« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011年も歩いて日本縦断しました!

2007年から本格的に歩きはじめ、歩数計のオムロンのサイトWalker's indexに登録した。

2011_12_31ここには「日本縦断にチャレンジ」というコーナーがあり、歩数計から毎日歩いた歩数・距離を送信することで、県庁所在地をつないで仮想日本縦断ができるというものだ。

北海道から沖縄まで4,565㎞。毎日の十数キロの積み重ねが列島縦断となるわけだ。

2007年は北海道(札幌)を出発し、349日で沖縄(那覇)に到着。
2008年は逆コースで312日。2009年は321日。
2010年はどんぴしゃの365日。
そして今年も365日かかって、今日沖縄に到着した。

途中で歩数計を洗濯したり、電池切れをおこしたり、持つのを忘れたりで
何日間分かの記録が消えてしまっている。

オムロンのサイトも参加者減が続いているようで、運営が厳しくなり来年3月で閉鎖することとなった。
明日からは別の無料のサイトを探して、また歩く記録を残していきたい。

そして何年後かには、「仮想」ではなく、実際に歩いて日本縦断(一周!)をしたいと思っている。

以下は今年1年間のウォーキング(イベント)の記録である。

(「無駄な体力を使って」という声も聞こえてきそうですが・・・)

2011年11月27日(日)
みずウオーク2011江戸川区大会

2011年11月23日(水)
第13回ゆずの里ウォーク

2011年11月20日(日)
第13回城下町おだわらツーデーマーチ

2011年11月13日(日)
第85回新宿-青梅43キロかち歩き大会

2011年10月8日(土)
第13回港よこはまツーデーマーチの初日40㎞を歩く

2011年10月1日(土)
第4回多摩川ウォーキングフェスタの33㎞を歩く

2011年9月25日(日)
第4回きらり川口ツーデーマーチの2日目33㎞を歩く

2011年7月18日(月)
「復活!武蔵野十里」で7里を歩く

2011年5月21日(土)
飯能新緑ツーデーマーチ(久しぶりのイベントウォークを歩く

2011年5月3日(火)
勝手に武蔵野のワンデーを歩く(「平和」は我が家から・・・143)

2011年3月14日(月)
出勤難民、歩いて出勤!

2011年3月11日(金)
地震は怖い!と改めて思う。帰宅難民歩いて帰宅!

2011年2月27日(日)
東京マラソン_2011「完歩」しました!!

2011年1月15日(土)
「帰宅難民」 今年も歩いて帰宅(阪神・淡路大震災から16年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

おすぎが選ぶ我が家の十大(重大)ニュース2011(「平和」は我が家から…152)

今年も残すところあと一日。

我が家の十大(重大)ニュースを振り返ってみた。

まぁ、今年もいろんなことがあったが、とりあえず家族5人無事に年を越せそうだ。

(以下、順位はつけてあるが「順不同」ということで。ワンコより上だの下だのと言われても困るので…)

【第1位】連れ合いがウツになりまして…
<12月>
直近のニュースがどうしても上位にランクしやすいのは世の常。
年末のここにきて連れ合いがうつ病の確定診断。3か月の家庭内療養に…。

【第2位】娘の入院
<10月>
ストレスもあってか十二指腸潰瘍で入院!1か月の長欠となった。
その後は順調に回復。ほっそりとしたほっぺも回復…。

【第3位】上の息子が社会人に
<4月>
二度目の正直!で何とか社会人に。
大学の卒業式は震災の影響で流れてしまったけれど、
職場には受け入れてもらえたようで、ひと安心。

【第4位】ワンコの死
<8月>
だいぶ長患いしボケボケのワンコがついに昇天…。
16年間も連れ添ったワンコの死。
みんなの心にもぽっかりと穴が空いた。

【第5位】東京マラソンを完歩しました
<2月>
なんと10倍近い抽選を通過してしまい、「エイ、ヤー」とエントリー。
沿道の声援にも後押しされて、無事に制限時間内で完歩!?

【第6位】お風呂が壊れた!!
<9月>
なんと、真夏日!熱帯夜!にお風呂が壊れた!!

【第7位】下の息子が二十歳に!
<10月>
一番小さかった下の息子が一番でかくなり、二十歳の誕生日を迎えた。
心優しくよく気が付く息子。一緒にお酒が飲めるようになってうれしい。

【第8位】義理の弟の入院・生還
<5月>
連れ合いの弟が胃の手術で入院。
手術まではよかったのだが、直後に心肺停止に。
生死の境を彷徨ったのち無事生還!

【第9位】やはり震災は外せません
<3月>
家族それぞれが、それぞれの場所で震災にあった。
直後に原発事故も重なり、「計画停電」とやらに。
記憶に残るロウソク生活も体験。

【第10位】若い人たちの死
今年はおすぎよりも若い方々が相次いで亡くなった。
職場の元同僚の旦那さん。
大学の同級生の死
そして一緒に学童保育運動をしていたおやびんの死
職場の後輩…。

【番外1】我が家のネズミ掃討作戦

【番外2】今年も日本列島歩いて縦断!
2007年から始めた「仮想日本縦断」
1月1日に札幌を出発し、365日目の明日(12/31)無事に那覇に到着予定!
オムロンのサイト(Walker's index)も3月で閉鎖になるとのことで、「仮想日本縦断」も今年が最後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

連れ合いがウツになりまして…(「平和」?は我が家から…151)

この年末にきて、いろいろとあります。

連れ合いが「A医院に行きたいから連れてって」という。

神経科のあるお医者さんだ。

こちらはあまり感じていなかったが、本人は調子が悪かったらしい。

「でも午前中はつらいから午後にして」とのこと。

いつものように午前中はプールに入り、早めに帰宅した。

A医院の診察券を探すと15年前のものが出てきた。

見ると水曜日は「午後休診」

おっと今日は水曜日だ。

明日あたりからは年末年始の休みに入るに違いない。

「行ける?」と聞くと「うん」と答えた。

駐車場に車を止め「一緒に行った方がいい?」と聞くと

「一人で大丈夫。待ってて」とのこと。

(病院の敷居が高いおすぎとしては内心ホッとする)

車の掃除をし、近所をウォーキング。

ふもとの方まで雪化粧した富士山がきれいに見える。

1時間ほどで出てきた連れ合いは「やっぱりうつ病だって」

先生といろいろ話し、症状がどれもこれも一致したらしい。

3か月ぐらいは投薬で治療することになるようだ。

抗うつ剤や睡眠導入剤を処方されたとのこと。

この間、午前中はずーっとつらかったらしい。

家事も苦痛だったようだ。

4月から社会人となった息子の朝が早いため、毎朝5時半起きだし

研究論文で苦しんだり

娘の入院もあったり

弟が生死をさまよったり

3月の震災・原発事故以来、放射能には敏感になっていたし

みんなが出かけた後一緒にいてくれたワンコも亡くなったし

いろいろな要因が積み重なって苦しくなっていたのだろう。

帰ってきた子どもたちにもそれぞれ話をし、

しばらくは家庭内療養ということになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

焼肉食べてコケて(「平和」?は我が家から…150)

日曜日のことだ。

ボーナスも出たことだし、「焼肉!」ということになった。

その予定で、すでに連れ合いが店を探していた。

産地表示のあるところで、放射能の心配をせずに食べられるところだ。

久しぶりの焼肉で、家族5人でお腹いっぱいいただいた。

連れ合いが会計を済ませ、おすぎが先頭で階段を降り始めた。

7時になったばかりだったが、順番待ちの客が階段沿いに並んでいた。

おすぎが階段を降り終わったところで、後ろから悲鳴が聞こえた。

連れ合いが階段を踏み外したようで、待ち客の前でこけていた。

が、すぐに立ち上がり歩き始めたので大丈夫のようだった。

が、次に入ったばかりの本屋からすぐに帰りたそうにしている。

右足が痛いという。

とりあえず家に帰ったが、痛みがひかず、病院に行くことに。

日曜日の夜で受け入れてくれるところがあるかどうか心配だったが

幸い最初に掛けた近所の整形外科で、受け入れてくれるとのこと。

飲んでいない娘の運転で下の息子も付き添って病院に向かった。

1時間後、結局、松葉杖と長靴のように固定されたギブス姿で戻ってきた。

良くて捻挫、悪いと骨折というところらしい。

翌日は娘が時間休をとり、再び病院へ。

職場から携帯メールを入れてみた。

レントゲンを撮ったが、今の段階では骨折しているかどうかは分からないとのこと。

回復時に薄い線が入っていれば骨折(ひび?)だとか・・・。

連れ合いは「大丈夫、歩けるから」とアピールし、ギブスをはずし松葉杖も返したとのこと。

仕事を終え家に帰ると、サポーターで足を引きづりながら痛そうに歩いている連れ合いの姿が・・・。

ほんとに大丈夫?

と思っていたが、今日(水曜日)は昔のお仲間に会うとのことで、不自由な足で出かけて行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

喪中はがきの悲しみ

この時期、喪中を知らせるはがきが届く。

そのなかに、見覚えのない方からのものが混じっていた。

連れ合いの関係かな・・・と一瞬スルーしてしまっていた。

が、亡くなったのはその方の奥様・・・

「えっ!」と声が出てしまった。

53歳のその女性は大学の同窓生だった。

3年前、大学を卒業して28年経って

「同窓会やろうよ」という声が上がり、

おすぎが幹事をして卒業後28年ぶりの同窓会を開いた。

そこで再開した彼女は、同窓会の開催をとても喜んでくれていた。

大学の4年間あこがれていた彼に、28年の時を経てハグされた彼女は

その何とも言えない思いを新聞の読者欄に投稿していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あっという間の4時間でした。

最後の最後にサプライズが。

帰り際に、思えば大学の4年間ずっとあこがれていた人からハグしてもらい、

一瞬にして心は少女に。

50歳をちょっとすぎ、それぞれ進んだ道で頑張っている同窓生の皆、

なんだかんだ言ってもうトシだから、あまり無理をせず。

次回再会する時まで、元気でいましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな彼女が一番先に逝ってしまった。

同窓会からちょうど3年後のこの9月に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »