« バテバテのかち歩き?負け歩き!(第83回新宿―青梅43kmかち歩き大会) | トップページ | 松の腹巻?胴巻き?冬支度・・・そして初氷! »

2010年12月14日 (火)

オノ・ヨーコさんにヒロシマ賞(2010/12/14 朝日新聞「ひと」欄)

今日(12/14)の朝日新聞の「ひと」欄に、オノヨーコさんの記事が載っていた。

「ジョン・レノン没後30年にヒロシマ賞を受賞 オノ・ヨーコさん(77)」というもの。

「ヒロシマ賞」って何? 

最近、「平和」のアンテナが低いおすぎは「ヒロシマ賞」の何たるかがわからなかった。

記事本文は

2010_12_14 「広島から、どんな言葉を発したいですか、と問うと、「『リメンバー・ヒロシマ、ナガサキ』ね」。言下に答えた。「だって、覚えていない人、多いでしょ」。ノーモアと言う前に、世界の人々に原爆の悲惨さを思い起こしてほしいと願う。」
と書かれている。

「代表曲「イマジン」で夫は「平和を想像して」と呼びかけた。「心の中に平和を持てば、行動が違ってくる。一人ひとりが、世界を動かす力を持っているのよ」。それこそが夢を実現する道だと信じる。」

オノ・ヨーコさんは来年7月に、ヒロシマ賞の授賞式と受賞記念展「長崎への道―広島の人々は捧げる―」のために広島を訪れる予定という。

「ヒロシマ賞」については、広島市現代美術館のホームページで勉強させてもらいました。

1989年以降、3年に一度、美術の分野や制作活動で平和に貢献した個人あるいはグループに贈られる賞で、今回が第8回目だということです。

詳しくは→広島市現代美術館

【関連記事】
Imagine<イマジン>(2006/2/12)

|

« バテバテのかち歩き?負け歩き!(第83回新宿―青梅43kmかち歩き大会) | トップページ | 松の腹巻?胴巻き?冬支度・・・そして初氷! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オノ・ヨーコさんにヒロシマ賞(2010/12/14 朝日新聞「ひと」欄):

« バテバテのかち歩き?負け歩き!(第83回新宿―青梅43kmかち歩き大会) | トップページ | 松の腹巻?胴巻き?冬支度・・・そして初氷! »