« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月21日 (日)

強風で足止め/武蔵野十里の七里を歩く(2010/3/21)

昨日のうちに雨と風の対策は済ませておいた。

が、今日の敵はそこではなかった。

夜中3時過ぎに強い風が雨戸をたたきつける音で目が覚めた。

しばらく記憶に無いような家が揺れるほどの強風だ。

風に弱い武蔵野線、もしかしたら・・・。

その後少しうとうとし、5時過ぎに起き出した。

2010_3_21インターネットで電車の運行情報を確認した。

案の定、武蔵野線どころか首都圏のほぼすべての電車が止まっている。

う~ん、これは中止になるかな・・・。

今日の武蔵野十里の40キロの受付は、北浦和公園で7:30~8:30。

しかし、7時になっても武蔵野線が動かない。

念のため埼玉県ウォーキング協会の電話に何度かかけたが、結局出てはもらえなかった。

7時半頃に武蔵野線が動き出したとの情報が流れた。

間に合うかもしれないと準備をし直し、駅に向かおうとしていたら

またもや、「架線に付着物が・・・」で再び運転見合わせに。

これはもう今日は中止だよ、と自分に言い聞かせたが・・・。

9時になるのを待って、東松山のウォーキングセンターに電話を入れた。

「今日の武蔵野十里は中止ですよね?」

「やってますよ」とのお返事。

ならばと、もう一度パンフレットを見直すと、

西大宮出発の25キロコースなら東上線経由でたどり着けることが判った。

25キロコースの受付時間は10時から11時。

ぎりぎり間に合いそうだ。

あきれる連れ合いの「行ってらっしゃい」の声に送られて家を出た。

東上線で川越まで行き、川越線で西大宮に。

2010_3_21_1 そこから西区役所前の受付に到着。

すでに受付のテントをたたむ準備が始まっているなかで受付を済ませ、ゼッケンを記入してスタート印を押してもらう。

2010_3_21_2 10:55の出発。

しばらく16号沿いに歩き、荒川の土手にぶつかって40キロコースと合流する。

2010_3_21_3 川沿いの風は強く、とくに橋のはものすごい突風が吹いていて、帽子どころか身体もガードレールに押し付けられそうだ。

間もなく、川越教育研究所(たしか去年の3月に閉校となった旧古谷東小だ)のチェックポイント。

2010_3_21_4 トイレをお借りし、再び土手の強い風に向かって歩き始めた。

なぐさめは土手一面を延々と覆うからし菜の花だ。

午後1時25分に休憩所になっている川島町の伊草小学校に到着。

2010_3_21_6 トイレをお借りし、バナナキーパーからバナナを取り出して栄養補給。

「あと12キロ!」という係の人の声で送りだされたのが1時半だった。

2010_3_21_5 3時半にはつけるかな・・・。

さすがに今日は強風と電車も止まった関係で参加者が少ない。

いままでに何度か見かけたおそろいの帽子をかぶった小学生たちも今日2010_3_21_9 は来ていなかった。

荒川・都幾川とお別れして東松山市内に入り、一路ウォーキングセンターを目指す。

最後の歩道橋を渡るとそこがゴール。

2010_3_21_10 3時半ちょうどの到着だった。

出発が10時55分。

正味28キロのコースなのでまずまずのタイムだ。

2010_3_21_11 強風に立ち向かって歩いたことを考えれば、よくがんばったと自分をほめたい。(なんちゃって・・・)

ゴールインを押してもらい、完歩賞と豆乳をもらっておにぎりにかぶりついた。

2010_3_21_12 

【関連記事】

春の嵐の中、武蔵野十里を歩く(2009//3/22)

武蔵野十里(歩こう!旅立ちの春、われらの卒業記念(2008/3/23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

切って育てる!(萌芽更新って?)

2010_3_20_1 たしか、こっちにも菜の花畑があったはず

と歩いて出かけたお散歩コース。

着いてみてビックリ!!

そこにあった雑木林が見事に切り倒され

2010_3_20_2 無残にも真新しい切り株が点々と・・・。

なんでこんなに切っちゃうんだ!

と腹を立てつつ歩き回って発見したこの看板。

「萌芽更新」と言うらしい。

2010_3_20_3     20年くらいのサイクルで大きくなったクヌギやコナラを切り倒す。

と、その切り株から新しい芽が出てきて大きくなり

再び立派な雑木林を形成するという。

切り倒した樹は薪やシイタケ栽培に使われたりするらしい。

こうして里山が守られてきたとのこと。

山の中に育ったおすぎではあるが

恥ずかしながら「萌芽更新」のことは知らなかった。

雑草は放っておいても雑草だけれど

雑木林は手入れをしなければ雑木林ではなくなってしまうようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

菜の花満開!桜はまだかいな?(もうすぐ黒目川花まつり)

今日は振替でお休み

2010_3_19 久しぶりに黒目川沿いを歩いた。

東上線沿いにある黒目花広場では菜の花が満開を迎えていた。

来週の27(土)・28(日)は第4回黒目川花まつりが開催される。

2010_3_19_2 また、1年ぶりにあの菜の花うどんが食べられる。

この近くには桜の木もいっぱい。

来週には咲き始めるだろう。

菜の花の黄色と

桜の花の淡いピンクと

ウォーキングには絶好の季節を迎える。

<追記>

2010_3_27_13月27日(土)、風はちょと冷たいけれど、青い空と暖かい日差しの下、連れ合いと4月に大学生になる息子といっしょに出かけてきました。

菜の花は満開でしたが、桜はまだ開き始めたばかり。

2010_3_27_2 このところの寒さで開花があまり進んでいないようです。

まぁ、そんな「花まつり」とは関係なく、屋台やステージはそれなりににぎわっていました。

2010_3_27_3 おすぎは昨年と同じ菜の花うどん!

連れ合いと息子は、これまた同じバングラディッシュカレーとナン。(+タンドリーチキン)

2010_3_27_5 菜の花うどんを食べながら、改めて思ったのは

これは菜の花の緑と黄色、にんじんのオレンジの彩りの鮮やかさが、うどんの美味しさを引き立てているということ。

舞台では、すまいるエフエムの特設ステージということで

横田美穂さんのフルートのミニコンサートが行われていま2010_3_27_4した。

「きれいなお姉さん」という感じの横田さんの演奏、なかなかよかったです。

第4回黒目川花まつり(朝霞市商工会HP)

浜崎黒目花広場の菜の花が満開を迎えました。(朝霞市HP)

<関連記事>

今年も菜の花うどん!(黒目川花まつり)(2009/3/28)

花より、菜の花うどん!(黒目川花まつりウォーク)(2008/3/30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ついに7時間切り!第82回かち歩き大会(新宿~青梅43キロ)

6時半に家を出るつもりでいたのだが、目が覚めたのが6時半!

バタバタと起き出して着がえ、朝ごはんは「腹持ちがいいように」ともちを焼いて食べた。

前回は10キロも歩かないうちにトイレに行ったのを思い出し、いつも朝飲むコーヒーはやめて、少量の水だけにした。

2010_3_14_1 今日は第82回かち歩き大会(新宿~青梅43km)の日だ。

新宿西口中央公園をスタートし、「飲まない・食べない・走らない」を基本に、青梅市総合体育館のゴールまで歩き続ける自己鍛錬」の大会だ。(主催は(社)青少年交友協会)

おすぎは今回が5回目の参加になる。

スタート会場の水の広場に到着したのは8時ちょっと過ぎ。

既に1,000人を超えるような人たちがゼッケンを付けてスタンバイしてい る。

受付は事前の申込み番号で分けて行っている。

急いで1~500番の受付に行き、列の後ろに並んだ。

3枚カーボンになっている受付用紙を渡し、参加記念のバッチと赤のゼッケンを受け取る。

係の人が「黄色の後ろに並んでください」と言う。

一瞬何のことだかわからなかったが、

第一グループの黄色のゼッケンが不足したので、第二グループの赤のゼッケンを配布していたのだ。

事前参加の申込み数は分かっていたはずなので、当日申込みの参加者が予想以上に多かったということか。

確かに今日はいい天気で、絶好のウォーキング日和。

子ども連れの姿も結構見られる。

2010_3_14_2 200人ぐらいいる黄色のゼッケンの後ろに並んだ。

ラジオ体操をし、よく聞こえないマイクで主催者挨拶があり、最後にバラバ ラと「エイ、エイ、オー!」をして出発となった。

2010_3_14_3 8時33分に太鼓の合図とともにスタートの横断幕をくぐった。

(今日はデジカメの時計を合わせてきたので、通過ポイントの写真を撮る たびに時間が記録される)

2010_3_14_4 スタートから10キロまでは団体歩行。

時速5キロのペースで進む。

基本は追い越しなしなのだが、結構つばぜり合いが激しい。

2010_3_14_5 子どもたちがチョロチョロと隙間を見つけて前に出るのを「マナーが悪い」と怒鳴っている人もいる。

信号待ちになると歩道を走って前に出る人もいる。

2010_3_14_6 前の人の靴を踏んだり、後ろから踏まれたりしながら青梅街道を進んでいく。

8キロ地点の杉並区の四面道交差点から歩道に上がる。

2010_3_14_7 いままで1車線を使って歩いていた人たちがいっせいに歩道に上がると、まるで歩道を占拠状態。

このまま10キロ地点まで進む。

2010_3_14_8 「10キロ地点 (ここからは自由歩行です。体調はいかがですか?)」の横断幕の下をくぐったのが、10時32分。

出発からちょうど2時間。

時速5キロ、予定通りの時間だ。

残り33キロを5時間で歩けば7時間を切れる!

気持ちを入れなおして7時間切りを目指す。

いままで4回歩いているが、最高タイムは去年の春の7時間9分。

これをさらに10分以上短縮できるのかとも思いつつ、とりあえず姿勢を整えて歩き続け2010_3_14_9 る。

15キロ地点が第1チェックポイント。

人数を数えている係の人が「122番」と教えてくれる。

2010_3_14_10 横をさっと追い越していくオレンジの上着。

背中には「審判」の文字。

綺麗なフォームでさッさっと歩いていく。

2010_3_14_11 ちょっと空腹を感じてきたところへ毎度のようにパンの匂いが・・・。

松たかこの大きな看板が並んでいるヤマザキパンの工場だ。

東村山ゴール(23.5km)との分岐をまっすぐ進む。

2010_3_14_12 上着を脱いで、気持ちよく半そでで歩く。

結構、信号で待ち時間ができてしまうのだが、今回はタイミングよく通過できる。

もちろん、横断歩道の青信号が点滅を始めるとダッシュもするけど・・・。

2010_3_14_13 32キロ地点の第2チェックポイントを13時32分に通過。

「7時間切れるかも」との思いが強くなる。

この後は写真も撮らず、1キロごとの「かち歩き」の黄色いのぼりでカウントダウンと時間を気にしながら、ひたすら歩き続ける。

41キロを過ぎて青梅街道を左折し、ゴールの体育館を目指す。

前の踏切では電車が通過している。

引っかからなければいいなと思っていたら、セーフ!

2010_3_14_14 ゴールが見えてくる。

カードを取り出し、タイムレコーダーで打刻をしてもらう。

記録 ’10 03-14 06:58

2010_3_14_15 やったー!

パンと飲み物セットをもらい、甘いほうじ茶ももらって、9時間ぶりの食べ物を口にした。

<関連記事>

順位アップ、タイムダウン(第81回新宿~青梅43キロかち歩き大会)(2009/11/8)

第80回記念かち歩き大会(新宿~青梅43キロ)7時間の壁は厚かった・・・(2009/3/8)

新宿~青梅43キロを完歩!(第79回かち歩き大会)(2008/11/9)

新宿-青梅43キロを飲まず。食わずで完歩!(かち歩きに初参加)(2008/3/9)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

息子の就活継続って留年!(「平和」は我が家から・・・121)

今朝(3/13)の朝日新聞が伝えている。

大卒内定率、最悪80% 高校生も低迷81.1%

 今春卒業予定で就職を希望する大学生の2月1日時点の内定率は、前年の同じ時期よりも6.3ポイント低い80.0%だったと、厚生労働省と文部科学省が12日発表した。比較できる2000年以降で最低。

1月末時点の高校生の内定率も同6.4ポイント低い81.1%で、04年以来の低水準となった。

 大卒内定率は昨年12月1日時点の前回調査から過去最悪の水準で推移しており、卒業を間近に控えて5人に1人が就職先を確保できていない厳しい状況だ。推計では、大学生の卒業予定者56万人のうち、就職希望者は40万5千人。このうち内定者は32万4千人にとどまる。
・・・・・・・

我が家の息子も、この「5人に1人」に入ってしまい

結局、留年して就職活動を継続することにした。

いちおう地方公務員を目指していたはずだが

そんなに勉強した様子もなく

9月の採用試験であっさり落とされた。

その後もそんなにあせる風でもなく

(本人としては焦りがあったのかも知れないが)

年が明けてから、いくつかの企業・団体を受け

結局、採用通知は届かなかった。

卒業して就活するという選択肢もあったはずだが

結局、本人の希望もあり、留年ということになった。

が、これには笑ってしまうしかない大きな「オチ」がついた。

3月の始めに、連れ合いと息子と3人で話して留年することを決め

ゼミの先生にお願いして、単位を落としてもらった。

息子は次の就活を始めた。

と、留年を決めた1週間後に、試験を受けて「補欠」になっていたところから急きょ「繰上げ合格」の連絡が入った。

親としてはそこに入ってもらえればと毎日願っていたところだ。

息子は説明会中で連絡がとれず、連れ合いは私の携帯に連絡を入れたが(不在着信4回!)

「役立たず!!」

職場の電話にかかってきた。

本人に連絡がつかないのであれば、大学に確認してみるしかない。

ゼミの先生にお願いして落とした単位を訂正してもらえれば卒業できるはず。

問題は、まだその訂正が間に合うかどうかだ。

ところが、何か様子が違う。

係の人は「息子さんに確認してほしい」という。

どうも、ゼミの単位以外にも取れていない科目があるらしい・・・・

夜遅くに、やっと帰ってきた息子を問いただし・・・

結局、その晩は修羅場となり・・・

最終的に「留年」となったわけである。

お正月に出かけたお寺でも神社でも

上の息子の就職と下の息子の受験がうまくいくようにと手を合わせ

家ではあの世のじいちゃんやばあちゃんにも力を貸してと線香をあげた。

が、結局笑い話にするしかない事態に・・・。

息子は去年に比べれば雲泥の差で就職活動に取り組んでいるようだ。

親としてはそれを応援しなければと思いつつ

なかなか気持ちの整理がつかない。

まぁ、社会に出て行く準備が足りなかったのだと思うしかないのだろう。

これからの1年で少しは成長し、来年の4月には無事に社会人となってくれることを期待するしかない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »