« かずきくん、よかったね!<岩国住民投票 艦載機受入れにNO!> | トップページ | 学童保育のこと(「平和」は我が家から・・・25) »

2006年3月14日 (火)

細る「親のすね」<私大入学時4人に1人借金>

今日(3/14)の朝日新聞朝刊
「私大入学時 4人に1人借金」「首都圏平均166万円過去最高」
との見出しに目がとまった。

これは東京地区私立大学教職員組合連合がまとめたもので、昨年春に首都圏の私立大学22校に入学した子どものいる家庭を対象に行った調査結果。4,113人が回答。(以下 2006/3/13 asahi.com から引用)

 初年度納付金や下宿代など、入学の費用をまかなうために「借金した」世帯は全体の22%を占めた。割合は前年とほぼ変わらないが、平均で166万4000円になった借入額は前年より6万6000円増えた。自宅から大学へ通うかどうかで分けると、自宅外通学では、借入額は193万1000円、自宅通学でも134万5000円だった。全体平均、自宅外、自宅のいずれの借入額も過去最高。

 自宅外通学者の場合だと、受験から入学までにかかる費用は平均214万3156円(前年比2%増)。うち約6割は初年度納付金が占めた。

 一方で、世帯の税込み年収平均は4年連続で1000万円を割り、細くなった「親のすね」が子の生活にも影を落としている。仕送り額は5年連続で減って87年時点の水準まで後退し、月額10万1400円。仕送り額から家賃を差し引いた額を仮に生活費とみなすと、学生は1日1423円で暮らす計算になる。

家庭の収入が年々減り、それにつれて借入金が増えているのがよくわかる。
とくに地方から出てきた自宅外通学者の負担が大きい。
計算上とはいえ、仕送りから家賃を差し引くと1日あたり1,423円で生活していかなければならないことになる。
生活のためにアルバイトに追われるようでは、本来大学生がするべきお勉強がおろそかになってしまう・・・。

我が家は幸いにして自宅通学だが、それでも私大生を2人かかえるとなると、この細腕で耐え切れるか少々不安。「じっと手を見る・・・」心境だ。

詳しい調査結果は → 東京私大教連ホームページ

|

« かずきくん、よかったね!<岩国住民投票 艦載機受入れにNO!> | トップページ | 学童保育のこと(「平和」は我が家から・・・25) »

コメント

ども。この調査と記事、衝撃的ですよね。
私、仕事して7年になりますが、まだ奨学金の返済おわってません。。。

細いすねを持つ親の子のすねはまた細くの格差社会は、子どもたちにとって未来にとって不平等だと思います。

すねの細い家庭は、スタートラインが後ろだったり、障害物やハードルがあったり、公平な競争になってないですから。

投稿: tamy | 2006年3月15日 (水) 07時47分

tamyさん、コメントありがとうございます。

有利子の奨学金はかなり借りやすくなってきたようですが、こんな経済状況もあり、返済が滞る人も多くなっているようです。
学生支援機構(旧日本育英会)では、一昨年から保証機関制度を取り入れたようです。月々の奨学金から保証料を天引きしてしまう制度なので、確かに取りっぱぐれはなくなるのでしょうが、どうかなと思います。
「貸与」ではなく「給付」の奨学金の充実がホントは必要なんだと思いますね。

投稿: おすぎ | 2006年3月15日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細る「親のすね」<私大入学時4人に1人借金>:

« かずきくん、よかったね!<岩国住民投票 艦載機受入れにNO!> | トップページ | 学童保育のこと(「平和」は我が家から・・・25) »