« 夏休みの過ごし方(2日目:母を訪ねて・・・) | トップページ | 夏休みの過ごし方(4日目:鎮魂の日) »

2008年8月11日 (月)

夏休みの過ごし方(3日目:テレビの前で)

朝方、2時間ほど歩いた後は、一日中テレビの前で過ごした。

もちろん、オリンピックでの北島の活躍や柔道、バトミントンでの日本選手のがんばりは、それなりに見ごたえがあった。

一方、高校野球もなかなか面白かった。

地元埼玉の本庄一高は青森山田高校に負けてしまったけれど、神奈川の慶応義塾高校は効果的な点の取り方と継投での完封で勝利した。

その勝利監督インタビューでの慶応監督のひと言。

「次は青森山田高校ですね」と問われて

「負けちゃいますね」と。

丸刈り中心の甲子園で、長い髪が何故か清々しい慶応高校の選手たち。

これだけ監督が脱力系だと、選手たちはのびのびと野球を楽しめ、結構いいとこまでいけるんじゃないかなぁ・・・と思ったのは私だけ?

|

« 夏休みの過ごし方(2日目:母を訪ねて・・・) | トップページ | 夏休みの過ごし方(4日目:鎮魂の日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの過ごし方(3日目:テレビの前で):

« 夏休みの過ごし方(2日目:母を訪ねて・・・) | トップページ | 夏休みの過ごし方(4日目:鎮魂の日) »