« 息子の運転/ジェットコースター以来のスリル?(「平和」は我が家から・・・84) | トップページ | 千葉大が「ロボット憲章」制定 »

2007年11月26日 (月)

左室肥大で精密検査/結果は?(「平和」は我が家から・・・85)

毎年、職場で実施している「生活習慣病健診」を受けている。

昔は「成人病健診」と呼ばれていたやつだ。

今年も10月末に受診し、先日結果が届いた。

開いてみると、総合判定に「」評価がつき、「心電図で所見が認められますので、精密検査を要しますと。」のこと。

2007_11_26 心電図の欄には「左室肥大」と赤字で印字されている。

健診を受け続けて30年になるが、「精密検査」の判定が出たのは今回が初めてのことである。

「軽度脂肪肝」とか「胃炎」とかで「経過観察」の判定は毎年出ているので、今年もそんなところだと思っていたのだが・・・。

早速、Googleで「左室肥大」を検索してみた。

一番上にあがっていた「○○○といわれたら」を見たところ、なにやら「スポーツマン心臓」に関係するようなことが書かれていた。

で、まず思い浮かんだのが「歩き過ぎ?」

これを口にしたとたん、連れ合いからは「だから言ったじゃない!」のお言葉が・・・。

これ以降、歩きのペースがちょっと落ち、歩いていても心臓のあたりが何やら気になったり・・・。

そして今日、その精密検査で板橋の病院に出かけた。

予約時間の9時に間に合うように余裕を持って家を出たのだが、久しぶりに乗った東上線が、「急病人の救護」という、これから心臓の精密検査を受ける身にとっては、なんとも先行きを不安にさせる理由で大幅に遅れてしまい、病院に到着するのも20分ほど遅れてしまった。

病院に着いて受付けを済ませ、レントゲン写真を撮りに放射線科へ。

前からと左側からの2枚を撮り、出来上がるまでしばらく待つ。

写真をもらい、受付にもどってお医者さんの問診を待つ。

10分ほど待ったところで名前を呼ばれて、問診室に入った。

「結論から言うと、何の問題もありません。心室肥大ではありませんね」とお医者さん。

「心電図だけから判断されて、そういう疑いも出たのかもしれませんが、写真も撮ってるはずだし、私だったらそういう判断はしません。血圧や他の数値も問題ありませんし」

今日撮った写真をかざしながら「実際、肥大してませんので」ときっぱり!

と言うわけで、「歩き過ぎによる心室肥大」という疑いはいっきょに晴れ、帰りは東上線の駅まで歩いて帰ることにした。(な~んと単純な!)

天気も良いし、快適なウォーキング。

ついつい目標の駅も遠くなり、気がつくと「東京大仏」(赤塚大仏)の表示。

あることは知っていたけれど、確か一度も来たことがなかったはず。

2007_11_26_2 イチョウが綺麗に色づき、ちょうどいいタイミングだ。

座ったままの大仏さんには申し訳ないけれど、おすぎはバンバン歩けるのだぁ~!

病院から連れ合いに打ったメールの返事が来なかったので、駅に着いて電話を入れた。

メールは見ていなかったようで、結果を伝えると「あ~ぁ、良かったね~!」とホーッとした様子。

何だかこちらもホーッとした。

|

« 息子の運転/ジェットコースター以来のスリル?(「平和」は我が家から・・・84) | トップページ | 千葉大が「ロボット憲章」制定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左室肥大で精密検査/結果は?(「平和」は我が家から・・・85):

« 息子の運転/ジェットコースター以来のスリル?(「平和」は我が家から・・・84) | トップページ | 千葉大が「ロボット憲章」制定 »