« カラオケで歌い初め・涙初め(「平和」は我が家から・・・64) | トップページ | 防衛庁「省」格の日に »

2007年1月 5日 (金)

母の・・・転院

今日、母が転院した。

6月の末に倒れてから、延べ7箇所目の施設(実際には同じところを2度回っているので4箇所目)。

覚書として以前に書いたものを再度書き起こしてみると

6月28日、救急病院に入院。脳の腫れがおさまるにつれて、食事は自分で食べられるようになるが、足は動かず、基本的にはベッドに寝たままの生活に入る。

7月13日、病院での治療が終わり(これ以上は救急病院の治療ではないと)、幸い、比較的家に近い介護老人福祉施設に入所できることに。
しかし、入所して間もなく熱が出始めた。

7月20日、熱が下がらず違う救急病院に入院。検査の結果、熱の原因は肺炎によるものとのことだった。
1週間ほどで熱はおさまり、また介護施設に戻れると話し始めたのもつかの間、また熱が上がり始めた。
改めての検査の結果、熱は膀胱炎などによるものとのことだった。

8月9日、「療養型病院」に転院する。
結局、熱が落ち着かないため、介護施設には戻ることはできない。
治療もリハビリもできるという、この病院に移ることになった。

9月6日、週1回ぐらいの割合で出る熱の原因を調べて治療するとのことで、前回入院していた救急病院に再び転院。
病院同士のキャッチボール・・・。
熱の原因は分かったのかどうか・・・。
転院することで環境が変わり、それに適応するためのストレスで熱が出ちゃうんじゃないのというのは、素人考え?・・・。

10月6日、また「療養型病院」に戻る。疥癬(かいせん)という病気にかかっている疑いもで出たが、結局そうではなかった。
ここで3ヵ月過ごすことになるが、リハビリの効果?もでて、車椅子で病院の廊下を移動できるようになった。
が、12月いっぱいで退院するか、月30万円近くを払うかの選択を迫られる。

1月5日、何とか、兄貴があちこち頼み込み、結局、1週間だけ入所した介護老人福祉施設にショートステイで入所できることになった。
今日がその転院の日だった。天気も穏やかで引越し日和!

介護施設の車が病院まで迎えに来てくれ(もちろん有料だけれども)、車椅子を乗り換えて、乗り込んだ。
連れ合いが一緒に乗ってくれた。

母が住んでいた家の近くを通ったが、分かったのかどうか、唇をかみしめていたという。

介護施設に着いた母は、緊張していた。
違った環境になれるのに、またしばらく時間がかかるだろう。

「お母ちゃん、今度風邪でもひいて熱出したら、もう行く所がないからな」と兄貴に言われ、

「風邪なんか、ひかないよ・・・」と母。

今月いっぱいはショートステイ。
認められれば、2月から正式な入所となる。

明日は天気が崩れるという。
降ればこの施設の周辺は雪になるかもしれない・・・。

|

« カラオケで歌い初め・涙初め(「平和」は我が家から・・・64) | トップページ | 防衛庁「省」格の日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の・・・転院:

» フコイダンが人間を救う! [フコイダンが人間を救う!]
現在の最先端医療でも治療に限界があるとのことで全国のさまざまな医療機関の医師が沖縄のフコイダンに注目を寄せております。一つの情報としてお役に立てればと思っております。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 18時24分

« カラオケで歌い初め・涙初め(「平和」は我が家から・・・64) | トップページ | 防衛庁「省」格の日に »