« これってお土産かぁ?(「平和」は我が家から・・・52) | トップページ | な~んで雨の中やるかな…(雨中の自衛消防訓練発表会) »

2006年9月21日 (木)

うれしい判決(国旗国歌強制は違憲!)

今日(9/21)の東京新聞Chunichi Web Press の写真に

「勝訴」「国歌斉唱義務なし」「画期的判決」

と書かれた垂れ幕を持った嬉しそうな原告団の顔が並んでいる。

東京地裁の画期的な判決を素直に喜びたい。

家永教科書裁判(Wikipedia)の杉本判決のように、いまの流れを食い止めようと頑張っている人たちへの大きな励みになる判決。

*****以下「YOMIURI ONLINE(読売新聞)」*****

国旗掲揚時、都教委の教職員への起立強制は違憲…地裁
 

 東京都教育委員会が教職員に対し、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し国歌斉唱するよう通達したのに対し、都立学校の教職員ら401人が都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。

 難波孝一裁判長は、「通達や都教委の指導は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」との違憲判断を示し、教職員に起立や国歌斉唱の義務はなく、処分もできないとする判決を言い渡した。

 また、慰謝料として1人当たり3万円の賠償を都に命じた。

 学校式典で国歌斉唱や起立などを教職員に具体的に義務づけた通達についての司法判断は初めて。

 東京都側は控訴する方針。

 判決によると、都教委は2003年10月23日、都立学校の各校長に対し、入学式や卒業式などで国旗の掲揚と国歌の斉唱を適正に実施し、教職員が校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問うとする通達を出した。

 この通達後、式典で起立などをしなかったことを理由に、延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。

 判決はまず、「日の丸」や「君が代」について、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想などの精神的支柱として用いられ、国旗、国歌と規定された現在でも、国民の間で中立的な価値が認められたとは言えない」と判断。「教職員に一律に、国歌斉唱などの義務を課すことは、思想・良心の自由の制約になる」と述べた。

 その上で、判決は、<1>通達は各学校の裁量を認める余地がない一義的な内容になっている<2>都教委は、職務命令に違反した教職員に対し、違反回数に応じて減給や停職などの懲戒処分を行っている――ことなどから、「通達や都教委の指導は、教育の自主性を侵害する上、一方的な理論や観念を生徒に教え込むよう教職員に強制するに等しい」と述べ、教育基本法や憲法に違反すると結論付けた。

 また、不起立などを理由にした処分についても、「都教委の裁量権の乱用にあたる」と述べた。

 一方で、判決は、国旗掲揚や国歌斉唱について、「生徒が日本人としての自覚を養い、将来、国際社会で信頼されるために、国旗国歌を尊重する態度を育てることは重要で、式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることは有意義」と認め、「教職員は国旗掲揚、国歌斉唱に関する指導を行う義務を負い、妨害行為や生徒に起立などの拒否をあおることは許されない」とした。

 ただ、教職員個人が起立を拒否しても、「式典の妨害や国旗国歌を尊重する態度を育てる教育目標を阻害するおそれはない」とし、「懲戒処分をしてまで強制するのは、少数者の思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」と述べた。

 この通達後に懲戒処分を受けた教職員のうち、延べ287人が処分の取り消しを求めて、都人事委員会に審査請求している。

 中村正彦・都教育長の話「都教委の主張が認められなかったことは、大変、遺憾。判決内容を詳細に確認して、今後の対応を検討していきたい」

(2006年9月21日21時33分  読売新聞)

|

« これってお土産かぁ?(「平和」は我が家から・・・52) | トップページ | な~んで雨の中やるかな…(雨中の自衛消防訓練発表会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしい判決(国旗国歌強制は違憲!):

« これってお土産かぁ?(「平和」は我が家から・・・52) | トップページ | な~んで雨の中やるかな…(雨中の自衛消防訓練発表会) »