の権現・天龍寺に到着。

道の両脇に立った赤い仁王像が迎えてくれる。

ここは足腰に良いとのことで、わらじや靴が奉納されていた。

膝が痛いおすぎも連れ合いも、ご利益があることを祈った。

同時に、下りも対向車に出会わないことを祈って賽銭をはずんだ。

3キロほど下った比較的広い場所で対向車とすれ違う。

セーフ!

子の権現は車ではなくハイキングで行くべきところ。

足腰のためにも、気持ち的にもその方が良いとつくづく思った。

年末の押し詰まっての1泊旅行になったが、美味しく楽しく気持ちよく過ごすことができた。

新木鉱泉・御代の湯はお勧めできる。

さあて、今年もあと3日。

我が家もお正月の準備をしなくては…。

|

« ゆ・う・う・つ | トップページ | おすぎが選ぶ我が家の十大(重大)ニュース2012(「平和」は我が家から…173) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚30周年記念で秩父へ(「平和」は我が家から…172):

« ゆ・う・う・つ | トップページ | おすぎが選ぶ我が家の十大(重大)ニュース2012(「平和」は我が家から…173) »