« いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) | トップページ | あぁ、武蔵野線(「平和」は我が家から・・・59) »

2006年11月25日 (土)

魔法の数字・北辰偏差値(「平和」は我が家から・・・58)

午前中、私立高校の学校説明会に出かけた。

8月23日の学校説明会11月18日の私立高校個別相談に続いて、3校目の私立高校の説明会・個別相談だ。

先週(11/18)行った私立高校の個別相談で、併願推薦OKをもらったので、もういいかと思っていたのだが、19日に塾の先生との三者面談があり、この高校の商業科にある進学コースなら5科の評定合計で併願推薦がとれるので、ぜひ行ってみたらと薦められたところだ。

中3の息子は来週からの期末試験に備えて家で勉強(?)していると言うので、私一人で出かけることにした。

我が家から電車を使って40分ほどのところ。

思いのほかアクセスのよいところで、開始30分前には会場に着いていた。

それでも既に150人くらいの親子連れが会場の前の方を埋めていた。

学校の紹介映画、学校説明、入試要項の説明が終わり、推薦基準の説明が始まった。

我が家の中3の息子は県立が第一志望なので、私立は併願推薦で受験することになる。

この高校の併願推薦は、「学校推薦」と「自己推薦」の2種類。

「学校推薦」とは、通知表の評定を基準にしたもの。(これは納得!)

「自己推薦」とは、「北辰偏差値」を基準としたもの。(えっ? そうなんだ!)

息子の5科の評定では商業科の進学コースの基準にドンピシャり!

なのだが、魔法の数字「北辰偏差値」では、普通科の進学コースでも大丈夫らしい・・・。

説明会が終わり、待つこと1時間で個別相談の順番が回ってきた。

1学期の通知表のコピーと北辰テストの個人成績票を差し出した。

説明どおり、北辰テストの一番良い回の成績をもとに「自己推薦」で普通科の進学コースがOKだと言う。

念のため、「『学校推薦』と『自己推薦』で有利不利はないんですか?」と聞いてみた。

「一切ありません!」ときっぱり!!

「やったぁ~」と思いつつ、ニマニマせずに相談を終わった。時間にして3分。

個別相談を待つ400人ぐらいに人たちの脇を通り抜け、会場を後にした。

家に帰り息子に伝えた。

「ありがとう」とうれしそうな笑顔を見せてくれた。

これで安心して、第一志望の県立高校の受験に臨めるね。

|

« いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) | トップページ | あぁ、武蔵野線(「平和」は我が家から・・・59) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の数字・北辰偏差値(「平和」は我が家から・・・58):

« いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) | トップページ | あぁ、武蔵野線(「平和」は我が家から・・・59) »