« 気分は週末 | トップページ | 木枯らし1号の吹いた夜は(「平和」は我が家から・・・55) »

2006年11月 9日 (木)

追悼

「週末気分」に追い討ちをかけるように、訃報が舞い込んだ。

知り合いの高校の先生が亡くなった。

44才。

今夜が通夜だった。

非常勤の先生だったけれど、たくさんの生徒や卒業生たちが焼香の列をつくっていた。

同僚の先生方も涙をぬぐっていた。

44才。

なんぼなんでも早すぎる。

1学期の授業を終わり、首のしこりが気になると病院に行ったとのこと。

それからまだ4ヵ月も経っていない。

ご本人も家族もさぞ無念だったと思う。

教科は国語だったが、植物や食物が好きな先生で、学校の花壇に種をまいたり、苗を植えたりして育てていた。

掃除のおばちゃんに「草と間違われて抜かれちゃった~」と嘆いていたこともあった。

食べ物にも詳しく、よく珍しいお菓子を買ってきてくれた。

そういえば、金平糖をもらったことがあったなぁ…。

京都も大好きで、「『京都検定』を受けてみようかと思うんです~」と話していたことも思い出した。

今はただ、ご冥福を祈るばかり。

合掌。

|

« 気分は週末 | トップページ | 木枯らし1号の吹いた夜は(「平和」は我が家から・・・55) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:

« 気分は週末 | トップページ | 木枯らし1号の吹いた夜は(「平和」は我が家から・・・55) »