« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

2012_夏の終わりに③(我が家のビフォー・アフター「平和」は我が家から…164)

今年はリフォームをしたいと考えていた。

5月中旬にリフォーム業者に相談したところでは、「この時期からだと年内ギリギリですね」とのことだった。

概算見積を出し、打ち合わせをし、キッチンやお風呂・トイレなどをショールームで見て、壁や床材を決め、さらに見積書を出して・・・。

といろいろとやるべきことがあるようだ。

いろいろと考えていたリフォームの内容も、予算の範囲内では難しいということがわかった。

いずれにしても不要なものを捨てていくのが第一!と「断捨離」モードに入った。

5月の末にはリフォーム業者に来てもらい、概算の見積もりを出してもらうことになった。

当初は定額で丸ごとリフォームを謳う大手?と中堅どころ、そして地元業者の3社以上を考えていたが、

現地(我が家)を案内し説明をするのもなかなか大変だし、出てきた見積を比較するのも一苦労になるはず・・・。

そうそう休みを取って対応もできないので、結局おまかせしても大丈夫と思える2社に絞って依頼した。

今回は予算のかかる間取り変更は無しとした。

和室を洋室に変更したり、勝手口を作ったり、開き戸を引き戸に変更するのはなかなか大変らしい。

洋室に変えたいという希望のあった息子の部屋は、壁や襖の色を白っぽくし、畳を半畳タイプの琉球畳にすることでOKとなった。

業者さんに説明し話を聞く中でリフォームの内容が確定していった。

2社目の説明で変わったところは最初の業者さんにも連絡し、変更を見積もりに反映するようにしてもらった。

6月半ばに2社の概算見積がそろった。

金額的にはほとんど変わらない内容だった。

ビミョーに違う見積書を比較するのはなかなか大変。

結局決め手となったのは、我が家の生活の様子をよく見ていただき、細かいところも気づいた提案をしてくれた業者さんにお願いすることになった。

最初にリフォームの相談をし、いろいろアドバイスをしてもらった業者さんには申し訳なかったが、お断りすることとなった。

休みの土曜日に、業者さんが提案してくれたキッチンとバス・トイレを川越のショールームに見に行った。

パソコンですぐに情報を引き出すことができ、こちらの希望を追加することができた。

お願いすることになった業者さんと2度ほど打ち合わせをし、スケジュールを出してもらったところ、7月半ばには着工できるとのこと。

「えっ、そんなに早く」と思いながらも、そこからはリフォームに一直線!

住みながら工事は進めることはできるというものの、一定の家具やあふれている本などは引っ越しが必要。

また、洗面台やトイレ、お風呂やキッチンの水廻り工事の際には1週間ほど使えなくなるとのこと。

急きょ、なるべく近くのトランクルームと仮住まいを探し始めた。

段ボールをネットで探して注文。

連れ合いが中心になり、あふれている本を選り分けつつ詰めていく。

本だけで60箱に!

家の中の不要物(こんなに要らないものが多いとは…)を整理し、ごみで出せるものは少しずつ出していった。

週末にはレンタカーを借りて、大学生の息子と粗大ごみを環境センターに運び、家具や本の入った段ボールをコンテナルームに運び入れた。

汗と降り始めた雨でびっしょりになりながらも、力持ちの息子をホントにたくましく思った。

まず外壁と屋根を先にやるとのことで足場が組まれ囲いで覆われ始めた。

リフォーム工事の始まりだ。

工程表では順調に行けばお盆前には終了する見込み。

お盆休みにはいっきょに整理ができそうだ。

外壁が終わり、大工さんが入り始めた。

建具屋さんが入り、クロス屋さんが来て…。

工程表と担当者の話をもとに、工事する部屋の家具を移動したり片づけたり。

土日はもちろん、仕事から帰ってきてバタバタと始めると、あっという間に夜になってしまう。

「お茶の心配はいらない」とのことだったが、暑い中一生懸命働いている職人さんを見ているとそういうわけにもいかず、連れ合いが毎日冷たいものを用意していた。

照明器具やカーテン、家具なども入れ替えるものがあり、休みを利用してお店に出かけた。

2階から始まった内装も1階に下りてきて、洗面所・お風呂・リビング・キッチンと進んだ。

借りていたマンスリーマンションのお世話になり、食器類や鉢植え、その他の雑品を運び入れた。

「高い!狭い!」と思っていたが、荷物も結構収まり、寝具や電化製品もそろっていて、洗濯やお風呂・シャワー、避難場所とお世話になった。

へとへとになりながらも工事は予定通り進み、お盆前に完了!

お盆休みで四国から帰ってきていた息子にも(少し)手伝わせて、レンタカーを借り、再び粗大ごみを環境センターに持ち込み、トランクルームから家具や荷物を運びもどした。

これがまた結構大変で…。

家具を配置し、本棚を組み立て、こまごまとしたものを移動し、段ボールを開け…。

今思えば、「住みながらのリフォーム」は大変!

外にいい仮住まいが見つかるのなら、いっそ引っ越しをして完成を待つ方が楽かもしれない。

職人さんたちへの気遣いも必要ないだろうし、完成し、戻ってきたときの感激も大きいだろう。

でも、職人さんたちの仕事を目の当たりに見て、「プロってすごい!」という感激や家が出来上がっていく様子を日々目にし感じることはできなかっただろうけど。

足触りのいい無垢材の床にゴロンとし、きれいになった天井を眺めると、リフォームやって良かったと思える。

ことしの夏の最大のイベントとなったこのリフォーム。

我が家の「ビフォー・アフター」の写真を載せておきます。

散らかり始めるとリフォーム前とあまり変わらないような・・・。

 <befor>    →    <after>

2012_8_31_12012_8_31_2

2012_8_31_32012_8_31_4

2012_8_31_52012_8_31_6

2012_8_31_72012_8_31_8

2012_8_31_92012_8_31_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

2012_夏の終わりに②(12年ぶりに家族5人で海へ!「平和」は我が家から…163)

今年の夏はナント12年ぶり!に、家族5人で海に行ってきました。

前回、5人そろって海へ出かけたのは2000年の八丈島。

一番下がまだ8歳だった。

もうみんなで海に入ることはないと思っていたのだが、縁あって瀬戸内の海で海水浴を楽しめた。

遅めのお盆休みに、4人の都合があい、4月に四国に転勤になった息子の社宅に押しかけることになった。

今回は新宿から夜行バスを利用し、4人が横に並びながら、うつらうつらして翌朝に四国入り。

2012_8_30_0_2出社している息子の車を借りて、とりあえず「ぶっかけうどん」を食べ、お城や札所を巡った。

足りない布団と扇風機を購入。

4月に連れ合いといっしょに息子の引っ越しの手伝いをした際に、自分たちが泊まる分の布団は買っていたが、結局それに+2したことになる。

クーラーも息子が使っている1部屋分しか設置されていないので、追加で扇風機を購入したというわけだ。

夕方、仕事から帰ってきた息子も合流。

テンション高めのまま、(半分)息子のおごりでお寿司屋さんへ。(回っているやつだったけれど…)。

久しぶりのお寿司を美味しくいただいた。

翌日は土曜日で息子も仕事は休み。

どこに行こうか考えていたのだが、結局みんなで小豆島に行ってみようということになった。

フェリーに乗り込むと、さっそくうどんを食べる皆様・・・。

上陸後、とりあえず「オリーブ園」に向かう途中で見つけた「愛染寺」

2012_8_30_1_2_2そこにあった「愛の彫刻」にすっかり魅了?され、ニタニタしている大学生の息子・・・。

「二十四の瞳映画村」への途中で立ち寄った「マルキン醤油」。

2012_8_30_7_2醤油アイスも美味しくいただきました。

映画村は観るものあり、食べるものあり、体験するものありと盛りだくさん。

無料の映画を観たり、うどんやソフトクリームをいただいたり、実に久しぶり2012_8_30_1_3に竹馬に乗りました(乗れましたよ!)。

娘と連れ合いは手作りの体験コーナーで、風車を作ったり、弓矢鉄砲や水鉄砲を作ったり(作ってもらったり!)

2012_8_30_2_2男たちは水辺でたわむれたりと、暑い中楽しむことができました。

無料のボンネットバスと車に分かれて、岬の分教場。

最後にエンジェルロードを回ってフェリー乗り場へ。

横になるものもいれば、すれ違うフェリーに両手を振り、振り返してもらったと大喜びするものたち・・・。

夜は焼肉!と出かけたものの、お店は5組以上の待ち状態。

ならばと近くの道頓堀へ。

お好み焼きをお腹いっぱいいただいた。

その後は社宅の庭!で花火。

おすぎも久しぶりに花火を楽しんだ。

そして日曜日。

せっかく水着を持ってきているので海に行こうということになり、少し前にNHKテレビでたまたま見ていた「無人島・蔦島」に向った。

誰かが書いていたブログでは「簡単な食べ物はある」ようだったが、念のためサンドイッチとおにぎりを少し買った。

ナビを合わせたつもりが、釣り場に出てしまい、迷いながら船着き場に。

そこでもらったパンフには「無人島のため、食べ物・飲み物は各自ご持参下さい」

とりあえず飲み物を補給し、島から戻ってきた渡し船に乗り込んだ。

貸し切りで5分ほどで到着。

貸室1,500円との表示。

5人で7,500円か…と「海の家」感覚でいたら、1区画3畳スペースで1,500円。ござ付き!

まだ、2組ほどしか客はいなかったので、ゆったりと貸室を使わしてもらった。

昔は「海の家」だったと思われるところは廃墟。

船着き場で飲み物を売っている以外は食べ物は無し。

2012_8_30_3_2でも、海はきれい!

人は少ない!

トイレもきれいだし、水だけどシャワーは使える。

2012_8_30_4_25人で一緒に海に来たのはいつ以来だろうかと考えたが、思い出せなかった。

海に入っている子どもたちを残して、連れ合いと島の探検に出かけた。

2012_8_30_6_2社らしき建物が見えていたのでそこに行こうと思っていたが、出たところは天狗神社。

島を一望できる高台にあった。

2012_8_30_5_2海に入ることには満足したが、サンドイッチとおにぎりでは満腹にならない。

少し早めに島を出て、行きつけになっているうどん屋さんに向かう。

満腹になったところで買い物に寄り、社宅に戻って遅めのお昼寝タイム。

夕食は少し早目に自宅焼肉を食べ、先に帰る娘とおすぎは深夜バスの出る高松へ向かうことに。

この日で家族5人そろっての夏休みはおしまい。

おかげで、久しぶりに海に入ることもでき、5人そろっての楽しい夏休みを過ごすことができた。

社宅の玄関前でタイマーで写真を撮った。

「こんどの週末はどうしよう・・・」と少しさみしげな息子であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

2012_夏の終わりに①

今日は8月29日

カレンダー的には夏(休み)が終わろうとしている。

が、この連日の暑さは何なのだろう。

明け方はだいぶ涼しさを感じられるようになったものの

毎晩、熱帯夜続きである。

久しくブログの更新を怠ってしまい

ときどき覗いてくれていた大学生の息子からもダメ出しをもらってしまった。

「ピースって名前がついているのに、原爆の日にも終戦記念日にも何にも書いてない・・・」

言い訳をすれば

以前、年内にはリフォームをするつもりで動き始めたことを書いたが

これが6月の中旬以降、トントン(どんどん?)と話が進み

7月の上旬から着工ということになったのだ。

家の周りを片づけ

家の中の要らないものを整理し

家具の一時置き場にコンテナを借り

仮住まいになるマンスリーマンションを借り

レンタカーを借りて荷物を運び

「住みながら」のリフォームのため、工事が始まってからも家の中で荷物を何度も動かした。

2012_8_29_1まぁ、リフォームについてはまた別に書きたいと思っていますが。

8月のお盆前に工事は終わったものの、その後の荷物の搬入・整理ですっかり疲れてしまったというわけです。

2012_8_29_2日もつまり、夕焼けもちょっと秋っぽくなったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »