« おすぎの誕生日と息子の巣立ちを祝う(「平和」は我が家から・・・157) | トップページ | 2012_4_8_黒目川の桜・柳瀬川の桜 »

2012年4月 2日 (月)

転勤息子とアンパンマン列車で四国入り(「平和」は我が家から...158)

入社2年目からは四国支社勤務になる上の息子。

昨日(4/1)が引っ越しで、その手伝いのために連れ合いと一緒に3人で四国に向かった・・・

はずであったが、相変わらずのドジ珍道中で・・・

最寄駅で乗車券を買うのにもたついてしまい1本乗り遅れ

東京駅でダッシュすれば予定の新幹線に乗れるはずが

またまた、ここでも乗り換えでトラブってしまい・・・

結局、時間変更をしてもらい新幹線に乗車した。

さい先の悪いスタートかな・・・とちょっと暗い気持ちになりかけたが、

そこは我が連れ合い!

雑誌を読もうと(老)眼鏡をかけた後、レンズがあるはずのところから指を出して

「あれっレンズがない!」

雑誌がぼやけるのでおかしいと思い、初めてレンズがないことに気がついたとのこと。

家を出るときにあわてて持ってきたのだが、レンズがどこかに落ちてしまったようだ。

2012_4_2_1そんなこんなで岡山に到着。

ここから特急に乗り継ぎ。

ホームに入ってきた列車はアンパンマン列車!

2012_4_2_2親子連れや小さい子どもたちが列車の前で写真を撮っている。

瀬戸大橋を渡り、アンパンマン列車で息子の新天地・四国入りだ。

支社の方が迎えに来てくださり、社宅に案内してもらう。

2012_4_2_3一人暮らしにはアパートがちょうどいいのだが、社宅が空いたからと4DKの一軒家をあてがわれたのだ。

2軒建っている社宅の一方の鍵を渡され入室。

カーテンはクリーニングに出しているから間に合わないと言われていたのだが、ちゃんとかかっている。

それに、それぞれの部屋が事前にいただいた写真と違っていて立派なのだ。

息子がもらった鍵を確認すると、キーホルダーに書かれた社宅の住所が上司用のものだった。

あわてて、開け放した窓を閉め、使ったトイレを確認して、案内してくれた方に電話。

戻ってきた支社の方は恐縮しながら新しい鍵を渡してくれた。

引っ越しの荷物が届くまでに少し時間がありそうだったので、おすぎはワンパターンのお散歩に出かけた。

四国八十八箇所の札所の一つが近くにあることは調べてあったので、そこにご挨拶し、スーパーなどが集中しているモールで買い物をして戻った。

3時過ぎに、引っ越しの荷物が届き、息子よりは連れ合いがてきぱきと動いてさばいていった。

荷物をほどき、息子は引っ越し挨拶用のクッキーを持って、隣の社宅の上司と一緒に近所の挨拶回りに出かけた。

この近隣は町内会が「しっかり」しており、引っ越したら必ず一軒一軒挨拶に行くようにと転勤の書類に書かれていた。

引っ越し前に急きょ買った中古のワゴンRも届いた。

6時も過ぎ、おすぎたちが今夜寝る布団も手配しなければならず、息子の運転でモールに出かけた。

地元ナンバーの車は結構ビュンビュン飛ばしている。

前任者からは、車の運転は荒いし、年寄りのドライバーが多いので気を付けた方がいいと言われたとのこと。

布団を2セット買ったら、それで後ろの座席と荷台はいっぱい!

一度戻り再度買い出しに。

台所用品や当面の食べ物やらカラーボックス、テーブル、テレビのケーブル・・・夕食のお弁当!

テレビが映るようになり、ひと安心。

パソコンの設置やら、テーブル・カラーボックスの組み立て・・・

動きの悪い息子をあきらめつつ、父母で頑張る。

2012_4_2_4翌朝は6時前に起きだし、海まで歩いて行ってみた。

海と言っても砂浜はなく、沖に大きな船が係留してあり、造船所地帯のようだ。

散歩を終えて帰ると息子が起きだしてきて

「お父さん、体調悪い…熱が8度4分ある」とのこと。

夜中に一度起きだし、バッファリンを飲んだとのこと。

もう一度熱を測ってみると、38.7℃。

インフルエンザ!?

インフルエンザだったら会社行けないし…、かと言って転勤初日からいきなり休むのもどうだろう?

とりあえずマスクをして出社し、体調が悪い旨伝えて早く帰らせてもらうことにして車で会社近くまで送っていった。

しばらくしてメールが入り、異動の挨拶だけして帰らせてもらえることになったとのこと。

迎えに行って、そのまま近くの病院に連れて行った。

1時間以上かかったが、結局幸いなことにインフルエンザではなく、ウイルス性腸炎との診断。

お腹もゆるく痛かったとのこと。

昨日の動きの悪さはそのためだったの?

2日の午後には父母とも帰る予定でいたのだが、熱を出して寝ている息子をおいて帰るわけにも行かず、

連れ合いが残ることになった。

2012_4_2_5もう一度必要な買い物をするために二人で車で出かけ、ついでにちょっと離れた次の札所まで足を延ばした。

わずかに桜が開き始めていた。

息子と、家で待っている娘と下の息子の御守をいただき、お弁当を買って帰った。

「四国に行ったら、おいしい寿司を食べようね」って言ってたのに、結局今回はいなり寿司とのり巻きで終わってしまった。

自宅までざっと6時間はかかるので、2時過ぎには四国を後にして、おすぎのみ一人で帰途についた。

|

« おすぎの誕生日と息子の巣立ちを祝う(「平和」は我が家から・・・157) | トップページ | 2012_4_8_黒目川の桜・柳瀬川の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転勤息子とアンパンマン列車で四国入り(「平和」は我が家から...158):

« おすぎの誕生日と息子の巣立ちを祝う(「平和」は我が家から・・・157) | トップページ | 2012_4_8_黒目川の桜・柳瀬川の桜 »