« 台風一過の青空の下 | トップページ | 初霜と木枯らし1号と »

2007年10月30日 (火)

じいちゃん、ありがとね。

10月26日、じいちゃんが亡くなった。

2月の末にばあちゃんが亡くなって以来、すっかり生きる気力が失せてしまったようだ。

そんなに仲の良い取り合わせには見えなかったのに、「割れ鍋に綴じ蓋」というか、「ぬかに釘」風に、ばあちゃんの愚痴を飄々と受け流してきた正体不明の人だった。

夏場には、ほとんど食事を取らなくなり、水分だけで生きていたような状態で、9月にはとうとう入院した。

入院してからも、口から物を食べることはほとんどなかったようだ。

間に「友引」が挟まったことで、昨日が通夜、今日が告別式となった。

家族だけで、しんみりすることもなく、じいちゃんを送り出すことができた。

いまごろは、ばあちゃんにぐちぐち言われながらも、ホッとしているんじゃないのかな・・・。

我が連れ合いは、この8ヵ月ばかりの間に、母を亡くし父を亡くした。

「疲れた~」と言って、横になったままだ。

秋が深まるにつれて、淋しさもつのっていくのだろうか・・・。

|

« 台風一過の青空の下 | トップページ | 初霜と木枯らし1号と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じいちゃん、ありがとね。:

« 台風一過の青空の下 | トップページ | 初霜と木枯らし1号と »