« 免許更新(「平和」は我が家から・・・135) | トップページ | 「帰宅難民」 今年も歩いて帰宅(阪神・淡路大震災から16年) »

2011年1月15日 (土)

「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)⑤

ことしも東洋大学「現代学生百人一首」の入選作品が発表された。

東洋大学が1987年の創立100周年記念事業の一つとして始めたもので、「『現代学生のものの見方・生活感覚』を詠み込んだ短歌を募集するコンテスト」で、今回で24回目。

学校単位で取り組むところも増えているようで、昨年を7,000首上回る60,777首もの応募があったという。

ことしの特徴として「就職」をテーマにした作品が例年に比べて目だったとのこと。就職状況の厳しさを反映しているようだ。

ここでは例年にならって、15日に発表されたことしの入選作品のなかから、平和や戦争に関するものを拾ってみた。(昨年より少なめですが・・・また、「就職戦線」は除いています)

東洋大学のサイトを訪れ、中高生(小学生も!)の豊かな感性あふれる短歌をご覧いただきたい。

第24回「東洋大学現代学生百人一首」入選作品

時が経ち皆忘れても碑は語る核の断絶尊い願い
(埼玉県 高校2年生)

長崎のあの夏の日を刻みつけ針は止まった十一時二分
(愛知県 高校2年生)

沖縄は基地より土が似合ってる紙面におどる興南優勝
(東京都 中学3年生)

この他にも、大学が主催している短歌や俳句のコンクールがある。

第9回同志社女子大学短歌コンクール「SEITO百人一首」

戦争と親が子殺す現代と どちらの方が平和といえるの?
(京都府 高校1年生)

訪れし戦地の跡は穏かに 人間魚雷に触れる人々
(徳島県 高校2年生)

第18回江戸川大学全国高校生ケータイ韻文コンテスト
<俳句部門>

戦争を 語るが如く 彼岸花
(岐阜県 高校2年生)

【関連記事】
「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)④(2010/1/17)

「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)③(2008/1/15)

「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)②(2007/1/15)

「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)(2006/1/15)

|

« 免許更新(「平和」は我が家から・・・135) | トップページ | 「帰宅難民」 今年も歩いて帰宅(阪神・淡路大震災から16年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首)⑤:

» 東京 転職 就職 ハローワーク 求人 [東京 転職 就職 ハローワーク 求人]
東京の転職 就職 ハローワーク 求人情報を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 23時16分

« 免許更新(「平和」は我が家から・・・135) | トップページ | 「帰宅難民」 今年も歩いて帰宅(阪神・淡路大震災から16年) »