« あれから5年・・・12(手術は13日金曜日?) | トップページ | あれから5年・・・13(手術直前) »

2005年10月20日 (木)

「私も週末自衛官」/自衛隊の敷居って低い!

今週号のAERAに「私も週末自衛官」と題した「予備自衛官補制度」体験ルポが載っていた。

 予備自衛官補のコースは二つある。一般コースと技能コース。一般の応募資格は18歳から33歳まで。3年以内に通算50日の訓練を受ける。技能コースは、医師、看護婦、整備士、語学などの資格をもっていることが条件。18歳以上、54歳まで応募できる。
 2年以内に10日間の訓練で済む。日程には必ず土日を組み込んでおり、まさに週末自衛官だ。

「予備自衛官」というのは、てっきり元自衛隊員で構成しているものだとばっかり思っていたが、どうやら違うらしい。平成13年にできたこの「予備自衛官補制度」は、民間人と自衛隊の垣根をいっきょに取っ払ってしまった。「防衛庁陸上自衛隊予備自衛官制度ホームページ」によれば次のように説明されている。

自衛官未経験者を予備自衛官補として採用し、所要の教育訓練を経た後、予備自衛官として任用する制度です。国民に広く自衛隊に接する機会を設け、防衛基盤の育成・拡大を図るとの視点に立って、将来にわたり、予備自衛官の勢力を安定的に確保し、更に情報通信技術(IT)革命や自衛隊の役割の多様化等を受け、民間の優れた専門技能を有効に活用し得るよう、予備自衛官制度へ公募制(予備自衛官補制度)を導入しました。

AERAによれば、「自衛隊でカレシを見つけたい」などと張り切る20歳の看護師も訓練に参加しているという。一日あたり7900円の手当と旅費もでる。

 精神教育で、自衛隊の使命について学ぶ。入隊27年目という中隊長の講義。
「一般の人は、自分の家族を守るが、自分たち自衛官は、国を守り、国に命をささげる」
「軍事組織として、自衛隊は、万事戦闘を行動基準にする」

う~ん・・・。

|

« あれから5年・・・12(手術は13日金曜日?) | トップページ | あれから5年・・・13(手術直前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私も週末自衛官」/自衛隊の敷居って低い!:

« あれから5年・・・12(手術は13日金曜日?) | トップページ | あれから5年・・・13(手術直前) »