« 結局最後まで(「平和」は我が家から・・・14) | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首) »

2006年1月 8日 (日)

小さな政府より、小さな幸せ(「平和」は我が家から・・・15)

1月7日(土)付朝日新聞 be on Saturday に「新年の抱負」をテーマにしたモニターアンケートの結果が掲載されていた。

2006_1_8それによれば、回答者2486人のうちの64%が「新年の抱負」を持ち、その抱負のうちの半数近くが、「自分や家族の健康」「自分や家族の幸せ」に関するものだという。
「国のあり方」に関する抱負は31人しかいない。

回答者全員が答えた質問のうち
「景気がよくなる?」に対しては「はい」43%、「いいえ」57%
「暮らし向きがよくなる?」は「はい」17%、「いいえ」83%
「『フリーター』『ニート』は減る?」は「はい」7%、「いいえ」93%

「景気も暮らし向きもさほどよくはならないだろうけれど、せめて家族だけは健康で幸せな1年になってほしい」というささやかな願いを感じることができる。

私はと言えば、初詣でやはり家族の健康と息子の志望校合格を願ってきた。

|

« 結局最後まで(「平和」は我が家から・・・14) | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな政府より、小さな幸せ(「平和」は我が家から・・・15):

« 結局最後まで(「平和」は我が家から・・・14) | トップページ | 「平和」を見つめる若い感性(現代学生百人一首) »