« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

東京マラソン_2011「完歩」しました!!

東京マラソン2011

9.6倍の狭き門をくぐり抜けて届いた「当選メール」

エントリーすべきかどうか迷ったものの、「せっかく当たったのだから」と正式エントリー。

連れ合いからは「負担がかかりすぎるから走るのはダメ!」と・・・。

結局、走りのトレーニングはなしで、いつものウォーキングだけで当日を迎えてしまった。

ちょっと早めにと思いつつ、新宿駅に着いたのが7時40分。

そこからぞろぞろと流れにまかせてスタート会場の都庁方面へ。

2011_2_27_3_2 ワシントンホテル前の階段を下りるとその先が入口。ここでゼッケンと計時チップ、荷物の点検。

2011_2_27_4 しばらく並んでトイレを済ませ、リュックスタイルのおすぎは荷物預けはしないで指定されたJブロックに移動。9時10分のスタートを待った。
9時10分、花火の音とともに、拍手と歓声があがった。

無事にゴールまでたどり着けるのかどうかの不安を抱えながらのスタート。

2011_2_27_5_2 「歩くなら何とかなる」と思いつつ、スタートの号砲が鳴ってから11分過ぎにやっとスタートゲートに到着。

スタートゲートを過ぎると皆さんそろそろと走り始めた。

沿道の応援もすごい数。ここからいきなり歩くわけにも行かず、おすぎもとりあえずゆっくりと走り始めた。

2011_2_27_6_2朝の歌舞伎町を抜け、市ヶ谷方面に向かう。
走り始めたのはいいものの、今度はどこから歩きに変えるのかのタイミングがむずかしい。

2011_2_27_7_2 5キロを通過。ゆるいペースで走り続ける。

2011_2_27_8_2 結局、10キロコースの人たちがゴールに近づき、歩き始めたのにあわせておすぎも歩き始めた。ゆっくりとは言え、10キロも走ったのは高校3年生のマラソン大会以来、実に36年ぶりだ。

沿道に人がいなければもっと早くから歩き始めていたことだろう。でも、10キロを走りとおしたことで貯金ができた。残り32キロを1キロ10分のペースで歩いてもゴールできる見通しがたった。制限時間はスタートの号砲から7時間だ。

2011_2_27_9_2日比谷通りを進むと右手に東京タワーが見えてきた。

2011_2_27_10_2そして、早くも品川を折り返してきたランナーと対面。

2011_2_27_11_2 楽しげな方が右側を追い越していく。携帯端末を3つつけて実況中継していたらしい。

2011_2_27_12_2 15キロを通過。地面の赤い部分を通過するときに靴ひもにつけたICチップが反応しデータを取るようだ。

2011_2_27_13_3 ここが品川の折り返し。

2011_2_27_14 AKBの誰かかな?かなり苦しそう。

2011_2_27_15 関門を時間内に通過できなかった選手用の収容バスが折り返し点に向かう。時間が気になりだす。

2011_2_27_16 「うさぎさ~ん、がんばって~!」と沿道から声がかかる。

2011_2_27_17 とことどころに「写真撮影ポイント」があり、そこを通過するときはにっこり手を上げてちょっと走ったりして・・・。

2011_2_27_18 20キロを3時間5分で通過。このあたりから歩く人が増え始める。

2011_2_27_19 給水ポイントごとにお世話になる。

2011_2_27_21 う~ん、やっと半分か・・・。

2011_2_27_22 AEDを背負った自転車の方々がチームで見守っていてくれる。

2011_2_27_28 なんでみんな中腰になって・・・と思ったら、「シュー、シュー」してました。

2011_2_27_29 浅草雷門の折り返し近くです。みなさんおそろいで・・・。

2011_2_27_30 ここからはスカイツリーがバッチリ見えます。

2011_2_27_31 みなさんに支えられて、楽しく走ったり歩いたりできます。

2011_2_27_32 歩いている人が多い中、元気な掛け声の一団が・・・。

2011_2_27_34 30キロ。残り12キロ、2時間!

2011_2_27_35 もうほとんどウォーキング状態です・・・。

2011_2_27_37 おもてなしのミニおにぎりとみそ汁!
バナナやレーズンの提供のほか、沿道の方々が自前のチョコレートやキャンディ、クッキーに黒糖・・・といろいろ用意してくれていたが、一番美味しかったのはこのみそ汁だった。

2011_2_27_38 着ぐるみやかぶりものをした方も多かったが、一番の驚きはこの方!沿道から「キリストさ~ん、がんばって~」「イエッス!」などと声がかかっていた。

2011_2_27_39 ここが最後の関門。無事通過!

2011_2_27_40 と、突然うしろがにぎやかになった。「さぁ、もう3キロないよー、みんな走ろっ!」とQちゃんが元気にみんなに声をかけていた。

2011_2_27_41 40キロ、6時間16分で通過。

2011_2_27_42 あと1キロ。走りたい気持ちもあるのだが、もう無理。

2011_2_27_43 みんなも最後のランならぬウォーク!

2011_2_27_44_2 そしてフィニッシュを迎えた。

6時間37分台でのゴール!!

2011_2_27_45 計時チップをはずしてもらい、引き換えに完走記念のタオルをはおってもらう。完走賞のメダルを首にかけてもらった。

2011_2_27_46 みなさん、いい顔しています。

飲み物、食べ物をいただき、汗だくになったTシャツを着がえて出口へ。
ここから駅までが大混雑で結構時間がかかったのですが・・・。

太ももがパンパンになってしまい、明日の朝が結構心配ですが

とりあえず今日はうれしい気持ちのままで、ぐっすりと眠りたい。

2011_2_27_47 フィニッシャータオルと完走メダルです。

【関連記事】

"to run or not to run"と言うよりは・・・( 東京マラソン2011)(2010/10/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

さようなら「カンダマジック」

昔、お世話になった英語の先生が亡くなった。

77歳だった。

その先生はいつも褒めてくれた。

「あんた、すごいねェ~。そんなことができるの!」

ちょっと問題のある生徒も

入りたての若い教員も

なんだか分からないうちに

すっかり取り込まれてしまうのだ。

穏やかな笑みと

とぼけた会話にみんなが引き込まれてしまう。

マジシャンでも魔法使いでもないけれど

それは「カンダマジック」!

まぁ、ボクの知らないところではいろいろあったのかも知れないけれど

ボクはその「カンダマジック」にすっかり魅了された一人だ。

ずいぶん前に定年退職されていたのだが

3年ほど前に

たまたまウォーキングのイベントで歩いているときに

なんと交差点でバッタリ(ぴったり)出くわした。

「えェ~、20キロも歩くの!あんたすごいねェ~」

とその時もにこやかに笑いながら褒めてくれ

残りの距離を軽い足取りで歩くことができたのだ。

それが先生との最後になってしまった。

ボクは先生のような「マジック」は使えないけれど

たぶん分けてもらったであろうそのタネを

大切にしながら人と接していきたいと

改めて思う。

先生のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

我が家のネズミ掃討作戦(「平和」は我が家から・・・136)

昼に連れ合いからメールが入っていた。

タイトル:「作戦開始」

本文:「本気です。頑張っていきまっしょい」

添付されていた写真のビラを見て笑ってしまった。

---------------------------------------

2011 我が家のネズミ掃討作戦

1 作戦本部設置 

  本部長         ○○○(←大学4年生の息子)

  本部作戦実行委員  ○○○(←大学1年生の息子)

  応援本部長      はは
 
    同 部員      ○○○(悲鳴担当)(←アラサーに近づいた娘)

  顧問          おすぎ(統括) (←ありがとうございます・・・)

2 作戦開始

  第1段階      1階天井裏 次男部屋から侵入し薬剤散布

  第2段階      2階天井裏 長男部屋

  第3段階      電磁波・音波機器設置 1階2階天井裏

  第4段階      侵入路封鎖 侵入路確認・封鎖

  第5段階      侵入路への忌避剤

※足りない薬剤など確認し購入してから作戦を敢行せよ!

-----------------------------------------

本気度が伝わってくるメールだった。

去年の秋口から我が家にネズミが侵入を始めた。

近所の町工場がつぶれ、そこから流れ出たようだ。

隣りもその隣りにもネズミが出没しており

ネズミ捕りに何匹かかったというような話しが聞こえてきた。

最初は戸袋あたりをこそこそとしていたが

天井裏をはい回り、床下をごそごそとかけ回り

ついにはリビングの天井付近で「チューチュウー」鳴き始めた

らしい・・・(というのはおすぎが寝た後で出没するようなのだ)

2011_2_5_1 昨日、家に帰るとテーブルの上に

種々のネズミ退治機器?と薬剤が入ったボックスがおいてあった。

その上には、ご覧のような気合の入ったメモがつけてあったのだ。

おすぎがあんまりあてにならないと判断したようで

息子たちを使っての今日の作戦敢行となったようだ。

夕方、家に帰りつくと

2011_2_5_3 息子たちはひと仕事をなし終えた満足げな顔をしていた。

リビングの天井には激しかった戦いの痕跡が残っていた。

この戦いは勝利することができるのだろうか・・・。

(続く・・・)(←たぶん・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »