« 8月19日・今日は「俳句の日」 | トップページ | 学校説明会(「平和」は我が家から・・・46) »

2006年8月22日 (火)

五十肩と寝違えと・・・(「平和」は我が家から・・・45)

6月ごろから右肩に違和感があった。

7月になると、右肩を動かした時に時々痛みを感じるようになった。

8月に入ると、着がえる際にシャツを裾から上に上げて脱ぐことができなくなり、ちょっとした動きで右肩にうずくまるほどの激痛が走るようになった。

まさに五十肩!である。

そんななか、8月10-11日で海に出かけた。ほぼ毎年行っている新潟の海。

中3の息子は「受験生は海なんか行くな」と塾の先生にプレッシャーをかけられていたようだが、我が家では上二人も中3の夏休みまで一緒に出かけていたこともあり、当然のようにお出かけとなったのだ。

午前中海に入り、海の家でビールを飲んでカレーライスを食べると、ちょっと早起きした疲れも手伝ってお昼寝となった。

30~40分も寝ただろうか・・・。一緒に行った息子と連れ合いは海に入っている。

「よし、行くかぁ」と起きあがったが、どうも首の左側が痛い。首が左側に回らない。

見事に首を寝違えてしまったのだ。それも海の家でのお昼寝で・・・。

五十肩で痛む右肩をかばってお昼寝したのが、どうもよくなかったらしい。

結局、五十肩と寝違えのWパンチで、首は右に傾けたままの状態。痛みもだんだん激しくなってきて・・・。

温泉に入るときには息子にシャツを脱がせてもらい、左を向くときには身体ごと回さねばなら無い状態で、なんとも情けない姿になってしまった。(車をバックさせるときにはホントにつらかった・・・)

デジカメでとった写真は、あの昼寝を境にどれも自分の身体が右に傾いているものばかりだった。

あれから10日ほどたって、首は少し痛みはあるものの回せるようになった。

五十肩も一時は寝返りをうつのもつらい時期があったが、いまは「慢性期」を迎えたようで、無理な動きをしなければ痛みは少ない。

ただし、右腕を前から上にはあげられるが、背中側からは腰より上に上げることができない。

もう少ししたら「アイロン体操」(アイロン?を持って腕を前後に振るらしい)やら「ひじまる体操」(肩を前後に回す)をして回復を図りたいと思っている。

若かりし頃には、「肩が痛い」などと言っている先輩を見つけると「五十肩? やだねェー」などとからかっていたものだが、いざ自分がなってみるとしみじみそのつらさが分かる。

<参考にしたホームページ>

NHKためしてガッテン「★謎の激痛!”五十肩”最新情報」

YOMIURI ONLINE 発言小町「!!寝違いの痛み!!」

|

« 8月19日・今日は「俳句の日」 | トップページ | 学校説明会(「平和」は我が家から・・・46) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十肩と寝違えと・・・(「平和」は我が家から・・・45):

« 8月19日・今日は「俳句の日」 | トップページ | 学校説明会(「平和」は我が家から・・・46) »