« 被爆者の声 | トップページ | 生協の白石さん現象、広がる »

2006年7月30日 (日)

久しぶりに恩師に会って・・・

2006_7_30 写真(左側)のような展覧会(夫婦展!)の案内状をいただいていた。先生の書と奥様のパソコン水彩画の夫婦展。

1時間半ほどかけて、連れ合いといっしょに船橋の市民ギャラリーまで出かけた。

7月25日(火)から始まっていた夫婦展も今日が最終日。何とか出かけることができた。

会場に入るとすぐに先生はわかった。先生も私をわかってくれ「オゥ!」と声を掛けてくれた。

高校の恩師。卒業から既に31年以上経っている。2~3度同窓会をやったが、ここ十数年は会っていなかった。

前回の同窓会はは7~8年前だったが、そのときには先生は既に中国に渡っていて学生に日本語を教え始めていた。定年を前にしての早期退職をしてのことだった。

中国で7年ほど教えられたあと、タジキスタンで1年、そしてロシアのマガダンで10ヵ月と、ここ10年ほどはずっと海外で、それもかなり「不便」な地で過ごされてきた。

先生の様子は同行されていた奥様が開設したホームページで知ることができた。

それも奥さんが描くパソコン水彩画のおかげで、中国・タジキスタン・マガダンとあまり馴染みのない土地の様子を知ることができた。

忙しくお客さんの相手をされている合間をぬって、高校時代の話をしたり、共通の知人の話をしたりして、懐かしさがこみ上げてきた。

こちらからは何も持っていかなかったのに、先生からは写真(右側)のような手作りのわらじをいただいた。

知人のお父さんが95歳でなくなるまでつくられていた「幸運を呼ぶわらじ」で、展覧会に来られた人たちにお土産としてわたしているとのこと。ありがたくいただいた。

「しばらくは日本にいるんですか」と聞くと

「9月から中国のアモイに行くの。日本に帰ってきても2ヵ月もするとむずむずし始めて・・・」とのこと。

「お元気で」と握手をして別れた。胸の中があったかくなった。

|

« 被爆者の声 | トップページ | 生協の白石さん現象、広がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに恩師に会って・・・:

« 被爆者の声 | トップページ | 生協の白石さん現象、広がる »