« 病老介護? | トップページ | 七夕に(「平和」は我が家から・・・44) »

2006年7月 3日 (月)

兄弟会議。

結局、お母ちゃんは入院した。

お風呂で具合が悪くなったときには、脳内出血があったようで、その影響が脚に出たようだ。

いっしょに住んでいる弟が気付かなければ・・・。

入院したときには既に出血は止まっていたので、とくに治療はせず、様子を見ることになったようだ。

最初は、ボロボロとこぼしていた食事も、いまは上手に食べられている。

脳の浮腫(はれ)がひいてくるにつれて、まっすぐ座っていられなかった身体も、しっかりしてきたらしい。

が、脚はやはり動かないようで、車椅子を押してもらいトイレに行っているらしい。

土曜日、実家で5人が集まり「兄弟会議」を開いた。

救急病院では、治療の必要が無い患者は1週間で退院しなければならないらしい。

その後をどうするか?

兄貴がいろいろと調べたり手続をしたりしてくれたことを話してくれた。

○介護認定には1ヵ月くらいかかる。

○要介護3以上でないと、老人介護施設には入所できない。

○比較的近くの介護施設は現在入所80人待ちらしい。

○要介護2の場合には、施設に15日、自宅介護15日になる。

○自宅介護となった場合には、誰がどう面倒をみるのか。

○介護認定が出るまでは、とりあえず介護施設ににショートステイで入れるか。その場合は月30万円ほどらしい。

○入所にあたって書く書類に、救急車を呼んだ場合に延命治療をするかどうかの記載が必要。

○万が一の時にはどうするか。

結局、退院後はショートステイで介護施設に入ってもらうことになった。病院から直行する。

その後のことは、介護認定が出た段階で、改めて相談することになった。

病院での母ちゃんは、夕方になると、ご飯のスイッチがどうのと言い出すらしい。

お母ちゃん、家に帰りたいんだろうなあ・・・。

60年も住んでた家だもんね。

|

« 病老介護? | トップページ | 七夕に(「平和」は我が家から・・・44) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟会議。:

« 病老介護? | トップページ | 七夕に(「平和」は我が家から・・・44) »