« 勝手に「さぬき一国参りウオーク」(前半を終えて) | トップページ | 第5回きらり川口ツーデーマーチ、今年は断念!残念!! »

2012年9月22日 (土)

116年ぶりの「9/22秋分の日」に墓参りツアー

今日は秋分の日。

昼と夜の長さが同じになる日だ。

が、例年の秋分の日は9月23日だったはず。

何で今年は22日なの?

と思っていたら、読売新聞にわかりやすい記事が載っていました。

秋分の日、「22日」は116年ぶり

今年はきょう22日が秋分の日になる。秋分の日が23日から外れるのは、秋分の日が24日だった1979年以来、33年ぶり。

 22日に早まるのは、1896(明治29)年以来、116年ぶりとなる。

 地球は太陽の周りを365日と6時間弱で一周している。この端数のため、地球が公転軌道上の同じ地点に戻ってくる時刻は、毎年、6時間弱ずつ遅れる。遅れは4年間で計24時間弱。うるう年にほぼ元に戻るが、今度は暦が実際の地球の動きより、わずかに進みすぎる。このわずかなずれは、長年の間に蓄積していく。うるう年を400年間で3回減らす微調整もある。

 こうした暦の操作のために、地球が秋分点を通過する時刻は、長期でみれば23日をはさんで前後に揺れ動く。国立天文台によると、1896年に22日だった秋分の日は、1901年から24日になり、その後、だんだんと早まって、昨年は23日午後6時5分、今年は22日午後11時49分とついに22日に入った。当面は4年に1回、秋分の日が22日というパターンが続く。

(2012年9月22日03時08分  読売新聞)

次に「22日」が秋分の日になるのは「116年後」かと思ったら、そうではないらしい。

しばらくは4年に一度「22日」が秋分の日になるとのこと。

やっぱりちょっとわかりにくい・・・。

まぁ、そんな秋分の日の今日は、お彼岸のお中日ということで、子どもたちと車で墓参りに出かけた。

おすぎの両親の墓は東京の西のはずれ、

連れ合いの両親の墓は埼玉のはずれにある。

両方を回るとザーッと200キロ近くになる。

なるべく混んでいる高速を避けて走ったが、結局いつもと同じ1日がかりの「墓参りツアー」となってしまった。

家に帰り着き、夕ご飯を食べるころにはすっかり暗くなり、

閉めた窓の外からも秋の虫の声が盛んに聞こえてくる。

「暑さ寒さも彼岸まで」ドンピシャ!

|

« 勝手に「さぬき一国参りウオーク」(前半を終えて) | トップページ | 第5回きらり川口ツーデーマーチ、今年は断念!残念!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 116年ぶりの「9/22秋分の日」に墓参りツアー:

« 勝手に「さぬき一国参りウオーク」(前半を終えて) | トップページ | 第5回きらり川口ツーデーマーチ、今年は断念!残念!! »