« 私立高校個別相談(「平和」は我が家から・・・56) | トップページ | いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) »

2006年11月21日 (火)

教育基本法改正 本当にこれでいいの?

昨日(11/20)発売の「AERA」

「公立小中の天国と地獄」だの「松岡農水相の『暗い借り』」だの「自殺してはいけない」だのと「重い」記事が多い。

ならば後ろからと「食べごたえずっしり! 巨大スイートポテト」を読み始めた。

釧路の一家3人でやっているお店「ぽてとはうす」の自家製。全長30センチ。重量500gとかなり巨大だ。

「香料も洋酒も使っていないので、サツマイモと牛乳のハーモニーが楽しめる。中に仕込まれた自家製カスタードクリームとの相性もぴったり」とのこと。

甘い物(も)好きのおすぎとしては、かなりこれに惹かれてしまった。

コンビニのスリーエフ店頭で注文できるそうだ。送料込み3,700円。12/14まで。

次にめくったページに出てきたのが「悪いヤツはイネイガー」の秋田のローカルヒーロー超神ネイガー!

最近は東北電力のマスコットといっしょに悪の組織と戦ったり、団塊世代を相手に「おやじ元気講座」で講演したり、地元のCMにも出演するなど、幅広く活躍しているようだ。

という長い前ふりを経て、たどり着いたのが秋田つながりで秋田の新聞「さきがけ」

「教育基本法」について書かれた記事を探している中で、共感できたもののひとつ。

さきがけ on The Web(2006年11月17日)

社説:教育基本法の改正 本当にこれでいいのか

 本当にこれでいいのだろうか。改めるにしろ国民的な議論が熟すのを待ってからでも遅くはないのではないか。

 「教育の憲法」である教育基本法の改正案が衆院で可決、参院に送られ、今国会で成立する公算が大きくなった。

 政府・与党は衆院での審議は十分尽くしたとの認識だ。確かに審議時間は、衆院解散に至った郵政民営化関連法案に匹敵する100時間超に達した。

 問題は審議の長さではなく、中身である。しかも審議の後半は、高校の必修科目未履修問題や、やらせ質問などに費やされ、改正案そのものの本質論議は脇に追いやられた。

 教育基本法の改正は戦後教育の大転換を意味する。人づくりの根幹が大きく変わるのである。影響は計り知れない。

 改正の必要性や改正による新たな教育像の論議が深まらないまま、政府・与党は採決に踏み切った。そう受け取られても仕方がないであろう。

 教育が混迷の度を深め、多くの国民が危機感を募らせている状況を好機ととらえ、一気に攻勢に出たとの見方もあながち的外れではない。

 基本法改正の焦点は愛国心だけにあるのではない。突き詰めれば、教育の目的が国家のための国民育成という方向に傾く危うさを秘めている。この点にこそ本質が見いだせる。

 すぐにそうなるというわけではない。安倍晋三首相をはじめ、現在の政府・与党がそれを意図しているということをいいたいのでもない。

 政治状況は今後、どんどん移り変わる。国際情勢も日々刻々と変容してゆくだろう。長い目でみれば、選挙を経るとはいえ、どんな性格の政権が誕生するか誰にも分からないのだ。

 もし、将来の政権が国民一人一人より国家に重きを置く教育を施そうとした場合、国民側は歯止めをかける法的根拠を失うことになる。少なくとも今回の基本法改正は、それに道を開きかねないのである。

 この方向性は国民が望むところだろうか。そうは思えない。戦前回帰は到底あり得ないにしても、法改正の行方に警戒を怠ってはならない。

 教育基本法の改正によって、大多数の国民が願ってやまない教育の再生は達成できるだろうか。はなはだ心もとないといわざるを得ない。

 現在の教育混迷は基本法のよしあしというよりは、戦後の政治・社会・経済状況のありように分け入って原因を探る方が妥当だからである。

 土台、例えば「ゆとり教育」による混乱は誰が引き起こしたのか。要因はさまざまあるにしろ、第一義的には導入した文部科学省、つまりは政府に責任があるとみて構わないのだ。

 衆院を通過したとはいえ、「良識の府」とされる参院での審議はこれからだ。

 野党の審議拒否、与党による単独採決などという愚は是が非でも避けてほしい。それこそ教育を政争の具とすることにほかならないからである。

 混迷を打開し、次代を担う子供たちをどうはぐくむのか。教育論議は常にこの一点に基づかなければならない。

|

« 私立高校個別相談(「平和」は我が家から・・・56) | トップページ | いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改正 本当にこれでいいの?:

» 特色ある学校づくり予算 [プラウドシティ梅島自治会]
『区予算と少人数学級』 特色ある学校づくり予算については、11月月初より全国ニュースとして 一斉に広がり賛否両論の意見がブログ上でも発表されました。 成績それも1回のテストによってランク付がなされ、それによって予算が配分されて良いのかと いう意見が多く、区教委としては誤解に対しての説明をしながらも一部撤回ということで 一旦落ち着いた感があります。 果たして問題は解決したのでしょうか? まず... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 23時56分

« 私立高校個別相談(「平和」は我が家から・・・56) | トップページ | いい夫婦の日に(「平和」は我が家から・・・57) »