« 娘の入院(「平和」?は我が家から…149) | トップページ | 皇帝ダリアが見頃を迎えてますね。 »

2011年10月30日 (日)

「志木あらちゃん」(の人出)を見に

大学祭の屋台当番で出かける下の息子を起こし

いっしょに昨夜の残りのハヤシライスを食べた。

息子は7時過ぎに出かけたが、他のメンバーの動きはない。

少し歩いた後でプールに入るつもりで、7時半に家を出た。

空はうすい雲が浮かんでいたが、青空も見えお日様も顔を出していた。

気温もそんなに高くなく、気持ちよく歩くことができた。

2011_10_30_1荒川に近づくとススキが増え始め、秋の深まりを感じさせてくれた。

自転車の一団が気持ちよさそうに土手の上を走り抜けていく。

「そうだ、プールはパスして、あらちゃんを(あらちゃんを見に来た人出を?)見に行こう!」

と思い立ち、荒川の土手を上流に向かった。

いまひとつあらちゃんの出没場所が分からなかったが、

武蔵野線の鉄橋をくぐり、ゴルフ場や少年野球の練習場を抜けていくと、

「秋ヶ瀬取水堰」が見えてきた。

2011_10_30_2近くの駐車場には車が20台ほど停まり、親子連れやらカメラを持った人たちが川面を眺めたり、話したりしていた。

どうやらここが出没場所らしいが、主役の「しきあらちゃん」は今日は登場していないようだ。

2011_10_30_3川に下る土手には、急ごしらえの防護用のオレンジのネットが張ってあった。

駐車場の脇には、屋台が2店出ていた。

川の向こう岸はさいたま市(浦和)だし、少し下流は朝霞市だ。

たまたまアザラシが顔を出した場所が志木市だったというわけだ。

たまたま(10年ほど前には「たまちゃん」というのが多摩川にいましたが・・・)でも、志木市にとっては知名度アップの絶好のチャンス!

アザラシが顔を見せた1週間後の10月18日には「特別住民票」なるものを交付し「志木あらちゃん」と命名した。

志木市のホームページにも「志木あらちゃん日記」を掲載し、ツイッターでは毎日あらちゃん情報を発信している。

まぁ、それに乗せられて、おすぎも足を向けた訳だけれど・・・。

東京湾からここまでは40キロぐらいあるのではないだろうか。

いつまでこの場所にいるのかは分からないけれど、

せっかく遠方から来た客人(アザラシ)を大切にしてほしい。

|

« 娘の入院(「平和」?は我が家から…149) | トップページ | 皇帝ダリアが見頃を迎えてますね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「志木あらちゃん」(の人出)を見に:

« 娘の入院(「平和」?は我が家から…149) | トップページ | 皇帝ダリアが見頃を迎えてますね。 »