« 五十肩と寝違えと・・・(「平和」は我が家から・・・45) | トップページ | 育て!被爆アオギリ2世(戸田市発) »

2006年8月23日 (水)

学校説明会(「平和」は我が家から・・・46)

私立高校の学校説明会に中3の息子と一緒に出かけてきた。

午前10時開始だったので、ちょっと余裕をみて出たつもりだったが、着いたときには既に300人ほどが会場の体育館を埋めていた。

さすがに暑く、もらった学校案内でパタパタとあおいでみても、汗がじとーとしみ出てきた。

暑がりの息子には扇子を貸してやったが、頬を汗がつたっていた。

1時間ほど校長先生から学校の概要の説明を受けた後、入試の説明を少し聞いて体育館での説明会は終わった。

その後は、希望者が残り「個別相談」となった。

この私立高校は息子の第二志望(のはず・・・)。

第一志望は県立(のはず・・・)。

できれば、この私立高校を「併願推薦」したいと思っている(親は・・・)。

そこで「基準点」などを率直に聞いてみようと、個別相談をお願いした。

「単願推薦」(つまり、他の学校は受験しないということ)なら、何とか大丈夫そうだが、「併願推薦」(つまり、公立を第一志望にしてるということ)だと、2ポイントほど届かないとのこと。

ただし、2学期の成績が出てからでも間に合うとのことなので、「君の頑張りしだいだね」と先生に激励されてしまった。

息子は「がんばります」と答えていた。

「併願推薦」でこの私立高校にOKをもらった上で、第一志望の県立高校を受験できたらいいなと思っている。

2学期が始まるとすぐに3回目の「北辰テスト」がある。

業者テストだが、埼玉県内では絶対的な力(偏差値)を持っている。

説明会に行った高校でも「学校の成績」と「北辰テストの偏差値」が推薦基準点としては同等の扱いになっている。「どちらか良い方で判断します」とのこと。

夏休みにコツコツと勉強した成果が出るといいのだが・・・。

そして、12月には2学期の成績が出る。

親はいっしょに説明会に行くことぐらいしかできないけれど、できれば息子が自分で行きたいと思っている高校に合格してほしい思う。

楽しい高校生活が送れる学校に行ってほしい。

学校説明会に行って、「高校受験」がスタートしたように感じている。

息子にとっても(たぶん?)、私にとっても。

|

« 五十肩と寝違えと・・・(「平和」は我が家から・・・45) | トップページ | 育て!被爆アオギリ2世(戸田市発) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校説明会(「平和」は我が家から・・・46):

« 五十肩と寝違えと・・・(「平和」は我が家から・・・45) | トップページ | 育て!被爆アオギリ2世(戸田市発) »