« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

軽くなった母のなきがらを抱く

夜中に家の電話が鳴った

枕もとの時計を見ると3時40分

「もしや」と思いつつ出てみると実家の弟からの電話

「お母ちゃんがなくなったって」と

いつもは枕元に携帯を置いておくのだが、

昨夜は充電をしたまま、下の階に置きっぱなしにしてしまった

携帯をあけると兄貴からの着信が2回

掛けてみると

「苑のケアワーカーの話だと、2時20分の巡回の時には特に何もなかったが、3時20分に回った時には呼吸をしていなかった」とのこと

看取りの医者が6時過ぎには来るので、それまでに来てほしいと言う

連れ合いを起こし、子どもたちの朝ごはんとお弁当のおかずをバタバタとつくり、霜でガチガチになったフロントガラスをヒーターで溶かしながら車をスタートさせた

6時過ぎに苑に到着

既に来ていた兄貴夫婦と合流

部屋に行ってみると、お母ちゃんは前に来たときと変わらず、穏やかな顔で眠っていた

ただ呼吸をしていないだけ

7時過ぎにお医者さんが到着

診断の結果は「肺炎だが、いわゆる老衰」とのこと

痰や胃ろうで入れたものを吐くときに、だんだんと力が弱ってきて吐き出せないようになり、それが肺に入って慢性の肺炎になっていたようだ

苑に入る前に居た救急病院の先生が、転院に際して「長くてもあと6ヵ月」と言われたとおり、寿命をむかえたようだ

霊安室に移すために、ベットの母親を抱き上げ、移動用の車椅子に移した

もっとズシリとしたイメージがあったが、思ったよりお母ちゃんはずっと軽かった

苑の皆さんにお別れをしてもらい、2006年の6月に倒れて以来、2年7ヵ月ぶりにお母ちゃんが50年以上過ごした実家に戻った

明日は通夜

明後日は告別式

ずいぶん前から覚悟はしていたものの、やっぱり心にぽっかりと穴が空いてしまうんだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

阪神大震災から14年。今日は歩いて帰宅。

朝刊の一面の写真が今日が阪神・淡路大震災の日であることを伝えていた。

その裏面(2面)には「被災地襲う不況の嵐」
「震災の時よりひどい有り様や」
「残る復興の借金 仕事も奪われた」

と暗い見出しが並んでいる。

今日は出勤の土曜日。

どうしようかと迷いもあったが、12時に仕事を終わり、外に出てみると、何とも気持ちのいい天気。

よしっ、歩いて帰ろう!となった。

30分も歩くと背中をお日様に照らされ続けて少し汗ばんできた。

コートを脱ぎ、バッグと一緒に両手に持って歩き続ける。

1時間ちょっと歩いたところで携帯に電話が入る。

「いま、どこ? 何時ごろに帰ってくる?」と連れ合い。

ちょっと口ごもりながら

「今日は阪神・淡路大震災の日だからさぁ、歩いて帰ってるところ」と私。

「何やってんの・・・。ご飯待ってたのに。わかった、わかった、どこまでも歩いてお行き~」と連れ合い。

1時間半ほど歩くと、いつも週末には歩いているホームグラウンドの遊歩道にたどり着く。

ここまで来ればあと1時間ほど。

結局、2時間40分で我が家に到着。

2年前に初めて歩いたときには結構バテたけど、さすがに歩き続けているだけのことはあって、そんなに苦しむことのない帰宅ウォークだった。

【関連記事】

「帰宅難民?」家まで歩く(2007/2/10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

冬来たりなば、春遠からじ(梅便り)

2009_1_15_1 いつものように昼休みに職場近くの公園の散歩に出かけた。

ほぼ毎日歩いているのだが、かなり広い公園なので、毎日少しずつコースを変えて歩いている。

2009_1_15_2 ふっと見ると、梅が咲いているではないか。

この前にここを歩いたのはいつだったかと思いつつ、樹によっては既に3分咲きといったところだ。

もちろん、まったく咲いていない樹の方が多いのだが、この咲き具合からいって今週の頭12日には既に咲き始めていたようだ。

去年の開花(とおすぎが勝手に決めた)日は1月16日。

それよりも4~5日早く咲き始めたようだ。

同じ公園内でも、池には氷がはっている。

北風が頬を刺すように冷たい。

寒さもこれからが本番だ。

そんな中でも春は確実にやってきている。

お昼休みの公園散歩の楽しみがまたひとつ増えた。

<過去の関連記事>

寒いけど暖かい? 梅開花、タンポポも!(2008/1/19)

梅の開花宣言(2007/1/22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

人類は 戦争をやめたか。武器を 捨てたか。(サイボーグ009)

元旦のテレビ版の裏に全面広告が出ていた。

あれから 45年。

人類は 戦争をやめたか。

武器を 捨てたか。

差別や貧困を 根絶したか。

物質文明は 人を幸福にしたか。

美しい地球を 取り戻したか。

科学は すべてを解決したか。

神は いたか。

世界は もう、サイボーグ009

を必要としなくなったか。

「2009 千年に一度の一年へ。」と題して

2009年、石森プロは、「サイボーグ009」による収益の一部で、世界平和とよりよい人間存在のあり方に貢献する活動を始めます。

となっている。

具体的には決まっていない部分が多いが、今後の活動で得た収益の9%をさまざまな寄付に充てていくという。

サイボーグ009、今の世界こそ彼らを必要としているのではないか。

今後の活動に要チェックだ。

 → サイボーグ009公式サイト 009ing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »