トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

「平和」は我が家から・・・5(受験生の不安?)

昨夜、布団に入り、もう少しで寝ようとしていた時に、襖がガラリと開き高3の息子が入ってきた。

「お父さん、ちょっとここんとこ触ってみてくんない。何かぐりぐりが出来てるんだけど・・・」と、不安げに首をひねり、後頭部を指さした。

「どれどれ」と息子が指しているところに人差し指を当ててみた。「何か、脂肪みたいだね。お父さんも同じのあるよ」と言うと、「えっ、ホント」と後頭部を触ってきた。「あっ、ホントにあるね~」と、ちょっとホッとした様子。「大丈夫だよ!」と頭をなでてやると「おやすみ!」と自分の部屋にもどって行った。

そういえば、昼間こんなことを聞いてきたっけ・・・。

(息子)「今さ、僕が死んだら、どこのお墓に入るの?」 (私)「はっ? まだお墓買ってないから、骨にして家に置いとくしかないね・・・」 (息子)「へ~、そうなの・・・」 (私)「だって、お父さんのお墓だってないんだよ。市営霊園は焼骨ないと申し込めないし・・・。遠くの安いとこ買ったって行けないしさ・・・。」 (息子)「ふ~ん・・・」

何かいろんなことが不安になるらしい。いちおう「受験生」って立場からくるプレッシャー? ストレス? それほど勉強しているようにも思えないけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

「平和」は我が家から・・・4(あ~W勘違い!)

2005_8_28 先日、中2の息子と夜の散歩をしているときに、この軽貨物車を見かけた。

私「あれって、ア イスクリーム運んでるやつだよね。スーパーカップっていう・・・」 息子「えっ、何言ってるの。スーパカップじゃなくて、スーパーカーブだよ!」 私「あっ、ホントだ! ずーっと、スーパーカップだとばかり思ってた・・・。え~、じゃ~何あれ・・・。運送屋さん?・・・」

2005_8_28_1そして今日。昼間の散歩でまた見かけたので、勘違いの話しをブログに書いておこう!と思い、Googleでイメージ検索をかけてみた。

な、なんと、そこで発見したのは、「スーパーカーブ」ではなくて、「スーパーカーゴ」という運送屋の軽貨物車だった! そうだよね、運送屋さんなら「カーゴ」だよね・・・

あっちゃ・・・。やってしもうた!他人に「スーパーカップ」だの「スーパーカーブ」だの言う前でよかった!!

ちなみに我が家のメンバーはスーパーカップが大好きです。安いし(100円)、ボリュームあるし、美味しいし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

「平和」は我が家から・・・3(息子のストレス)

2005_8_21夏休みの最後の晩、中学生の息子と散歩に出かけた。「お父さん、見て!」指差す向こうに、真ん丸い黄色っぽいお月さんが浮かんでいた。「あ~、まん丸だね!」「う~ん、でも右上がちょっと欠けてるよ・・・」

3人姉弟の一番下のこの中2の息子は、いま思春期をむかえている。心配していたオ○ン○ンも、そこそこの大きさになってきた。毛もチョロチョロはえてきているようだ・・・。でも、お風呂から上がっても、まだ隠そうとはせず親に見せている。我が家のドラえもん、ムーミンパパ、ぼのぼの・・・。とにかくボヨヨーンとしていて、柔らかくって、癒し系なのだ。

そんな息子も口に出せない思いを抱えているようだ。「あのね、ホントは言いたいんだけど、口に出せないからストレスになってる」って・・・。

ママや兄姉やお父さんにも言いたいことがあるのに、ぐっと我慢している君が可愛くいじらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

「平和」は我が家から・・・2(見事な展開)

2005_8_18 今日は連れ合いと娘が福岡に出かけている。ソフトバンクの応援に行ったのだ。娘が一人で行くと言っていたのを「それは心配!」と自ら航空券の手配までしてついて行ってしまった。
う~ん「夏休み」かな・・・。

しかし、予定していた飛行機には見事に乗り遅れ、1時間のキャンセル待ちで何とか福岡入り・・・。目当ての城島は欠場・・・。そして試合そのものも、ドーム15連勝中のオリックスに大敗・・・と、それにしても見事な展開!

こちらはの~んびりとビールを飲みながら、城島の出ない負け試合をCSで眺めていた。(もちろん「ざまぁみろ!」なんて、そんなことを思う性格の悪い私ではない)

ビールは2本飲んでしまった。

(いかんいかん、今夜は「アウシュビッツ」の3回目。眠ってしまわなければいいのだが・・・)

2005_8_18_2 ←娘から追加の画像が届いた!

城島は出なくても、城島グッズはたくさん出ているらしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

夕凪の街桜の国

2005_8_17気になっていた「夕凪の街桜の国」(こうの史代著・双葉社)を読みました。今朝の朝日新聞に載っていた広告に背中を押され、2軒目の本屋で見つけることができました。

ヒロシマやナガサキとの出会いは、人それぞれにあります。教科書で出会ったきりの人もいれば、実際に広島や長崎を訪ねる人もいます。映画や本からヒロシマを知る人もいれば、マンガからヒロシマ・ナガサキに向かい合う人もいるはずです。

私が初めて広島を訪ねたのは、20歳の時でした。初めて歩いた八月の広島、初めて訪れた原爆資料館、初めて聞く被爆者の話し・・・。その後の自分の生き方に多少なりとも影響を与えたヒロシマの暑い夏。

「夕凪の街桜の国」 たった100ページのマンガですが、教科書だけでヒロシマやナガサキを通りすぎてしまった若い人たちに、ぜひ読んで欲しい1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

「平和」は我が家から・・・1(連れ合いの夏休み宣言)

連れ合いが昨日の夕方から「夏休み」に入っている。

「友だちと飲んでくる」といって出かけたが、どうも帰ってきたのは明け方らしい。気がついたときには、となりの布団で寝ていた。

朝はもちろん起きだしてこない。子どもに指図して水枕だの氷水だのを枕元に運ばしている。お昼になっても起きてこない。まあ、これくらいは織り込み済み・・・。お昼ぐらい作ってやるわい!

2005_8_16午後になっても起きだしてこない。う~ん、きょうはトドだな・・・。

夕方になって起きだしてきたが、「あぁ、よく寝た。何か食べるものない?」と言いつつ、クリームパンをほおばりまた2階へ。子どもを通じて「今日は夏休み」宣言が出された。

はいはい、夕ご飯ぐらい作りますよってことで、生姜焼きにした。においで分かったのかグッドタイミングで連れ合いが2階から降りてくる。子どもは「ウメー、ウメー」と言いながら食べる。う~ん、こいつらグルだな・・・。

今夜から4夜5回連続でNHK夏の特集番組「アウシュビッツ」が始まる。必見!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月15日 (月)

今日は終戦記念日

2005_8_15今日は60回目の終戦記念日。何か書かなくちゃと思いつつ、飲みすぎてしまって「思考停止」状態!まさに平和!っていう感じです。

でも、まあ、そうは言っても今日は一日中ビール片手にテレビに見入っていました。

高校野球を見ながら選手と一緒に黙とうしたり、杉原千畝の話しに「う~ん、あんたはエライ!」と思ったり、最後は戦場カメラマン・橋田信介氏の物語に胸を打たれたりしました。(まあ、財前直美が好きで見ちゃったところもあるのですが)

私の大学の同じ学部の先輩です。「遺志をついで」と言いたいところですが、まあそこまではできません。「同じ方向を向いて」程度にはがんばってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

無言館をたずねて

2005_8_14 新潟の海に行く途中、ちょっと遠回りをして一度行ってみたいと思っていた上田市の無言館を訪ねてみた。

しかし、時期が悪かったのか・・・。お盆休みに近い夏休みということや、最近ニュースステーションやNHKで相次いで取り上げられたこともあり、かなりの人でにぎわっていた。あちこちからの話し声が耳に入り、「無言館」というイメージからはかけ離れてしまっていた。

入場料は出口で300円~500円の志を払うと聞いていたが、実際には500円~1000円となっており、ここでも何か釈然としないものを感じた。

今度は人出のない時期に、ゆっくり一枚一枚の絵や手紙をかみしめてみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月10日 (水)

平和のための戦争展

2005_8_10組合の上部団体のニュースに「」のポスターが載っていた。

むか~し、渋谷の山の手教会でやっていたものが、まだ続いているのだろうか・・・。場所は新宿に変わっているようだが、続いているとすれば25年ぐらいになるのではないか。

ネットでみていたら、「埼玉の平和情報」というサイトに、この戦争展の案内も掲載されていた。このサイトには近県のイベントが紹介されている。もっと早く気がつけば、見たいものがあったのに、とちょっと悔やんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

今日はナガサキ原爆の日

2005_8_9 な~んにも意識しないうちに11時2分が過ぎていた。

今日はナガサキ原爆の日。被爆60周年を迎えた慰霊の日である。

8月6日の8時15分は、テレビの前で画面に向かって一緒に黙祷していたが、今日は仕事だったということもあり、まったく意識にのぼってこなかった。

毎年8月に広島や長崎に出かけていた若かりし頃は、原爆の投下時刻には必ず短くも意識する時間があったのだが・・・。

寝る前のひととき、平和について考えてから眠ることにしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

くずれぬへいわを へいわをかえせ

2005_8_8 ちちをかえせ ははをかえせ 
としよりをかえせ 
こどもをかえせ

わたしをかえせ わたしにつながる 
にんげんをかえせ

にんげんの にんげんのよのあるかぎり 
くずれぬへいわを 
へいわをかえせ 

広島の平和公園の中に、峠三吉の有名な詩碑がたっている。いまの時期なら、詩碑の上にも周りにも折鶴や花束ががいっぱいあふれていることだろう。

私が訪れたのは3月。まだ残る寒さと少し春めいた陽射しの中に詩碑はひっそりとたっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

「戦争と子ども」をテーマに平和祈念展

たまたま見ていた埼玉県和光市のHP。終戦60年企画として市が主催し「戦争と子ども」をテーマに平和祈念展が開催されていることを知り、子どもづれで出かけた。

そのなかに「テレジン強制収容所の子どもたち」と題したパネルが展示されていた。

2005_8_7 この収容所はアウシュビッツなどのユダヤ人絶滅収容所への中継点とされたところで、大人ばかりではなく、約15,000人の子どもたちが収容され、ほとんどが絶滅収容所に送られたとのこと。生きながらえた子どもたちは、わずか100人。

収容所の絶望の中で、子どもたちは多くの絵を描き残していった。その絵が明るいものであればあるほど、抜け出すことのできない絶望の深さを感じさせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

今日はヒロシマ原爆の日

2005_8_6今日は広島に原爆が投下されてから60周年となる慰霊の日。

秋葉広島市長は、平和宣言の最後を次の言葉でしめくくった。

安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから

過ちを繰り返さないために、私たちは何をしたらいいのだろう・・・。何をしなければならないのだろう・・・。

ヒロシマ(6日)、ナガサキ(9日)、終戦の日(15日)と続くこの8月の10日間は、「平和」について考える貴重な日々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

憲法を変えて戦争へ行こう

2005_8_4今日の朝日新聞に岩波書店が全面広告を出していました。

憲法を変えて戦争へ行こう

えっ! と思いつつも、「おー、すごい!」と思いましたね。

(実際には「という世の中にしないための18人の発言」と続く、岩波ブックレットの宣伝だったのですが)

「憲法改悪はんた~い!」と声高に叫ぶよりも、ぐーっとひきつけるものがあります。

今日からブログ始めました。私おすぎが、気になるPeaceについて、関係あることないことをぼ~んやりと書いていきたいと思っています。よろしかったら、お付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »