« 夏休みの過ごし方(3日目:テレビの前で) | トップページ | 夏休みの過ごし方(5日目:娘のあっしーくん) »

2008年8月12日 (火)

夏休みの過ごし方(4日目:鎮魂の日)

夕方、ワンコの散歩をし、もう少しで家に帰り着くというところで、自転車に乗った女性に声をかけられた。

「こんにちわ」と言いながら広い帽子のつばを上げたところで、同じ市内に住む知り合いの女性(ノンちゃんのお母さん!)であることがわかった。

「あぁ、お久しぶりです。お元気ですか?」と聞くと

「実は主人が2年前に亡くなって・・・」と。

「えっ!亡くなった?・・・ そう言えば、ここのところ見かけてなかったけど・・・」

なんでも、胃がんだったとのことで、前年の秋にがんが分かり、手術をしたが、結局一昨年の4月に亡くなったという。

「2年たったのでだいぶ落ち着いてきましたけど、さびしいです」と言う。

実はこのご夫妻の一番下の息子さん(ノンちゃん)と我が家の娘が同い年。

それも以前住んでいた市で、1歳で保育園に入園した時のクラスメイト。

3歳で保育園を一緒に変わり、同じ小学校に入学した。

その後、我が家が今のところに引っ越してきて、しばらく会ってはいなかったが、娘が確か6年生のときに、学区は違うが比較的近所に越してきた。

そして、中学校では一緒に。

日常的なおつき合いはなかったが、運動会などで会うと子どもたちの競技とは関係なく長いこと話し込んだりしていた。

お母さんの姿はバス停で時々見かけた。

亡くなったお父さんは、たまにウォーキングをしている姿を見かけていた。

「うちでは一番元気そうだったのに、分からないもんですね。おすぎさんも無理しないでくださいね・・・」と。

改めてお悔やみを伝え、別れた。

家に帰り、連れ合いにそのことを伝えた。

「えっ!あのノンちゃんのお父さんでしょ? えっ・・・」と絶句。

ノンちゃんのお父さんのご冥福を祈るばかりだ。

今日は日航機墜落事故から23年目の日。

鎮魂の日だ。

|

« 夏休みの過ごし方(3日目:テレビの前で) | トップページ | 夏休みの過ごし方(5日目:娘のあっしーくん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの過ごし方(4日目:鎮魂の日):

» 日航機墜落事故 川上慶子 [news11]
日航機墜落:事故から23年 また会いましたね毎日新聞親吾さんはひざの痛みをだまして、歩を重ねた。 24歳と19歳と14歳の姉妹を亡くして「二人きり」になった。当時の家は大... [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 22時07分

« 夏休みの過ごし方(3日目:テレビの前で) | トップページ | 夏休みの過ごし方(5日目:娘のあっしーくん) »