« 世界遺産「原爆ドーム」見下ろすマンション建設中! | トップページ | 「きょうぼうざい」って何? »

2006年4月19日 (水)

高校生がデモ?/フランスではなく日本の話し!

「生徒450人座り込み 法政一高」

との記事が、4/18東京新聞の夕刊に掲載された。

残念ながら我が家は東京新聞ではないので、今朝になってそのことを知った。
このニュースはラジオでも流れたらしいし、
今日はテレビのワイドショーでもやっていたというから、かなり注目度が高いようだ。

高校生の示威行動なんていうのはフランスやよその国の話しだとばかり思っていたら、何と東京でのお話し。
いまどきの日本の高校生がって、ちょっと驚いた。
(以下、4/18東京新聞夕刊より)

 茶髪禁止など校則が強化されながら、学校側から十分な説明を受けていないのが不服として、東京都武蔵野市吉祥寺東町三の法政大学第一高校(森田勉校長、生徒七百五十八人の二、三年生約四百五十人が十八日朝、校庭に座り込み、学校側に抗議した。一九六〇年代末の大学紛争当時は、「民主化」を求める学生デモに高校生が参加する姿も見られたが、最近では高校生が組織した抗議行動は極めて異例。都私学行政課も「大学紛争以降、大勢の高校生が座り込みやデモを行った例は聞いたことがない」としている。

 この日の座り込みは、生徒会が主導。学校側には内密にしながら、休み時間に二、三年生の教室を一クラスずつまわり、「授業のボイコットなど、学校側とけんかをするのが目的ではない。話し合いを求めよう」と参加を呼びかけた。

 約四百五十人の生徒は始業時間の一時間前の午前七時半ごろから校庭に集合し、同八時すぎには校長による説明を要求した。これに対し、学校側は抗議行動があることを事前に知らなかったため、教諭らがあわただしく対応を協議。校長が不在だったため、副校長が校庭に出向いた。

 同校によると、今の二、三年生の入学時には制服着用を義務付けていなかった。

 しかし、校内の風紀が乱れているとして、創立七十周年の今年から、頭髪を茶色などに染めることや耳などにピアスをすることを原則的に禁止。「高校生らしい服装」で登校するよう指導し始めたという。

 さらに来年四月の三鷹市への校舎移転と男女共学化を前に、今年入学の一年生には制服着用を義務付けている。

(全文は→東京新聞(Chunichi Web Press)

結局、生徒たちは授業の始まる時間までには教室に戻ったとのこと。授業をボイコットしたわけではない。おだやかな示威行動。

学校側に事前に知られることなく、450人もの生徒を動かせるなんて、なかなかやるわいって思ってしまう。

同校のホームページを見ると、「1971(昭和46)年  高校、服装の自由化を実施」となっている。

たぶん当時の生徒会が中心になって、それまでの制服を「高校生らしい服装」ならOK!と学校側に認めさせたのだろう。(もちろん茶髪やピアスなんていうのは想定外だったと思うけど・・・)

それから35年。移転・共学化を機に制服着用が再び義務付けられたわけだ。

 生徒会長は「生徒たちの多くは言われたことを守って、髪も黒くし服装も改めた。それでもまだ『高校生らしい服装を』などと指導される。何の説明もないまま校則が厳しくなっており、自由な校風が失われる前に何か行動を起こしたかった」とコメントしている。

最近は大学生のデモなんて話しもほとんど聞かれないこの国で行われた高校生450人の示威行動。そのスマートさに好感を持ってしまった。

ホームページによれば、法政一高の教育目標は「自主・自律」だという。
なるほどと思える。

|

« 世界遺産「原爆ドーム」見下ろすマンション建設中! | トップページ | 「きょうぼうざい」って何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校生がデモ?/フランスではなく日本の話し!:

« 世界遺産「原爆ドーム」見下ろすマンション建設中! | トップページ | 「きょうぼうざい」って何? »