« あれから5年・・・10(元同僚へのメール) | トップページ | 「希望は地域にある」(暉峻淑子) »

2005年10月15日 (土)

あれから5年・・・11(一時帰宅)

2000.10.6

妻、一時帰宅する。


サンマを5枚並べて焼けることの嬉しさよ。


近藤誠著「ぼくがすすめるがん治療」を読み始める。

千葉敦子著「死への準備日記」を買う。


2000.10.8

みんなの声やがたがた立てる音が聞こえてうれしいとのこと。


昼は入院前に行きそこなったと思っていた大好きなカレーやさんに行く。


その後、映画を観に行く。妻はまんじょう霊戦記(?)。
ぼくと小3の息子はホワイトアウト。


夕方、大学病院の担当の先生より電話。10日の午後6時に執刀医の先生から手術の説明があるので、聞きたいご家族の方はおいでくださいとのこと。


夕飯は食べたいと言っていたチゲなべにする。最後のおじやまでよく食べる。
満足していただいたようだ。

2000.10.9

中1の息子が初めての剣道の試合ということで、総合体育館に見に行く。

簡単に負けるが、見られてよかった。


やっと入院したと思ったら、すぐに一時帰宅。
でも家族5人で一緒にご飯を食べられることがとてもうれしそうだった。
ちょっと前までは、そんなことは当たり前のことで、とりたてて「うれしい」と思うようなことではなかったのに・・・。

|

« あれから5年・・・10(元同僚へのメール) | トップページ | 「希望は地域にある」(暉峻淑子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから5年・・・11(一時帰宅):

« あれから5年・・・10(元同僚へのメール) | トップページ | 「希望は地域にある」(暉峻淑子) »