« 受験生・銀メダル獲得!(「平和」は我が家から・・・21) | トップページ | 今日、ひなかざり(「平和」は我が家から・・・22) »

2006年3月 1日 (水)

3.1ビキニデーという日

今日3月1日は「3.1ビキニデー」である。

昨日あたりも静岡では集会などをしてるはず・・・

と思って、念入りに新聞各紙をみてみたが、ビキニデーについて書いているところはなかった。

1954年3月1日未明、アメリカが太平洋ビキニ環礁でおこなった水爆実験(ブラボー)により、マーシャル諸島の人びとや多くの日本漁船などが被災した。

静岡県焼津市のマグロはえ縄漁船「第五福龍丸」は、アメリカ政府が指定した危険区域外で操業していたにもかかわらず、「死の灰」を浴び、23人の乗組員全員が急性放射能症にかかった。
無線長だった久保山愛吉さん(当時40歳)は「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」と言う言葉を残してその年の9月に亡くなった。

広島・長崎に続いて3度目の原水爆被害となったこの事件は、日本国民に大きな衝撃をあたえた。
広島・長崎をくりかえさせるなと、全国に原水爆禁止の声がまきおこり、杉並の婦人団体から始まったとされる原水爆禁止署名は3千数百万筆を集め、翌1955年8月に第1回原水爆禁止世界大会が開催されるに至った。
この世界大会を機に原水爆禁止日本協議会(日本原水協)が結成され、紆余曲折を経ながらも原水爆禁止運動の中心となって今日に至っている。

私自身も22~25年前には、地域原水協の仲間たちと一緒に3.1ビキニデー集会に続けて参加していた。
当時の分科会は静岡大学でやっていたと記憶している。

忘れてはいけない日のはずなのに・・・

忘れ去ってはいけない日のはずなのに・・・

|

« 受験生・銀メダル獲得!(「平和」は我が家から・・・21) | トップページ | 今日、ひなかざり(「平和」は我が家から・・・22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.1ビキニデーという日:

« 受験生・銀メダル獲得!(「平和」は我が家から・・・21) | トップページ | 今日、ひなかざり(「平和」は我が家から・・・22) »