« 子育て川柳(「平和」は我が家から…53) | トップページ | お酒を飲んだら 乗りま宣言!! »

2006年10月 1日 (日)

一番小さいのが一番大きくなって(「平和」は我が家から・・・54)

2006_10_1 今日は我が家の下の息子の誕生日。

満15歳になった。

生まれたときの体重はは3,580g。

世間的には大きい方かもしれないが、上二人は3,800台と3,700台だ。

それがいまや、我が家5人の中ではタテにもヨコにもナナメにも一番大きくなった。

16年前? まだオメデタが判明する前から、連れ合いの体調が悪くなった。

もしや? と医者に行ったら妊娠2ヵ月。切迫流産で数週間仕事を休んだ。

ということは、芽生えたばかりの息子は必死でお腹の中にしがみついていたというわけだ。

産休明けには保育園に入ることができず、家庭保育室(保育ママさん)に。

6ヵ月でやっと保育園に入れたものの、4ヵ月で転居。

4歳の兄は家の近くの保育園に入れたものの、弟は0歳児の空きがなく、家からはかなり離れた保育園に入ることに。

1歳になるまでに3箇所の保育園を転々とした。

そして、1歳半のときに4箇所目の保育園に移り、やっと兄と一緒に通えるようになった。

小学校に上がってからは、大きな身体ながら気持ちは優しすぎる子。

初めてのことをやったり、みんなの前で、何か話しをしたりするのが苦手で、日直さんの仕事のある日には、吐いたりもしていた。

そんな息子が少しずつ力をつけていったのは、小学校3年生のときに連れ合いが見つけてきた空手教室との出会いだ。

自己紹介をするのにも気持ち悪くなってしまう息子のことをわかってくれ、送り迎えまでしてくれて可愛がってくれた方のおかげで、合宿に参加したり、昇段試験を受けたり、大会で受身ながらも試合もできるようになっていった。

そんな息子も今日で15歳。

優しい気持ちはずーっとそのままに、大きくたのもしく頼りになる少年になった。

我が家では一番小さいけれど、タテにもヨコにもナナメにも一番大きな存在だ。

|

« 子育て川柳(「平和」は我が家から…53) | トップページ | お酒を飲んだら 乗りま宣言!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番小さいのが一番大きくなって(「平和」は我が家から・・・54):

« 子育て川柳(「平和」は我が家から…53) | トップページ | お酒を飲んだら 乗りま宣言!! »