« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

間もなく取り壊される生家を訪ねて(9連休3日目)

おすぎが高校卒業までの18年間住んでいた実家が間もなく取り壊される。

戦後、父と母が結婚して間もなく建てた家で、その後少しずつ建て増しをしたものだ。

6年前に母親が倒れて病院や施設を転々とし始めてからは、弟が一人で住んでいた。

その母親も3年前に他界し、一時は弟もその家を離れることを考えていたようだが、

ありがたいことにそれ以降も一人でその家に暮らし続けていたのだ。

しかし古い家で、作りもそんなに立派なわけではなく、あちこちにガタがきていた。

一人暮らしにはそんなに広い家は必要ないということで、取り壊して建て替えをすることになったのだ。

2012_4_30_1先日、その弟からの電話で、5月中には取り壊しが始まるとの知らせを受けていた。

あちこちに古いガラクタが詰め込んであり、片づけも大変のようだ。

2012_4_30_2連休には少し手伝いに行こうと思っていたのだが、

結局、手伝いではなく古い家の見納めにとみんなでバーベキューをすることになった。

2012_4_30_3兄貴に連絡をし、我が家と合わせて10名近くの集まりとなった。

飲んで食べて騒いで、結局弟には迷惑をかけてしまった。

おすぎがこの家に住んでいたのは18年だが、それ以降も何かあるたびに2012_4_30_4_2
帰り訪ねた。

最近は墓参りの際に寄ることがほとんどなのだが・・・。

どんなオンボロ家でも、あればそこは実家なのだが、新しく建った家は実家ではない。

そんなことはこちらの勝手で弟には申し訳ないのだが、やはりさみしくはなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

ゆったりと野火止用水・平林寺・竹山うどん!(9連休2日目)

ウォーキングフェスタの2日目に出かけるつもりで5時半に起き出した。

が、左足のスネの辺りが痛い。

足首の少し上あたり。

腫れているし、少し熱を持っている。

2012_4_29_1最初は靴のべろに当たりこすれて痛いのだと思っていたのだが、傷ついているのでもなく赤くなってもいない。

そんなに強い痛みではないのだが、疲労骨折を疑えないこともない。

2012_4_29_2今日は無理はしないことにした。

が、家の中に閉じこもっていられるような天気ではない。

10時過ぎにみんなが起きてくるのを待って、竹山うどんと平林寺散策を提2012_4_29_3
案した。

この組み合わせは絶妙である。

みんなOKだ。

2012_4_29_4竹山うどんが混む前に行こうということになり、早めに家を出た。

新座駅から10分ほど歩くと野火止用水沿いに出られる。

野火止公園に続く緑の木立ちの中をのんびりと歩き始めた。

2012_4_29_5野鳥の森公園や平林寺の木立ちの写真を撮りながら、べらべらとおしゃべりしながら・・・。

竹山うどんに到着。

2012_4_29_6早い時間だったので、余裕で座れた。

おすぎは竹山うどんと山菜ごはんのセットを頼んだ。

もちろんビールもお願いした。

2012_4_29_7おまけにデザートも久しぶりにいただいた。

満足・満腹となったところで再びお散歩を再開。

平林寺の手前にある睡足軒の森で「光雲展」が開催されていて

2012_4_29_8陶芸や彫刻、版画などいろいろな分野の展示が行われていた。

12時半に平林寺に到着。

拝観料はちょっと高いなぁと思いつつ4人分2千円也を払ってパンフレット2012_4_29_9
と短冊(しおり)をもらう。

「平常心是道」と書かれていた。(「びょうじょうしんこれどう」と読むとのこと)

2012_4_29_10お正月にも来ているが、境内をゆっくり散策するのは久しぶりだ。

以前はなかった散策路ができていたり、少し荒れた風情の場所がきれいに整備されたりしていた。

2012_4_29_11平林寺堀にも水が流れていた。

秋のもみじもいいのだが、新緑のもみじも生き生きとしていてまたいい。

子どもたちは木からぶら下がっている尺取虫?にキャーキャー言ってい2012_4_29_12
る。

とその先でおばさま方が後ずさり・・・。

2メートル近い青大将がゆったりと落ち葉の上を進んでいた。

2012_4_29_13進む先々に緑のトンネルが広がり、目も心も洗われる思いだ。

残しておきたいとシャッターを押すが、写真にすると少し違ったものになってしまう。

2012_4_29_141時間ほどかけて境内をぐるりと一周し、出口にたどり着いた。

再び野火止用水に出て、家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

2012_ウォーキングフェスタ東京を歩く(9連休初日)

2012_4_28_1土曜休暇とメーデー休暇+αで9連休となった初日の今日

ウォーキングフェスタ東京の1日目を歩いた。

一昨年まで、このイベントは「東京国際スリーデーマーチ」として、5月の連2012_4_28_2
休に3日間行われていたもの。

昨年から2日間のイベントとして4月末に開催されることになっていたが、昨年は震災の影響で中止に。

2012_4_28_3実質2日間になっての初めての開催になる。

2日間になって、コースも距離も見直され、それまでの3コース・最長40キロが2コース・最長30キロと短縮された。

2012_4_28_4また、初めての試みとして、30キロコースのゼッケンにバーコードを印刷し、記録を残すことになったようだ。

事前登録者には名前とタイム入りの完歩賞が発行される。

2012_4_28_56時半に家を出て、会場の小金井公園に7時半過ぎに到着。

スリーデーマーチに比べると規模が縮小した印象を受ける。

事前申込受付のテントに向かい、30キロコースの受付の列に並ぶ。

2012_4_28_6事前に送られてきていたバーコード付きのゼッケンから申込書を切り離して待つが、なかなか列が進まない。

申込書と引き換えに記念品の入った袋を渡すだけなら、そんなに手間取らないはずなのに・・・。

2012_4_28_7受付に近づくと「支払いは?」「振込」というやり取りが聞こえてきた。

どうやら参加費の支払い方法を確認しているようだ。

そんなのここで確認しなくったってわかるでしょう・・・と思いながら受付を済2012_4_28_8
ませた。

「Peace!」と一言メッセージを書いたゼッケンをリュックにつけ、マップを確認する。

2012_4_28_9深大寺や野川公園を巡るハナミズキルートか多摩湖・玉川上水を巡るサクラルート

前夜まで雨が降っていたので、玉川上水沿いはぬかるんでいるはず・・・

2012_4_28_10ということで、今日はハナミズキコースの30キロを歩くことにした。

メインステージ前にコースごとに並ぶと、少なめと思っていた参加者が結構多いことに気がついた。

2012_4_28_11司会者が「30キロコースの参加者は約千名」と言っていたのもうなづける。

8時過ぎから出発式が始まり、8時20分にスタートとなった。

2012_4_28_12が、ここでもスタート印、水の配布、そしてバーコードの読み取りと結構時間を取られた。

小金井公園の緑の中を抜けてすぐに玉川上水の遊歩道に入る。

2012_4_28_13雨上がりの新緑がまぶしい。

三鷹駅の手前で中央線のガードをくぐり南口へ。

さらに南下して三鷹市役所前をとおり、深大寺に向かう。

2012_4_28_1410時少し前に神代植物公園に到着。

緑の中を抜けていくと深大寺のお蕎麦屋さん街へ。

残念ながら準備中の店ばかりで、お蕎麦はお預け・・・。

2012_4_28_15チェックポイントでスタンプを押してもらう。

深大寺を抜けるとすぐに野川沿いに出る。

川沿いにほぼ満開の菜の花がきれいに咲いている。

2012_4_28_16しばらく行くと野川公園。

改めてその緑の多さと管理がしっかりしている様子に感心する。

「ハナミズキルート」にふさわしく、あちこちに白やピンクの花水木がきれい2012_4_28_17
に咲いている。

ここでチェックポイント。10キロコースと合流。

小金井自動車教習所の脇をとおり、国分寺方面へ向かう。

2012_4_28_18お鷹の道を抜け、武蔵国分寺跡へ。

小学校の入り口の壁が見事だったのでパチリ! 

府中市立武蔵台小学校と表札が出ていた。

2012_4_28_19しばらく歩いて国立の学園通りに出る。

谷保駅の脇を通り抜けるとすぐに谷保天満宮の鳥居が見えてくる。

ここでチェックポイント。

2012_4_28_20ぐるりと回り込み、立川寄りの一方通行の通りを中央線目指して進む。

ガードをくぐり、恋ヶ窪方面に向かう。

おすぎが若かりし頃住んでいた街だ。

2012_4_28_21さすがに30年も経っているので町の様子は変わっているが、懐かしい建物も目に付いた。

恋ヶ窪駅から北に進んでいくと久右衛門橋で玉川上水にぶつかる。

2012_4_28_22ここでサクラルートの20・30キロコースと合流。

再び多くなったウォーカーと一緒に、少しぬかるんでいる玉川上水の遊歩道を小金井公園目指して進む。

2012_4_28_233時少し前にゴール!

バーコードを読み込んでもらい、マップにゴール印を押してもらう。

完歩賞発行のテントに行き、ゼッケンのバーコードを見せて少し待つと

2012_4_28_24名前と時間の印字された完歩賞がプリンターから打ち出されてきた。

協賛企業のカゴメのテントで飲み物を配っていたが、列の長さを見てあきらめた。

ビールを飲みたい気持ちもあったが、夕方用事があることを思い出し、水だけにした。

今日は気温が高かったこともあり、Tシャツ1枚で気持ちよく歩けた。

30キロコースだったが、実質35キロあったようで、かなりバテバテだ。

明日も30キロを歩けるだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

4月中旬、それぞれの日曜日(「平和」は我が家から…159)

冷たい雨もあがり、春の日差しが戻ってきた4月半ばの日曜日。

「7時半か8時ぐらいには起こしてね」と言われていたので、そろそろ起こそうかと思っていたら、8時ちょっと過ぎに連れ合いは着替えて起きてきた。

今日、明日と1泊で娘と一緒に富士山方面に出かけることになっている。

娘も続いて起きてきた。

「やっぱり抗うつ剤は効くわね。シャキッとする。」と連れ合い。

「それ飲むといつもの自分に戻るの? 眠くない?」と娘。

なんかいまひとつかみ合わない会話・・・。

「新東名も開通したし、河口湖もさくら祭りやってるっていうから混むと思ったけど、高速は順調に流れているらしいよ」と私。

昨日の残りのシチューを温めて食べさせ、9時前に娘の運転する車で二人は出かけて行った。

と同時に大学生の息子が起きてきた。

朝ごはん代わり?にヨーグルトを食べ、母親に頼まれた自転車を駅まで取りに行くと歩いて出かけた。

私はと言えば、ここのところ忙しくて更新がおろそかになっていたホームページの更新作業を朝から始めていた。

お昼はスパゲティをゆでて、息子と二人で食べた。

と娘からメールが入った。

本文なしのメールに母親が、ほうとうらしきものを食べている写真が添付してあった。

買い物に出かけるという息子を送り出し、3時前にはホームページの更新作業も完了した。

2012_4_15_3天気もいいので、久しぶりに野火止用水から平林寺を回ってみることにし、ウォーキングに出かけた。

桜はかなり散ってしまっていたが、菜の花はまだ十分咲いていて、柔らかそうな若葉が広がってきていた。

2012_4_15_1と、四国にいる息子から「なう」というメールに海の写真が添付されてきた。

結構きれいそうな海の写真だったので、「どこ」と返すと「家の近く」との返事。

2012_4_15_2ここには砂浜はないらしいが、少し離れたところに海水浴場があるらしいとのこと。

しばらくして届いたメールには高台から撮った写真が添付してあった。

2012_4_15_6ひとり暮らしと新しい職場に移って2週間。

町を巡ってみる余裕が出てきたようだ。

しばらく歩いて平林寺に着いたが、門が閉まっている。

2012_4_15_4今日はお休みのようだ。

帰りに肉の万世に寄って、カツサンドを買った。

お正月の初詣での帰りに買った以来で久しぶりだ。

2012_4_15_5おまけに万世オリジナルの牛タン塩味のうまい棒をもらった。

家に帰り着き、お腹を空かせていた息子と美味しくいただいた。

夜ご飯の用意をし(今夜は唐揚げ!)、食べ始めたところに、今度は連れ合いから娘の食事の様子が写ったメールが届いた。

春らしい4月半ばの日曜日の一日。

それぞれがそれぞれに過ごした一日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

2012_4_8_黒目川の桜・柳瀬川の桜

2012_4_8_1今日は晴天の日曜日。

10時からは町内会の総会があるので、それに間に合うようにと8時前にウォーキングに出かけた。

2012_4_8_2行き先は黒目川。

「黒目川花まつり」が昨日、今日の日程で行われている。

ちょうど桜も満開になり、今年はどんぴしゃの開催となった。

2012_4_8_3まだ早い時間だったのでお店などは準備中だったが、河原には場所取りのブルーシートがあちこちに張り巡らされていた。

昼時には混雑するにちがいない。

2012_4_8_4花広場の菜の花もまだ残っていて、桜と両方を眺めることができる。

黒目川を挟んで両岸沿いに桜が見事に咲き誇っている。

町内会の総会に出席をし、出かけていた娘が帰ってくるのを待って、車で
2012_4_8_5清瀬の柳瀬川に向かった。

午後2時も回ったので駐車場は空き始めたのではないかと思っていたのだが、大間違い。

2012_4_8_6仮駐車場のグラウンドには車がびっしり。

場内を2周したが空きが見つからず、とりあえずいったん外に出ようと出口方面の車列に加わった。

2012_4_8_7ら、ちょうど図書館前に駐車していた1台が出たそうにしているのが目に入り、「どうぞ、どうぞ」と出してあげ、その後に停めさせていただいた。

混雑しているコンビニで食べ物・飲み物を仕入れ、桜を眺めながら川沿いの土手を歩いた。

2012_4_8_8去年までは家族5人の花見だったが、今年は上の息子が四国なので4人。

メール添付で花見の写真を送ってみた。

「こっちも桜咲いています」と1行返ってきた。

まぁ、とりあえずは元気にしているようだ。

桜の下をくぐり抜け、対岸に回って桜並木を眺めながら帰路に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

転勤息子とアンパンマン列車で四国入り(「平和」は我が家から...158)

入社2年目からは四国支社勤務になる上の息子。

昨日(4/1)が引っ越しで、その手伝いのために連れ合いと一緒に3人で四国に向かった・・・

はずであったが、相変わらずのドジ珍道中で・・・

最寄駅で乗車券を買うのにもたついてしまい1本乗り遅れ

東京駅でダッシュすれば予定の新幹線に乗れるはずが

またまた、ここでも乗り換えでトラブってしまい・・・

結局、時間変更をしてもらい新幹線に乗車した。

さい先の悪いスタートかな・・・とちょっと暗い気持ちになりかけたが、

そこは我が連れ合い!

雑誌を読もうと(老)眼鏡をかけた後、レンズがあるはずのところから指を出して

「あれっレンズがない!」

雑誌がぼやけるのでおかしいと思い、初めてレンズがないことに気がついたとのこと。

家を出るときにあわてて持ってきたのだが、レンズがどこかに落ちてしまったようだ。

2012_4_2_1そんなこんなで岡山に到着。

ここから特急に乗り継ぎ。

ホームに入ってきた列車はアンパンマン列車!

2012_4_2_2親子連れや小さい子どもたちが列車の前で写真を撮っている。

瀬戸大橋を渡り、アンパンマン列車で息子の新天地・四国入りだ。

支社の方が迎えに来てくださり、社宅に案内してもらう。

2012_4_2_3一人暮らしにはアパートがちょうどいいのだが、社宅が空いたからと4DKの一軒家をあてがわれたのだ。

2軒建っている社宅の一方の鍵を渡され入室。

カーテンはクリーニングに出しているから間に合わないと言われていたのだが、ちゃんとかかっている。

それに、それぞれの部屋が事前にいただいた写真と違っていて立派なのだ。

息子がもらった鍵を確認すると、キーホルダーに書かれた社宅の住所が上司用のものだった。

あわてて、開け放した窓を閉め、使ったトイレを確認して、案内してくれた方に電話。

戻ってきた支社の方は恐縮しながら新しい鍵を渡してくれた。

引っ越しの荷物が届くまでに少し時間がありそうだったので、おすぎはワンパターンのお散歩に出かけた。

四国八十八箇所の札所の一つが近くにあることは調べてあったので、そこにご挨拶し、スーパーなどが集中しているモールで買い物をして戻った。

3時過ぎに、引っ越しの荷物が届き、息子よりは連れ合いがてきぱきと動いてさばいていった。

荷物をほどき、息子は引っ越し挨拶用のクッキーを持って、隣の社宅の上司と一緒に近所の挨拶回りに出かけた。

この近隣は町内会が「しっかり」しており、引っ越したら必ず一軒一軒挨拶に行くようにと転勤の書類に書かれていた。

引っ越し前に急きょ買った中古のワゴンRも届いた。

6時も過ぎ、おすぎたちが今夜寝る布団も手配しなければならず、息子の運転でモールに出かけた。

地元ナンバーの車は結構ビュンビュン飛ばしている。

前任者からは、車の運転は荒いし、年寄りのドライバーが多いので気を付けた方がいいと言われたとのこと。

布団を2セット買ったら、それで後ろの座席と荷台はいっぱい!

一度戻り再度買い出しに。

台所用品や当面の食べ物やらカラーボックス、テーブル、テレビのケーブル・・・夕食のお弁当!

テレビが映るようになり、ひと安心。

パソコンの設置やら、テーブル・カラーボックスの組み立て・・・

動きの悪い息子をあきらめつつ、父母で頑張る。

2012_4_2_4翌朝は6時前に起きだし、海まで歩いて行ってみた。

海と言っても砂浜はなく、沖に大きな船が係留してあり、造船所地帯のようだ。

散歩を終えて帰ると息子が起きだしてきて

「お父さん、体調悪い…熱が8度4分ある」とのこと。

夜中に一度起きだし、バッファリンを飲んだとのこと。

もう一度熱を測ってみると、38.7℃。

インフルエンザ!?

インフルエンザだったら会社行けないし…、かと言って転勤初日からいきなり休むのもどうだろう?

とりあえずマスクをして出社し、体調が悪い旨伝えて早く帰らせてもらうことにして車で会社近くまで送っていった。

しばらくしてメールが入り、異動の挨拶だけして帰らせてもらえることになったとのこと。

迎えに行って、そのまま近くの病院に連れて行った。

1時間以上かかったが、結局幸いなことにインフルエンザではなく、ウイルス性腸炎との診断。

お腹もゆるく痛かったとのこと。

昨日の動きの悪さはそのためだったの?

2日の午後には父母とも帰る予定でいたのだが、熱を出して寝ている息子をおいて帰るわけにも行かず、

連れ合いが残ることになった。

2012_4_2_5もう一度必要な買い物をするために二人で車で出かけ、ついでにちょっと離れた次の札所まで足を延ばした。

わずかに桜が開き始めていた。

息子と、家で待っている娘と下の息子の御守をいただき、お弁当を買って帰った。

「四国に行ったら、おいしい寿司を食べようね」って言ってたのに、結局今回はいなり寿司とのり巻きで終わってしまった。

自宅までざっと6時間はかかるので、2時過ぎには四国を後にして、おすぎのみ一人で帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »