« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月28日 (土)

連れ合いがウツになりまして…②「家事しません(宣)言」から1か月(「平和」は我が家から…154)

連れ合いがうつ病と診断されてから1か月。

朝早く起きたり、家事をするのがつらいということで

「しばらく家事はしません」と宣言してから1か月が経過した。

お正月の準備を始めるところでのリタイアで、大掃除はおすぎと子どもたちで手分けしてできるところをやった。

おせち料理は姉ちゃんと下の息子が指示をもらいつつ、煮たり炒めたり詰めたりした。

お雑煮はおすぎがこしらえた。

2012_1_28姉ちゃんが家事の分担表を作成した。

おすぎは火・木・土の夕食づくりと洗濯を担当することに。

姉ちゃんは月・水の夕食と洗濯物干し。

2012_1_28_2上の息子は洗濯物をたたむ。

下の大学生の息子は金曜日の夕食。

日曜日の夕食は姉ちゃんと大学生の息子で作る。

分担表には入っていないが、朝ごはんとお弁当づくりはおすぎが作ろうと決意した。

9日までは大学生もおすぎも休みだったので、比較的余裕を持って家事もできたが、休み明けの10日からはぐっとハードになってきた。

6時に出かける上の息子の朝ごはんを用意して送り出し、お弁当と残りの朝ごはんの用意をする。

お弁当は姉ちゃんと大学生の息子とおすぎの分を3つ作り、連れ合いの分もお昼のおかずを用意する。

出勤までの残された時間で手際よくできればいいのだが、段取りの悪さと時間に追われてバタバタとしてしまう。

「あるもので食べるからいいよ」と連れ合いは言うが、食べないまま過ごされても困るので、用意することにした。

姉ちゃんと大学生の息子もがんばって夕食づくりをやっている。

1か月経って、少しは要領もわかってきたのだが、担当の日は朝から夕ごはん何にしようと悩んでしまう。

お弁当のおかずも結構悩むし、卵焼きの味もなかなか安定しない。

掃除は日曜日の午後にまとめて、連れ合いを除いた4人で分担してやっている。

連れ合いも調子のよいときには一緒に台所に立ったり、出かけたりもする。

が、波があるようで、食事以外は横になっている日も多いようだ。

1か月単位で考えて、少しずつ良くなっていってくれればと思う。

おすぎも2月に入ると早出・残業もあり、しばらく忙しい。

が、何とか乗り切っていきたいと思っている。

それにしても寒い毎日が続いていますねぇ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

意外な我が家の「ホットスポット」(放射線測定してみました)

先日、ガイガーカウンター(放射線測定器)を借りられる機会があり、我が家の放射線測定をしてみました。

みんなが寄り集まるリビングは0.056マイクロシーベルト(以下、単位省略)

1階の和室は0.048

2012_1_25_12階の3部屋は、それぞれ0.054、0.056、0.058とほとんど差はなかった。

2階のベランダも0.064と思ったほど高くはなかった。

が、トイレは1階が0.081、2階が0.078と他と比べて高い数値を示した。

2012_1_25_2外回りは、2階の小さな屋根から雨水が流れて溜まる樋の下が0.104

2階の大屋根から雨水が集まってくる樋の下が0.110と予想通り高かった。

さらに、その流れ落ちてきた雨水が鉢植えでせき止められてできた汚泥のところは最高で0.118を示した。

2012_1_25_30.1を超えているところは、時間のある時に「除染」をした方がよさそうだ。

それにしても、外の雨水が溜まりやすい場所の数値が高いのはわかるが、

2012_1_25_4何でトイレが高いのか疑問になり、もう一度調べてみた。

トイレの便座の上で0.081だったが、タンクの方に近づけて測ると0.09を超える値を示した。

もしや、陶器のタンクの内側に溜まっているものがあるのかと、ブラシでこ
すり何度か水を流してもう一度測ってみたが、数値はほとんど変わらなかった。

2階のトイレも連れ合いが金たわしでこすったが、値はほとんど変わらなかった。

水の中に入っていた物質が溜まったのか、窓から入り込んだ土埃に含まれていた物質が溜まっているのかは定かではないが、何とも不思議だ。

「これからは、トイレでゆっくりできないね」と連れ合い。

「いや、少し前かがみで座れば大丈夫だよ」と私。

外の数値が高かったところの「除染」が終わったら、またカウンターを借りて測定してみたい。

※上記の測定値は、地面(床)の高さのものもあり、机の高さのものもあります。
また、測定場所に2分程度置いた後の数値を見て記入ていますが、上がったり下がったりして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

雪道のバスは遅っそい・・・5センチの雪でもさぁ大変!!

昨晩、眠りにつこうとする時間に上の息子が息せき切って部屋に入ってきた。

「お父さん!雪すっごく降ってるよ!」

そして朝を迎えた。

そっと玄関ドアを開けると外は白かった。

4~5センチぐらいだろうか

でも、ガチガチに凍っているようだ。

交通情報でも特に電車が止まっている話は出ていなかった。

息子は6時過ぎに出かけた。

お弁当を作り、7時10分過ぎに家を出て駅に向かった。

線路沿いを歩いているのに、電車の気配がしない・・・。

もしや、と思ったとおり

駅構内は人でごった返していて、次発の電光掲示は6:50の表示

どこかで倒木があり、運転を見合わせているとの放送。

復旧見通しは8時前後になる模様と駅員の声。

バスと電車の振替乗車券をもらって、どうするか考えた。

バス停には長い行列ができている。

動いている別の路線の駅まで雪道を30分ほど歩くか

バスで西武線の駅まで向かうか

それとも半日休暇をとるか

家に戻る途中で、西武線の駅に向かうバスが見えた。

近くの停留所まで足早に歩き、そのバスに乗った。

が、これがなかなか進まない。

信号待ち

道路混雑

途中のバス停での乗降者

雪道をのろのろと、通常なら25分ぐらいで着くところを1時間5分!

よかったのは、座れていたこと。

乗車駅のひとつ前のバス停で乗ったおかげで、駅で降りた人の席に座れていたのだ。

この長い時間を吊革につかまって揺られていたのでは、どんなにつらかったことか。

西武線の駅に着き、有人改札を通ろうと思ったら、有人改札がない!

切符売り場の列に10分ほど並び、振替乗車券を見せながら駅員さんに聞くと

「1番の自動改札を開けますから、そのまま入ってください」とのこと。

そんなら、もう少しうまい案内の仕方はないの? と思いつつ、恐々と自動改札を入った。

電車を乗り継ぎ、最寄駅で降りて雪道を歩き始めた。

2012_1_24_1雪をかぶった桜の老木が満開の花を咲かせているようだった。

ちょっと足を止めてパチリ!

こっちもパチリ!

2012_1_24_2で、結局10時少し前に職場に着いた。

いつもなら1時間ちょっとで着くところを、2倍以上かかったことになる。

武蔵野線が復旧したのは10時29分だったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

黒と白ときどきグレイ(冬の黒目川)

2012_1_22_1黒目川の土手沿いは

おすぎのウォーキングコースのひとつだ。

この季節はいつものハトやカラスに加えて

2012_1_22_2おすぎの知らない冬の鳥たちがやってきている。

2012_1_22_3白い鳥:白鳥なのかシラサギなのか

黒い鳥:黒鳥なのかクロサギなのか

2012_1_22_6グレイ:灰色の鳥なのか、これから白か黒になる鳥なのか

2012_1_22_7冷たい川の中に佇んでいる。

2012_1_22_5集団で泳いでいる茶色っぽいのは

多分、カモなのだろう。

【追記】2012/2/18

2012_2_18_2白と黒が仲良く泳いでいました。

同じ種類なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

初雪の朝に(2012_1_20_小金井公園)

雪が降ると、ついついウキウキとしてしまう私は

まだ「お子ちゃま」なのかもしれませんね・・・。

6時に出かける息子を送り出すとき

「お父さん、雪降ってるよ!」

さっきまでは雨だったのが雪に変わったようだ。

朝ごはんの用意とお弁当を作り終わると

起きてきた大学生の息子に「電車が遅れるかもしれないから」と言い訳しながら

ちょっと早めに雪の中を職場に向かった。

2012_1_20_1電車を降り、時間があるときには回り道している小金井公園に向かった。

アスファルト道路には雪が積もっていなかったが

2012_1_20_2公園の芝生や枯草の上にはうっすらと積もり始めていた。

木のベンチも雪を載せはじめていた。

去年は1月半ばには咲きはじめていた梅の花も

2012_1_20_3小さなつぼみが雪の中でひっそりしていた。

池の中には見慣れない鳥が寒そうに片足立ちしていた。

これから2~3週間、寒い日が続くのだろうか・・・。2012_1_20_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

土曜出勤歩いて帰宅!(阪神淡路大震災から間もなく17年)

ここ数年、この時期(1/17前後)の出勤した土曜日には職場から自宅まで歩いて帰っている。

まもなく阪神・淡路大震災17年目。

といっても、昨年の3.11以降、震災といえば「東日本大震災」のイメージが強くなったが…。

昼で仕事を終わり、12時10分に職場を出た。

空気は冷たかったが、お日様も出ていて、長距離を歩くにはちょうど良い天気だ。

少し背中が温かくなったが汗をかくこともなかったので、水分補給もせずに歩き続け、2時50分に自宅に到着した。

2時間40分。

15キロくらいあるのかも知れない。

昨年までは、歩いて帰っても、「無駄な体力を使って・・・」と言っていたつれあいも、3.11で当然のように歩いて帰ったことで、歩くことも役に立つと思ってくれたようだ。

次回は3月10日(土)に歩いて帰ろうかと思っている。

【関連記事】

「帰宅難民」 今年も歩いて帰宅(阪神・淡路大震災から16年)(2011/1/16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

成人式を迎えた君に(「平和」は我が家から…153)

今日は成人の日。

我が家の下の息子も市の成人式に出かけた。

君が生まれたのは10月1日。

家の近くの個人医院だった。

確か、9月の末にお兄ちゃんの保育園の運動会があり、それが終わってからがいいねと話していた。

我が家の3番目として生れた君は、3人の中では一番小さな赤ちゃんだった。

といっても、3,580g! 

まぁ、世間的には決して小さくはない。

姉兄がでかく生まれただけだ。

そんな君だったが徐々に大きくなりはじめ、高校生のころにはタテヨコともに我が家で一番大きくなった。

っと、ここまで書いてきて以前にも同じようなことを書いたのでは…と。

ありました!

一番小さいのが一番大きくなって 

---------------------------

今は大学の看護学部の2年生。

人に優しい気持ちはずーっと変わらずに持ち続けている。

つれあいにとっては、心身ともに大きな支えになっている。

4月からは3年生になり、実習も本格的になるようだ。

順調に行けば、2年後には看護師として社会に出ていくことになるだろう。

いままでの20年、そしてこれからの20年、さらにその先の何十年…。

いいことばかりではないかも知れない。

楽しいこともあれば苦しいこともあるだろう。

うれしいこともあれば悲しいこともあるだろう。

でも日常にある小さな喜びを大切にしてほしい。

何気ない日常の幸せを見つけてほしい。

いつまでも人に優しい人であってほしい。

お父さんやお母さんはいつでも君の味方だ。

生まれてきてくれてありがとう。

大きくなってくれてありがとう。

成人おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

2012年の歩き初め(川越街道で喜多院まで)

今年になって、プールに行くためには歩いていたが、「歩くのが目的」で歩いてはいなかった。

今日は1月7日。

松の内も明ける。

というわけで、今日は「歩き初め」となった。

昨日、子どもたちも誘ってみたが色よい返事はもらえず、結局8時少し前に一人で家を出た。

2012_1_7_1ゴールは川越の喜多院。

家からは15~16キロのところ。

一人なら3時間あれば到着する距離だ。

2012_1_7_2写真と信号で止まる以外は休まずに歩き、10時30分過ぎに目的地の喜多院に到着。

7日で土曜日ということもあってか、かなりの人出がありにぎわっていた。

2012_1_7_3250円で甘酒をいただきひと休み。

東上線の川越市駅に向かい帰途についた。

12時少し前に家に到着。

お昼の用意を始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます。

新しい年になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

2012_1_1昨日、今日と結局とびとびですが、スカパーで「24」を見てしまい、口調がすっかりジャックバウワーになってしまいました。

シーズン8(ファイナルシーズン)ということで、ジャックの行く末が心配だったのですが、生きたままエンドロールを迎えることができ、ホッとしています。

そんなわけで、とくにどこかに出かけるわけでもなく、我が家のメンバーは5人そろって家で過ごしています。

今年が、少しでも去年より良い年になることを祈りつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »